技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ウェットコーティングにおける不良発生原因とその対策

実際に現場で役立つ

ウェットコーティングにおける不良発生原因とその対策

~ダイコート、グラビアコートの現場でよく起きるトラブルとその対処策を中心に~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、精密塗布技術を機能性フイルムの実用化等に応用展開する場合の技術的な課題やポイントについて解説し、開発段階で考慮すべき課題(処方設計・塗布技術・送液技術)などについて詳解いたします。

開催日

  • 2016年10月21日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 精密塗布に関連する技術者
  • ウェットコーティングに関連する技術者

修得知識

  • ウェットコーティングの基礎
  • ウェットコーティングの要素技術・周辺技術
  • ダイコート・グラビアコートの不良発生原因と対策方法
    • 異物、スジ、ムラ、シワ、泡、膜厚分布の不均一化

プログラム

 精密塗布技術を機能性フイルムの実用化等に応用展開する場合の技術的な課題やポイント、さらに、開発段階で考慮すべき課題 (処方設計・塗布技術・送液技術) などについて言及したい。本セミナーでは、特に現場技術者から要望の強い、塗布現場で発生すると思われる問題点を重点的に検討し、その解決策について述べる。
 具体的には、機能性フイルムの実用化時に多く利用されているダイコートの現場課題 (異物、ゴミ、塗布スジ、塗布ムラ、膜厚分布の不均一化、泡、 … ) とグラビアコートの現場課題 (ブレード、グラビアロールの管理,スジ故障、シワ、スクラッチ、 … ) …等を中心に述べるとともに、それらの解決策等を現場技術者に役立つ内容にまとめた。

  1. 塗布技術の位置付け (処方設計・塗布技術・送液技術)
    1. よく利用されている塗工方式 (ダイ、マイクログラビア … 等)
    2. 各コーターの特徴,塗布量Control方法
    3. 設備技術の対応
      1. 先端形状の加工仕上げ精度の向上
      2. 先端への超硬合金、HIP技術の導入
  2. 各コーター実用化時の現場で発生する問題点とその解決策
    1. ダイコート で発生する問題点とその解決策
      1. 塗布スジ対応の発生原因と対応
        1. ダイ先端部への泡のトラップ
        2. ダイ先端部へのブツ (異物) のトラップ
        3. ベースに付着しているゴミ (異物) のトラップ
        4. ダイ先端部またはスリット部での塗液の乾き
        5. ダイ先端エッジ部でのベース削れ
      2. 塗布ムラ (横段ムラ、塗布ムラ、乾燥ムラ)
      3. 巾方向の膜厚分布の均一化対応
      4. ダイの最新の課題・問題点?
    2. Micro Gravure Coatで発生する現場の問題点とその解決策
      1. 塗布量管理
      2. 液濃度の変化
      3. ブレード管理
      4. スジ故障
      5. ムラ故障
      6. 厚さの不均一対応
      7. シワ
      8. Scratchの問題
      9. Rainbow ムラ
      10. ブレード、グラビアロールの最新の課題
    • 質疑応答

講師

  • 金子 四郎
    有限会社 金子技術事務所
    代表取締役

会場

東京流通センター

2F 第5会議室

東京都 大田区 平和島6-1-1
東京流通センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/1/21 防汚コーティングの基礎 オンライン
2021/1/25 パウダー化粧品の処方設計のポイントと粉体物性の機器評価方法 オンライン
2021/1/26 高分子フィルム・繊維の延伸プロセスにおける分子配向形成と制御技術 オンライン
2021/1/27 ハードコートの材料設計、塗布製膜、耐候・耐久・密着性評価 オンライン
2021/1/27 ぬれ性のメカニズムの理解と制御・応用技術 オンライン
2021/1/27 ゾル-ゲル法の実務活用のための速習セミナー オンライン
2021/1/28 フッ素樹脂コーティングの基礎 オンライン
2021/1/28 高分子膜 / フィルムの気体・蒸気の透過特性および高バリア性発現メカニズムの基礎と応用 オンライン
2021/1/28 プラズマによる表面処理技術の基礎と応用 オンライン
2021/1/28 大気圧プラズマの基礎と産業応用 オンライン
2021/1/28 エポキシ樹脂のフィルム化技術と物性制御、高機能化と応用展開 東京都 会場・オンライン
2021/1/29 スロットダイ製膜設備と品質安定化 オンライン
2021/2/2 水性塗料の設計技術とトラブル対策 大阪府 会場・オンライン
2021/2/9 高機能化、高性能化のための表面処理法の基礎と表面分析法 オンライン
2021/2/10 大気圧プラズマプロセス技術の基礎と応用 オンライン
2021/2/12 ALD法の基礎と良好な膜特性を得るための最適プロセス設計 オンライン
2021/2/15 樹脂臭、プラスチックのガス・においにおける透過メカニズム、測定・評価とバリア材の活用 オンライン
2021/2/17 バリアフィルムの基礎と作製・評価法およびハイバリア技術 オンライン
2021/2/24 化粧品粉体の表面設計とコーティング入門 オンライン
2021/2/24 塗布膜乾燥のメカニズムの理解と品質保持、最適化、トラブル対策のコツと勘どころ オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/25 水処理膜 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/25 水処理膜 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2013/6/21 機能性ハードコート材料技術
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発