技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療用3Dプリンタのビジネス応用と最新動向

3Dプリンターの医療応用でイノベーションを起こし続ける講師が語る!

医療用3Dプリンタのビジネス応用と最新動向

~臓器模型/3D画像処理/手術支援/手技トレーニング/知財特許戦略~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、医療ビジネスにおける3Dプリンティングを基礎から解説し、応用と最新動向について詳解いたします。

開催日

  • 2015年8月7日(金) 13時00分 17時00分

修得知識

  • 医療ビジネスにおける3Dプリンティング
    • 基礎
    • 医療現場での活用
  • 医療画像処理から3Dプリンティングまでの実践

プログラム

 医療ビジネスにおける3Dプリンティング技術は、臓器模型から再生医療まで幅広く活用されている。 特に医療画像情報を元に造形された臓器モデルは、その柔らかさや水分量などの質感までを精密に再現するまでに進歩した。 先進的な大学や医療機関との共同研究などの医工産学連携により、工業におけるものづくり3Dデジタル技術を取り入れ、 工業設計分野での製品モデリングと機能シミュレ-ションを医療へ活用したビジネス戦略を解説する。 ものづくりと医療の融合技術知見をもとに、課題解決型の手法および事例を紹介する。 さらに知的財産戦略として、わずか1年間で国内外特許を取得したBio-Texture Modeling (生体質感造形) 技術における知財戦略の秘訣を紹介する。 また3Dプリンティングの前段階として、医療画像処理から3D構築、ポリゴン化,STLファイルへの書き出し、 プリント樹脂素材の選定から成形技術までの具体的なプロセスを、実践的に実例を挙げて紹介する。 さらに各種3Dプリンタ製品と最新情報を含めた応用事例や、3Dプリンタを活用した新たなビジネス展開の事例、3D造形技術に関しての最近の動向、 業界の動向、展望と課題について解説する。

  1. 医療ビジネスにおける3Dプリンティングの基礎
    1. 造形法による分類
    2. 素材による分類 生体由来素材、生体適合素材、聖対比適合素材など
    3. 用途による分類
  2. 医療ビジネスにおける3Dプリンティングの医療現場での活用
    1. 診断用途
    2. 治療用途
    3. 手術支援
    4. 移植用途
    5. 臓器代替用途など
  3. 医療・医学における学術的利用
    1. 学校教育、医学教育での応用
    2. 手技トレーニング
    3. シミュレーション
  4. 医療画像処理から3Dプリンティングまでの実践
    1. 医用画像フォーマットDICOMとは
    2. 無償医用画像処理アプリOsiriX (オザイリクス) の紹介
    3. DICOM医用画像から3D再構築 volume rendering、surface rendering
    4. 関心領域 (ROI) の抽出
    5. STLファイルへの変換
    6. CAD/CAMによるデータ修正
    7. プリンティングまでの実践
  5. その他の展開
    1. 医療機器開発
    2. 動物実験の代替え
    3. マーケット戦略
    4. 知財特許戦略、ブランド戦略、商標戦略
    • 質疑応答

講師

  • 杉本 真樹
    神戸大学 大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野
    特務准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 51,300円 (税込)
複数名
: 42,500円 (税別) / 45,900円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 42,500円(税別) / 45,900円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 51,300円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 85,000円(税別) / 91,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 127,500円(税別) / 137,700円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/25 医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント 東京都
2018/10/25 AI / IoT 開発競争を勝ち抜くための海外特許動向と発明発掘・権利化のポイント 東京都
2018/10/26 米国FDA 510(k)申請書作成法と留意点 東京都
2018/10/29 次世代カメラの画像処理 東京都
2018/10/29 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 東京都
2018/11/6 プレフィルド・キット製剤の使用感と製品開発 東京都
2018/11/8 後発で勝つための知的財産・事業参入戦略 愛知県
2018/11/9 知財 (IP) ランドスケープの分析、評価、活用法 東京都
2018/11/9 画像データ前処理に活かす画像フィルタリングの基本と最新動向 東京都
2018/11/9 Visual SLAM : 基礎編 東京都
2018/11/13 自分で出願できますか? 権利化できますか? 東京都
2018/11/14 オープン&クローズ戦略と知財マネジメントの実施 東京都
2018/11/16 再生医療、細胞治療における細胞培養技術の特許戦略 東京都
2018/11/19 3Dプリンターと超臨界流体薄膜堆積法の活用によるデバイス作製の可能性 東京都
2018/11/20 技術者・研究者のための拒絶理由通知対応ノウハウ 東京都
2018/11/20 体外診断用医薬品/機器の市場動向と開発・薬事戦略 基礎講座 東京都
2018/11/21 QMS省令改正のポイントと対応方法 東京都
2018/11/21 医療機器開発のための承認 (認証) 申請書・添付資料作成のポイント 東京都
2018/11/22 画像の対応付けの基礎とその高精度化 東京都
2018/11/26 SVM (サポートベクターマシン) とDeep Learningを中心とした機械学習の画像認識への応用 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書