技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

電気二重層キャパシタ/リチウムイオンキャパシタの現状・課題と大容量・高出力化、動作温度の向上

電気二重層キャパシタ/リチウムイオンキャパシタの現状・課題と大容量・高出力化、動作温度の向上

東京都 開催

開催日

  • 2015年12月7日(月) 10時30分 16時00分

修得知識

  • リチウムイオンキャパシタの技術開発動向
  • キャパシタ用活性炭電極の基礎
  • キャパシタの高電圧化・高エネルギー密度化・高信頼性化
  • 炭素電極の観点から見た場合の材料設計の考え方
  • 電気二重層キャパシタの基礎知識
  • 自動車用途の現状・開発のポイント

プログラム

第1部:リチウムイオンキャパシタの技術・開発動向と採用事例および今後の用途展開

(2015年12月7日 10:30〜12:00)

 リチウムイオンキャパシタを基本から理解し、設計概要や適用事例を詳しく知ることで、要求されている材料特性や適用できるアプリケーションなどが、より具体的にイメージできるようになっていただきたい。

  1. リチウムイオンキャパシタの構成、プレドープ、他の逐電デバイスとの違い
    1. リチウムイオンキャパシタの構成
    2. プレドープについて
    3. 他蓄電デバイスとの違い
  2. リチウムイオンキャパシタの設計技術
  3. リチウムイオンキャパシタが求める材料
    1. 活性炭
    2. 負極
    3. セパレータ
    4. 電解液
  4. リチウムイオンキャパシタの特性 (ULTIMOの特性)
    1. 基本性能
    2. 耐久性
    3. 安全性
  5. ULTIMOの採用事例
  6. リチウムイオンキャパシタ関連の規格
  7. 今後の展開
    • 質疑応答・名刺交換

第2部:電気二重層キャパシタ用高耐久性炭素ナノ細孔体電極

~キャパシタのさらなる高電圧化にむけて~

(2015年12月7日 12:50〜14:20)

 電気二重層キャパシタ (EDLC) は、高出力・長寿命を特徴とする蓄電デバイスであるが、エネルギー密度の改善・さらなる信頼性の向上のためには作動電圧・充電電圧を高める必要がある。
 有機系電解液を用いたEDLCであっても現実的な最大電圧は3V程度であり、それ以上の電圧で充電するとキャパシタが劣化し容量が低下する。高電圧充電によるキャパシタの劣化の原因は、活性炭電極界面における電気化学分解反応であるが、電気分解は電解液の電位窓だけでなく、活性炭電極の表面状態にも強く依存する。しかしながら、電極構造の視点に立った研究例は少なくEDLCの高電圧化には未だに課題が山積しているが、最近になり高電圧化の道筋が見えてきた。
 本講演では、高温下での高電圧充電に対し優れた耐性を示す炭素ナノ細孔体電極の材料設計について概説する。

  1. はじめに ~炭素材料と電気化学~
  2. 電気二重層キャパシタ用炭素ナノ細孔体
    1. 電気二重層キャパシタとは? (リチウムイオンキャパシタとの関係について)
    2. 電気二重層キャパシタと電気化学キャパシタ・ハイブリッドキャパシタ
    3. キャパシタ電極材としての炭素ナノ細孔体 (活性炭) の製法&求められる特性
  3. 炭素ナノ細孔体電極の材料設計による高電圧化
    1. 電界賦活による高容量化と高電圧化
    2. 活性炭への異種元素ドープによる高電圧化
    3. 高電圧充電による耐久試験 (フロート試験)
    4. 高温熱処理
    5. 集電体の三次元構造化 (発泡アルミニウム集電体)
    6. 炭素ナノ細孔体電極のシームレス化
    • 質疑応答・名刺交換

第3部:自動車用電気二重層キャパシタの現状・課題とエネルギー回生技術

(2015年12月7日 14:30〜16:00)

 筆者らが2002年に世界で初めて自動車用途へ電気二重層キャパシタを採用して以来、2012年になり、普及が進むアイドリング・ストップ・システムに使用され、燃費を20%程度改善しており、その効果は絶大である。今後、電気自動車やハイブリッド自動車への適用により、これらの燃費性能をさらに改善できる可能性がある。
 本講演では、電気二重層の基本特性から解説し、現状や筆者らの開発経験からそのポイントなどについて説明する。

  1. 自動車用電気二重層キャパシタの現状
    1. 電気二重層キャパシタの特性
    2. 電池との比較
    3. 乗用車用途
    4. 商用車用途
  2. 自動車用途における開発事例
    1. キャパシタセル
    2. モジュール、システム化
    3. 開発のポイント
    4. 信頼性
  3. 広範用途への適用
    1. 適用分野
    2. 風力発電用途
  4. 今後の課題と可能性
    1. 複合蓄電装置
    2. 電気自動車、ハイブリッド自動車
    3. 今後の課題と可能性
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 田口 真
    JMエナジー 株式会社 開発部 セル開発課
    課長
  • 白石 壮志
    群馬大学 大学院理工学府 分子科学部門
    教授
  • 岡崎 昭仁
    神奈川工科大学 自動車システム開発工学科
    准教授

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第1グループ室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 51,300円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,000円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 25,000円(税別) / 27,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 51,300円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 81,000円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

関連する出版物

発行年月
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/1/29 2016年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望