技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

赤外線カメラ、レンズにおける技術開発の方向性

赤外線カメラ、レンズにおける技術開発の方向性

~レンズ設計、外乱補償・画像処理技術、車載応用開発の動向をつかむ~
東京都 開催

開催日

  • 2017年8月2日(水) 10時00分 16時40分

プログラム

第1部 非冷却赤外線イメージセンサとカメラの最新技術動向

(2017年8月2日 10:00~11:30)

 非冷却赤外線イメージセンサの開発は、性能向上のフェーズから低コスト化のフェーズに入りつつあり、最近低コスト化が急速に進み始めた。
 こうした動きを受けて、これまで拡大のペースが遅かった車載赤外線ナイトビジョンシステムの市場規模の拡大が予想されており、 スマートフォン用赤外線カメラが新規市場として注目を集めている。
 本講演では、赤外線イメージセンサとカメラについて技術動向とビジネス動向を解説する。

  1. 対象とする赤外線波長域と特徴
  2. 熱型赤外線検出器と非冷却赤外線イメージセンサの基礎
  3. MEMS非冷却赤外線イメージセンサ
  4. 非冷却赤外線イメージセンサの画素ピッチ縮小
  5. 非冷却赤外線イメージセンサの低コスト化
  6. 非冷却赤外線カメラの基礎
  7. 非冷却赤外線カメラビジネス概観
  8. 車搭載赤外線ナイトビジョンシステム
  9. スマートフォン用赤外線カメラ
  10. カメラコアビジネス
  11. 今後の展望
    • 質疑応答

第2部 光学用赤外線透過性材料とレンズ設計、活用について

(2017年8月2日 12:10〜13:20)

 遠赤外線を使ったカメラは近年低コスト化が進みつつあり、可視のカメラにはできないアプリケーションなどで注目を集めている。レンズでいうと、一般的な光学ガラスは赤外線を吸収してしまうため、特殊な材料での設計が必要となる。
 本講演では、赤外線透過材料の紹介と、それを使った設計についての解説と、赤外線を使ったアプリケーションの例について紹介する。

  1. 遠赤外線とは
  2. 遠赤外線撮影のアプリケーション
    1. 市場カテゴリー紹介
    2. サーマルフェンスでの活用
  3. 光学用遠赤外線透過材料について
    1. 代表的な光学材料紹介
    2. カルコゲナイドガラス
  4. 遠赤外線用撮影レンズ設計
    1. 遠赤外線用レンズの特徴
    2. 回折光学素子
    3. 設計例紹介
  5. 今後の材料に期待すること
  6. まとめ

第3部 赤外線カメラの動作原理と機能を有効に活用するための技術、応用例

(2017年8月2日 13:30〜15:00)

 赤外線カメラの原理を理解し、それの有効利用することを可能となります。赤外線の光学材料の特性を理解し、応用に役立てることが可能となります。画像処理の応用で、様々な特性の改善が可能となります。物質の赤外線分光特性を理解し、その特性に合った計測 (撮像) を可能とします。

  1. 赤外線とは
  2. 赤外線カメラの原理
    1. 赤外線放射
    2. 赤外線の特性
    3. 赤外線カメラの構造と各部の動作
  3. 赤外線カメラの性能改善
    1. 赤外線カメラの性能限界と使用時の注意点
    2. 外乱の要因とその補償
    3. 画像処理による画質改善
  4. 赤外線カメラの応用事例
    1. 赤外線カメラ応用事例
    2. 特定波長の利用とその応用事例
    • 質疑応答

第4部 遠赤外線カメラ開発、車載への応用

(2017年8月2日 15:10〜16:40)

 車載用遠赤外線カメラ開発における開発内容と、車載用途ならではの課題について実例を交えながら解説いたします。
 また、車載センシング用途における遠赤外線カメラの効果、自動車メーカーが求めるセンシング用センサー動向など、経験に基づく情報を提供いたします。

  1. 会社概要及び開発経緯
  2. 赤外線カメラ開発
    1. 赤外線カメラと可視カメラ
    2. センサー回路
    3. レンズ影響
    4. 温度影響
  3. 車載用途開発
    1. 寒冷地影響と対策
    2. 熱帯夜影響と対策
    3. 飛来物防護
  4. 画像認識開発
    1. 画像認識開発特徴
    2. 動物認識
  5. 車載センシング用途における遠赤外線カメラ
    1. 車載センシング動向
    2. 遠赤外線カメラの効果
    • 質疑応答

講師

  • 木股 雅章
    立命館大学 理工学部 機械工学科
    特別任用教授
  • 安藤 稔
    株式会社 タムロン 光学開発本部
    本部長
  • 田村 哲雄
    日本アビオニクス 株式会社 赤外線サーモグラフィ事業部
    事業部長
  • 横井 暁
    株式会社 JVCケンウッド オートモティブ分野 技術本部 光学・映像・音響技術開発部
    第2グループ長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/27 ドライバの眠気・覚醒指標と検知・維持HMI 東京都
2018/9/28 機械学習を用いた異常検知の基礎とその適用事例 東京都
2018/9/28 画像の対応付けの基礎とその高精度化 東京都
2018/9/28 スマホ/車載用/IoT本格化に向け進化するカメラの技術・市場動向 東京都
2018/10/4 車載センシング/ビューイングカメラのシステムと材料 徹底解説 東京都
2018/10/4 LiDARの最新動向と自動運転への応用 東京都
2018/10/10 車載カメラレンズ用樹脂の耐熱性向上と成膜、コーティング技術 東京都
2018/10/11 進化的機械学習とその応用 東京都
2018/10/11 遠赤外線カメラ (ナイトビジョンカメラ) の基礎とディープラーニングを組合わせた人検知技術 東京都
2018/10/18 「顔・表情」の計測・解析とその応用 東京都
2018/10/23 偏光・複屈折の基本原理と計測・解析・活用事例 東京都
2018/10/23 Pythonによる画像認識の入門と実装 東京都
2018/10/26 プラスチックレンズ設計の基礎と成形技術 東京都
2018/10/29 次世代カメラの画像処理 東京都
2018/10/29 OpenCV3を用いた画像処理プログラミング入門 東京都
2018/11/9 画像データ前処理に活かす画像フィルタリングの基本と最新動向 東京都
2018/11/21 自動運転本格化に向けた車載カメラの開発・市場動向と将来展望 東京都
2018/11/26 SVM (サポートベクターマシン) とDeep Learningを中心とした機械学習の画像認識への応用 東京都
2018/11/27 Pythonによる画像認識・画像解析の入門と実装 東京都
2018/12/4 車載用CMOSセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 東京都

関連する出版物

発行年月
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2011/1/20 コンタクトレンズ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/19 最新 リフローカメラモジュール技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書