技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

痒みにおける臨床ニーズとモデルマウス作製・薬効評価

PDE4阻害剤の痒み抑制作用から治療薬に応用した事例から学ぶ

痒みにおける臨床ニーズとモデルマウス作製・薬効評価

東京都 開催

開催日

  • 2017年11月24日(金) 10時30分 17時15分

プログラム

第1部. 痒みの最新メカニズムと「ナルフラフィン」開発事例

(2017年11月24日 10:30〜12:30)

 最近まで難治性掻痒症に対する薬物がなく、腎透析、肝炎の患者は夜も眠れない重篤な痒みに悩まされてきた。さらに、有効な薬物がないため、病気と認められず、患者、家族は我慢を強いられてきた。しかし、2009年にオピオイドκ作動薬、ナルフラフィン (商品名:レミッチカルセル) が腎透析の患者の重篤な痒みを適用として発売され、有効率80%と驚異的な効果が得られたのを契機に痒みは治療すべき対象として認められ、腎透析の患者は痒みから解放されつつある。さらに、2015年には肝炎の痒みにも適用拡大がなされ、痒みに対する作用機序の解明も加速されている。
 本講演会では、オピオイドから薬物依存性を分離した手法、痒みを対象とした開発のきっかけ、薬理作用、臨床効果、市販後調査の結果を報告する。さらに、最近、この薬物を利用して痒みの基本的メカニズム、「痒いと引っ掻く」行動の解明も、痒みに関与するニューロンの発見で達成された。さらに他社のκ作動薬が不可避であった薬物嫌悪作用をナルフラフィンのみが分離している理由を我々の研究を通して解明しつつあり、そのトピックも本講演で報告する。

  1. ナルフラフィンの設計・合成
    1. オピオイドの歴史
    2. オピオイドタイプ選択的拮抗薬の設計・合成
    3. アクセサリー部位の概念とκオピオイド作動薬の設計
    4. ナルフラフィンの創出
  2. ナルフラフィンの薬理作用
    1. 鎮痛作用
    2. 薬物依存性の評価方法
    3. 止痒作用
  3. ナルフラフィンの臨床試験
    1. オープン試験結果
    2. 二重盲験試験結果
    3. 安全性試験結果
    4. 市販後調査結果
  4. 痒み伝達機構の解明
    1. 内因性オピオイドと痒みの関係
    2. 新規ニューロン、B5 – Iニューロンの発見
    3. 痒いと引っ掻く行動の解明
  5. ナルフラフィンが薬物嫌悪作用を分離した機序の解明
    • 質疑応答

第2部. 痒み治療薬開発のモデルマウス作製と薬効評価

(2017年11月24日 13:30〜15:30)

 痒みは身近な感覚であるにも関わらず、その発生機序などが明らかになってきたのはごく最近のことであり、それ故に痒みに対する治療薬も十分に備わっていないのが現状である。痒みの基礎研究に関する最近の知見を紹介しつつ、そのメカニズムに触れ、痒みを抑制するためのアプローチを紹介したい。
 本セミナーでは痒み治療薬に関する臨床開発動向及び、PDE4阻害剤の痒み抑制作用を見出しアトピー性皮膚炎治療薬に応用した演者の経験を踏まえて、動物モデルを用いた痒みの評価方法についても言及したい。

  1. はじめに
  2. 痒みの基礎
    1. かゆみとは?
    2. かゆみの神経生理学
    3. かゆみのメディエータ
    4. かゆみ治療の現状 (国内及び海外)
  3. 新しい痒み治療の可能性
    1. 痒み治療のための新規アプローチ
    2. 痒み治療薬の開発動向
  4. 痒み治療薬の開発に際して
    1. 痒みの動物評価モデル
    2. PDE4阻害剤の痒みモデルを用いた評価事例
    • 質疑応答

第3部. 痒み治療の現状と治療薬へのニーズ

(2017年11月24日 15:45〜17:15)

  1. 角層とフィラグリン
  2. 天然保湿因子の働き
  3. 医薬品としての保湿剤
  4. アトピー性皮膚炎とフィラグリン
  5. フィラグリンをターゲットとしたADの新しい治療戦略
    • 質疑応答

講師

  • 長瀬 博
    筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構
    教授
  • 石井 直人
    株式会社 カン研究所
    研究員
  • 大塚 篤司
    京都大学 医学部 外胚葉性疾患創薬医学講座 (皮膚科兼任)
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/2/22 医薬品製造における逸脱・変更管理のクラス分けと一変・軽微変更の判断基準 東京都
2018/2/22 医薬品承認申請の迅速化と当局対応 東京都
2018/2/23 洗浄バリデーションにおけるDHT, CHT・残留許容値設定と各国の規制当局による査察指摘事例・対策 東京都
2018/2/26 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2018/2/26 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー 東京都
2018/2/26 例文で解説するGMP基準書・手順書の英文化/英単語の使い分けと査察で必要な表現 東京都
2018/2/26 世界主要国での薬価制度/HTAの動向と今後の対応 東京都
2018/2/26 毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品の開発と評価法 東京都
2018/2/26 先発品企業のためのジェネリック対抗の落とし穴と製品マネジメント戦略 東京都
2018/2/26 医薬品における日米欧3極の薬事規制及び承認審査の比較、並びにグローバル開発への利用 東京都
2018/2/27 中長期の医薬品市場予測と事業性評価 東京都
2018/2/27 コンピュータバリデーション 東京都
2018/2/27 化学物質を扱う研究所における最新法規制準拠の「試薬・試料管理」の進め方 東京都
2018/2/27 日欧米治験薬GMPの品質管理とGDP対応 東京都
2018/2/27 再生医療等製品の承認申請を目指した開発戦略 東京都
2018/2/27 ICH M7変異原性不純物対応とガイドライン徹底解説 東京都
2018/2/27 薬価申請・算定と戦略 / 画期的新薬 (高額薬剤) と企業戦略 東京都
2018/2/27 探索段階を含む非GLP試験の信頼性基準適用と効率的実施 東京都
2018/2/27 非GLP試験・信頼性保証 コースセミナー (2日間) 東京都
2018/2/28 洗浄バリデーションのサンプリング方法、サンプリング箇所の設定、ダーティーホールドタイム・クリーンホールドタイムのデータ取得・設定・評価方法 東京都