技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動運転時代に向けたドライバ状態検出・推定・制御技術と安全運転支援技術

自動運転時代に向けたドライバ状態検出・推定・制御技術と安全運転支援技術

東京都 開催

概要

本セミナーでは、予防安全技術の歴史やロードマップを基準にドライバ状態検出技術の最新研究開発動向および将来の展望について詳細に解説すると共に、自動運転技術との結びつきについても説明いたします。

開催日

  • 2017年5月29日(月) 11時00分 16時30分

修得知識

  • ドライバ状態検出技術
  • 自動運転技術のあり方

プログラム

 現在注目を集めている予防安全技術の効果を一層高めるためには、運転しているドライバ自身の状態を検出し、推定することで、運転に適切な状態にさせる技術が必要となると考えられます。また、今後普及が期待されている自動運転技術についても、例えば、マニュアル運転と自動運転のシームレスな遷移をもたらすために、ドライバ状態検出・推定技術が役立つでしょう。
 本セミナーでは、予防安全技術の歴史やロードマップを基にして、ドライバ状態検出技術の最新研究開発動向および将来の展望について詳細に解説すると共に、自動運転技術との結びつきについても説明します。

  1. なぜ予防安全技術が注目されているか?
    1. 統計データと連邦自動車安全基準から探る
    2. 予防安全の分類
    3. 2次安全から1次安全へ
    4. そして0次安全へ
    5. 周辺環境認識技術の現状
    6. 新しい0次安全に向けて
  2. ドライバを知る技術
    1. 「外向き」から「内向き」へ
    2. ドライバを計測する
    3. ドライバ状態検出技術について (概論)
    4. ドライバ状態検出手法の長所と短所
  3. ドライバ状態検出技術
    1. 視線挙動に基づくドライバ状態検出手法の研究紹介
    2. 心拍に基づくドライバ状態検出手法の研究紹介
    3. その他のドライバ状態検出手法の研究紹介~脳波、 血圧、筋電位、呼気、発汗~
  4. 統計科学的手法による推定の可能性
  5. 「検出と推定」の先〜「お客様価値」を考える
  6. 自動運転技術に向けて
    1. ドライバを知る技術の自動運転技術との接点
    2. 人と機械の機能配分
    3. 自動運転技術のあり方
    4. システムズ・レジリエンス
  7. まとめ

講師

  • 荒川 俊也
    愛知工科大学 工学部 機械システム工学科
    教授

会場

オームビル
東京都 千代田区 神田錦町3-1
オームビルの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,000円 (税別) / 49,680円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/4/26 デモと実データで理解する 眼球・瞳孔運動を指標とした人の状態推定技術 東京都
2018/4/26 自動車における振動・騒音対策技術と制振・防音材の評価 東京都
2018/4/27 車載機器・部品の信頼性向上を実現する放熱・耐熱技術 東京都
2018/4/27 人間工学・室内デザインからみる自動車シートの在り方 東京都
2018/5/10 車載半導体の実装技術と高耐熱、高放熱材料の開発、評価 東京都
2018/5/11 EVシフトに伴う自動車業界、電池業界の動向と今後の展望 東京都
2018/5/14 自動車分野における3Dプリンターの活用、可能性 東京都
2018/5/21 自動車用防振ゴムの劣化メカニズムと耐久性試験・寿命予測 東京都
2018/5/23 自動車マルチマテリアル化 最前線 東京都
2018/5/25 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 東京都
2018/5/28 自動車の操縦安定性における基礎理論と快適性向上に向けた評価・設計技術 東京都
2018/5/29 大容量リチウムイオンキャパシタ技術とその応用展開 東京都
2018/5/29 これからの自動車用エンジンにおける高効率化の考え方と最新技術動向 東京都
2018/5/29 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2018/5/31 自動車用樹脂:オレフィン系熱可塑性エラストマー (TPO) の技術動向と物性を大きく変化させる複合化手法 東京都
2018/5/31 車載用タッチパネルにおける材料への要求特性と技術動向 東京都
2018/6/6 自動車室内を中心とした音環境の設計とノイズコントロール技術 東京都
2018/6/6 ミリ波基板材料の基礎と実際 東京都
2018/6/6 脳波計測の基礎から産業応用を目指した研究解説 東京都
2018/6/13 自動車内装の加飾による感性価値向上 東京都