技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

混合物のGHS分類及びSDS・ラベル作成の留意点

混合物のGHS分類及びSDS・ラベル作成の留意点

~日本国内での考え方を理解し、自ら分類・作成できるスキルを身に付ける~
東京都 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

概要

本セミナーでは、混合物のGHS分類方法と自分で分類できるスキル、ラベルやSDSの作成方法、作成に必要な情報と自分でラベル、SDSを作成できるスキルを身につけていただきます。

開催日

  • 2017年5月29日(月) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 化学品管理担当者

修得知識

  • 混合物のGHS分類方法
  • 自分で分類できるスキル
  • ラベルやSDSの作成方法、作成に必要な情報
  • 自分でラベル、SDSを作成できるスキル

プログラム

 本講座では、JIS Z 7252に規定されている日本国内での化学物質及び混合物のGHS分類の考え方、実際の分類方法について、各危険有害性クラスごとに解説します。また、JIS Z 7253に規定されているGHS対応国内向けSDS、ラベルの様式、その作成にあたっての留意点について解説します。
 GHSの基礎を理解している化学品管理担当者を対象とし、混合物のGHS分類方法を理解し、自分で分類できるスキルを習得すること。また、ラベルやSDSの作成方法、作成に必要な情報についても理解し、自分でラベル、SDSを作成できるようになること。

  1. GHSの概要
  2. GHSの国内導入
    1. GHS実施にいたる国内状況
    2. GHS分類実施の実際
    3. GHSに関するJISの制定・改正
    4. 国連GHS文書とJISの対応
  3. 混合物のGHS分類
    1. JIS Z 7252:2014概略
    2. 物理化学的危険性の分類
    3. 健康に対する有害性の分類
    4. 環境に対する有害性の分類
  4. SDS・ラベル作成の留意点
    1. SDS、ラベルとは
    2. JIS Z 7253:2012概略
    3. SDSの基本的な考え方
    4. SDSの構成
    5. SDS作成時の注意事項
    6. SDSによる情報伝達
    7. SDSによる情報伝達 (例)
    8. ラベルの基本的な考え方
    9. ラベル表示による情報伝達
    10. ラベル表示による情報伝達 (例)
    11. 絵表示の優先順位
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 鈴木 亨
    三菱化学株式会社 化学品管理室 化学品情報グループ
    グループマネージャー

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第1特別講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/5/30 医薬品ライセンス基礎講座 (2日間) 東京都
2017/5/30 医薬ライセンスの基礎と化合物の評価および契約書作成のポイント 東京都
2017/5/30 製造販売後の安全管理業務における GVP自己点検のポイントと実施上の留意点 東京都
2017/5/30 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 東京都
2017/5/30 医法研補償GL改定をふまえた治験補償と今後求められる説明責任 東京都
2017/5/30 バイオ医薬品のCTD (CMC-2) :「規格及び試験方法」及び「分析法バリデーション」のまとめ方 東京都
2017/5/30 再生医療のための足場材料技術 東京都
2017/5/31 自己注射の使用トラブル・改善ニーズと使い易さ向上 東京都
2017/5/31 ライセンスフィーの設定とライセンス交渉の実務ノウハウ 東京都
2017/5/31 GMP工場・設備の設計および維持管理のポイント 東京都
2017/5/31 緑内障の新しい機序の薬剤開発と点眼薬設計 東京都
2017/5/31 ラボにおける生データ電子化の留意点とデータインテグリティ対応 東京都
2017/5/31 臨床試験における臨床検査値判断と有害事象症例検討 東京都
2017/6/5 バイオシミラーの開発・マーケティング戦略 東京都
2017/6/5 データインテグリティに対応した生データ・記録の取り方 東京都
2017/6/6 サイトマスターファイルの作成・管理・活用のコツ 東京都
2017/6/7 非臨床試験の信頼性確保の為の生データ・実験ノートの取扱いとQC・QA実施 大阪府
2017/6/8 三極に対応した洗浄バリデーションの具体的実施法 大阪府
2017/6/9 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) の基礎・入門講座 大阪府
2017/6/9 神経障害性疼痛における薬剤ニーズと臨床試験での評価法 東京都