技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

機能性ナノファイバーの作製技術とそのエネルギー・環境分野への応用開発

機能性ナノファイバーの作製技術とそのエネルギー・環境分野への応用開発

東京都 開催

ナノファイバー元年としても位置付けられる2015年。
ようやく工業的応用の実用化に向けて、開発・作製が進む。
ナノファイバーの製造だけではなく、機能性に目を向け、広がる応用へ対応すべく指針を学ぶ!

概要

本セミナーでは、ナノファイバーを規則的に配列させナノ空間を作る、ナノファイバー単体の基礎物性はどの程度か、ナノファイバーにいかに機能を付加させ、エネルギー分野や環境分野に応用させるかを紹介いたします。

開催日

  • 2015年6月4日(木) 13時00分 16時30分

修得知識

  • ナノファイバー作製法
  • エレクトロスピニング法
  • ナノファイバー単体の基礎物性
  • 導電性ナノファイバー
  • 伝導性ナノファイバー

プログラム

ナノファイバーが本当の意味で広く普及し、社会を支える基盤技術となるためには、ナノファイバーの構造制御とナノファイバー自体の機能付与が重要となる。 本講義では、ナノファイバーを規則的に配列させナノ空間を作る、ナノファイバー単体の基礎物性はどの程度か、ナノファイバーにいかに機能を付加させ、エネルギー分野や環境分野に応用させるかを紹介する。
  1. ナノファイバーの作製法と物性評価
    1. エレクトロスピニング法 (電界紡糸法)
      • ナノファイバー構造や径に与える高分子構造、溶媒、粘度とうの影響について講演する。
    2. ナノファイバーの作製とその構造体制御
      • 3次元構造体の作製方法や得られた構造体の特性に関して、最近の国内外の情報も加え解説する。
    3. ナノファイバー単体の基礎物性
      • ナノファイバー単体の評価はこれまで殆ど明らかにされていない。ナノファイバー1本の物性情報を説明する。
    4. 表面特性制御
      • ナノファイバーが持つ超表面積をいかに利用するかを、国内外の情報も加えて詳説する。
  2. 機能性ナノファイバー
    1. 導電性ナノファイバーの作製
      • 従来の焼成法と我々が開発したイオン照射法でのナノファイバー炭素材料の比較を行い、導電性ナノファイバーの 特性について。
    2. プロトン伝導性ナノファイバー
      • プロトン伝導性ナノファイバーを燃料電池の高分子形電解質膜に用いた新しい電解質膜について解説すると共に、 伝導性、安定性、ガスクロスオーバー等の問題を解決する全く新しい電解質膜を紹介する。
    3. アニオン伝導性ナノファイバー
      • アニオン伝導性ナノファイバーを用いたアニオン型燃料電池の可能性を講演する。
    4. リチウムイオン伝導性ナノファイバー
      • ナノファイバーが持つ特異な超イオン輸送を利用すると、これまでにない全く新しい全固体型二次電池の開発が可 能になる。その固体電解質膜について講演する。
    • 質疑応答

講師

  • 川上 浩良
    首都大学東京 都市環境学部 環境応用化学科
    教授

会場

大田区産業プラザ PiO

6階 C会議室

東京都 大田区 南蒲田1-20-20
大田区産業プラザ PiOの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/23 世界のEV用リチウムイオン電池の状況と、求められる部材・周辺技術の特性・課題、製造改善および国内企業が進むべき道 東京都
2019/8/27 リチウムイオン二次電池用セパレータの耐熱性向上と安全性試験 東京都
2019/8/27 リチウムイオン二次電池工学セミナー 東京都
2019/8/27 次世代自動車に求められる蓄電技術とEV用超急速充電技術 東京都
2019/8/29 リチウムイオン電池の安全性確保と国内外の関連規制動向 東京都
2019/8/29 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都
2019/8/30 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 神奈川県
2019/8/30 全固体リチウム電池の基礎と最近の研究動向 東京都
2019/9/3 セルロースナノファイバーの基本特性と樹脂複合化による実用化展開 大阪府
2019/9/4 最前線でのLi-ion電池に対する容量劣化 (SOC) 評価技術 東京都
2019/9/5 リチウムイオン電池材料の開発動向と安全性・寿命解析技術 大阪府
2019/9/11 二酸化炭素削減対策技術 東京都
2019/9/11 エンジンを搭載した電動車両における排気熱発電システムの実用性 東京都
2019/9/12 全固体二次電池の作製と無機固体電解質における粒界・界面抵抗と評価 東京都
2019/9/13 リチウムイオンバッテリーの長期安定利用に向けた、マネジメント・セルバランス技術 東京都
2019/9/13 全固体電池の展望と電極・固体電解質界面の設計 東京都
2019/9/18 最新事例セルロースナノファイバーのプラスチック複合化技術 東京都
2019/9/26 スラリー調製・分散評価の要点 東京都
2019/9/27 全固体電池の界面設計とイオン伝導性向上 東京都
2019/9/27 インピーダンス、パルス測定の基礎とリチウムイオン二次電池のデータ解析のポイント 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望