技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自己注射製剤のデザイン・製品開発と使用感へのニーズ

安全性、利便性を両立させた製剤を追及する

自己注射製剤のデザイン・製品開発と使用感へのニーズ

~現場にスム―ズに導入させる~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、自己注射製剤のデザイン・製品開発と使用感へのニーズについて詳解いたします。

開催日

  • 2015年7月16日(木) 10時00分 17時45分

修得知識

  • 製品開発に際してのポイント
  • 自己注射の実際と課題
  • 自己注射システムを設計する上で考慮すべきポイント

プログラム

第1部. Human Factorを考慮した自己注射デザイン

(2015年7月16日 10:00〜11:30)

 革新的な医薬品および医療機器等を安全かつ迅速な提供を確保することを目的として2014 年 11 月 25日付で「医薬品医療機器等法 (略称) 」施行され、その中でいわゆる「コンビネーション製品」に関する新たな規定が設けられることとなった。コンビネーション製品の代表的な例として今回は自己注射製剤を取り上げ、製品開発に際してのポイントについて解説する。

  1. オープニング/会社紹介
  2. コンビネーション製品の事例
  3. コンビネーション製品における規制要件/地域別にみるトレンド
  4. ヒューマンファクターを考慮したデザインの重要性
  5. 市場調査の事例 – 患者様によるacceptance study
  6. 自己注射用デバイスメーカーとのコラボレーションの重要性
  7. 今後の製品開発のための成功要因
  8. クロージング
    • 質疑応答

第2部. 骨粗鬆症領域での自己注射の実際と課題

(2015年7月16日 12:15〜13:15)

 骨粗鬆症により自由を奪われ、命を落とす高齢者が後を絶たない。数多くの有効な薬剤が開発されているのになぜだろう。原因は診断・治療開始・継続、3段階の壁にあると考える。特に、自己注射製剤の場合、治療開始 (導入) は必ずしも容易ではない。「なぜ治すのか」という大前提を患者さんのみならず、医療者側も十分理解していなければ成功しないのである。患者さんの「声」、看護師の「声」も紹介しつつ自己注射の実際と課題を考察したい。

  1. 骨粗鬆症を知る
    1. 病態
    2. 診断
    3. 治療
  2. 自己注射製剤 (テリパラチド) を知る
    1. エビデンス
    2. 導入の実際
    3. 継続の実際
    4. 患者さんの声
    5. 看護師の声
  3. 今後の展望
    • 質疑応答

第3部. パーキンソン病治療での自己注射の理想像

(2015年7月16日 13:30〜14:45)

 パーキンソン病は神経変性疾患の代表的な疾患であり、アルツハイマー病についで多い。 将来の患者数の増加や在宅ケアの今後を見ると自己注射での治療が求められている。 本セミナーでは臨床医の立場から、パーキンソン病の病態及び治療について述べる。次に自己注射への要望を整理し、今後の理想的な薬剤について模索したい。

  1. パーキンソン病のメカニズム
  2. パーキンソン病の診断
  3. パーキンソン病での薬物療法
  4. パーキンソン病治療で自己注射の位置づけ
  5. パーキンソン病治療で自己注射に望むこと
    • 質疑応答

第4部. 糖尿病領域でのこれからの理想的な自己注射像

(2015年7月16日 15:00〜16:30)

  1. インスリン注入器の適正使用ならびに患者のQOL向上を目指した製品開発と療養指導に関する研究
  2. インスリン自己注射用注射針の適正使用ならびに患者のQOL向上を目指した製品開発と療養指導に関する研究
  3. 経口血糖降下薬の服薬コンプライアンスと血糖モニタリングに関する研究 準備中 準備中
    • 質疑応答

第5部. プレフィルドシリンジ部材とオートインジェクターとの互換性

(2015年7月16日 16:45〜17:45)

 本邦においても、医療経済性、患者様の利便性の観点から自己注射製剤への期待が高まっている。 医薬品容器の材質とオートインジェクターとの組み合わせの観点から、安全で利便性の高い自己注射システムを設計する上で考慮すべきポイントを考察したい。

  1. プレフィルドシリンジの材質について
    1. 製剤の安定性を左右する要因
  2. 各素材の特徴と課題
    1. 外筒;ガラス
    2. 外筒;ポリマー
    3. ストッパー
  3. 安定性のための工夫 (例)
  4. オートインジェクターについて
  5. 安全にご使用いただくために;プレフィルドシリンジとオートインジェクターとの互換性検証
    • 質疑応答

講師

  • 村本 孝一
    日本ベクトン・ディッキンソン(株) BDメディカル ファーマシューティカルシステム事業部
    マーケティングマネージャー
  • 梅原 慶太
    医療法人社団 綾和会 浜松南病院 整形外科・リハビリテーション科
    部長
  • 波田野 琢
    順天堂大学 医学部 脳神経学講座
    准教授
  • 朝倉 俊成
    新潟薬科大学 薬学部 臨床薬学研究室
    教授
  • 高橋 将人
    テルモ 株式会社 D&D事業 事業開発部
    マネージャー

会場

株式会社 技術情報協会

セミナールーム

東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/25 試験検査室での生データの取り扱いとデータインテグリティ対応 東京都
2018/10/25 医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント 東京都
2018/10/25 抗体医薬品製造におけるダウンストリーム工程の開発とスケールアップ技術 東京都
2018/10/26 新興国医薬品市場における医療保険・薬価制度の概要と薬価取得戦略 東京都
2018/10/26 医薬品マーケティングの基礎講座 東京都
2018/10/26 米国FDA 510(k)申請書作成法と留意点 東京都
2018/10/26 ICH-GCP (R2) に明記された治験におけるオーバーサイト (Oversight) 東京都
2018/10/29 開発新薬の市場性/事業性に関する経営層への“説明説得”と売上予測・PJ評価 東京都
2018/10/29 現行GMP省令とのギャップ分析をふまえた改正GMP省令の主要な改正ポイント 東京都
2018/10/29 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 東京都
2018/10/29 申請を踏まえたCMCレギュレーション入門講座 東京都
2018/10/29 費用対効果分析実習 基礎から応用事例 東京都
2018/10/30 医薬品製造におけるヒューマンエラー・逸脱事例と未然防止策 東京都
2018/10/30 医薬品研究者のための実験計画と適切な結果を得るための必要サンプルサイズの考え方 東京都
2018/10/30 日米欧3極の薬事規制・承認審査の比較と当局の考え方の違い 東京都
2018/10/31 GVP基礎講座 東京都
2018/10/31 無通告査察対応におけるデータインテグリティの強化 東京都
2018/10/31 バイオ医薬品の品質管理:分子不均一性と不純物分析 東京都
2018/10/31 治験におけるGlobal目線での安全性情報の収集・取扱いの相違とその明確化 東京都
2018/11/5 医薬品包装におけるバリデーションと包装工程の最適化 (効率化・標準化) 大阪府

関連する出版物

発行年月
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書