技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

LNGプロジェクトの最新動向と今後のビジネスチャンス

LNGプロジェクトの最新動向と今後のビジネスチャンス

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2015年1月22日(木) 13時00分 16時30分

プログラム

 米国を震源地とするシェール・ガス革命は、この3年間において世界のエネルギー情勢を大きく変貌させ、北米全体の天然ガス生産量、原油生産量は2014年も増加を続けている。米国におけるシェール・ガスをはじめとした非在来型天然ガスの生産増と、天然ガス価格の下落によって、米国、カナダにおいて相次いでLNG輸出プロジェクトが進められている。
 米国における天然ガス価格は百万Btu (ブリティッシュ熱量単位) 当たり3ドル~4ドル台と低位安定し、米国エネルギー省は、既に4件ものLNGの輸出許可を出している。さらに、欧州諸国への天然ガス販売が減少するロシアも、サハリン3、ウラジオストックLNGをはじめとしてアジア大洋州へのLNG輸出計画を進めている。こうした米国、カナダ、ロシア、豪州をはじめとした数多くのLNG輸出プロジェクトによって、世界はLNGバブルの活況を呈したものの、2014年秋となって、LNGプロジェクトを取り巻く環境は激変している。
 2014年2月には百万Btu当たり20.5ドルという過去最高値となったLNGスポット価格は、2014年11月時点では10ドル程度まで暴落している。これは、①日本の2014年夏の気温が低く、LNGの在庫が積み上がっていること、②韓国の原子力発電所の稼働が順調のため、LNG輸入量が伸び悩んでいること、③欧州諸国が景気低迷と割安な米国産石炭の輸入により、LNG輸入量を減少させ、余剰なLNGがアジア大洋州市場に流入していること、④パプア・ニューギニアLNGが稼働し、豪州、インドネシアのLNGにも余剰感が強まっていること、⑤原油価格連動のLNG価格が、2014年7月以降の原油価格下落により低下していること、等の要因が挙げられる。現状においては、LNG市場は、従来の売り手市場から買い手市場へと変貌を遂げつつある。
 これまで、LNGプロジェクトに参画してきた産油国、メジャー (国際石油資本) 、総合商社、プラント・メーカー、重電メーカーは、LNG価格の下落、人件費、資機材費用の高騰によるプロジェクトの投資額の増加、2017年以降における供給過剰の可能性等の不透明要因に直面し、シェブロン等は、LNGプロジェクトの一部先送りを行っている。日本企業はLNGプラント、LNG専用船の建設・運転・保守に関連する世界最先端の技術を持っており、今後のLNGプロジェクトに関連する日本企業にとっての今後のビジネス・チャンスとリスク、経済性について、シェール・ガスとLNG分野の第一人者が的確に詳説する。

  1. 北米のシェール・ガスをはじめとした非在来型天然ガス開発の最新動向
  2. 北米における天然ガス市場の需給動向の現状と2014年秋以降の動き
  3. 国際市場における天然ガス価格の2015年における見通し
  4. アジア大洋州における天然ガス火力発電の位置づけとLNG市場の最新動向
  5. 米国における天然ガス生産量の動向と今後の動き-原油価格への影響
  6. カナダにおける天然ガス生産量の動向と今後の動き
  7. ロシアにおける天然ガス生産量の動向と今後の動き
  8. 世界の非在来型天然ガス資源の可能性と今後の資源量の見通し
  9. 北米・中南米における非在来型天然ガス資源の可能性-資源ナショナリズム
  10. 北米におけるシェール・ガス開発ビジネスの優位性
  11. 欧米メジャーのシェール・ガス開発とLNGプロジェクトの経済性不透明感
  12. アジア大洋州と北米におけるLNG市場の今後とプラント、LNG専用船
  13. 米国、カナダにおけるLNG輸出プロジェクトの動向と経済性
  14. 北米におけるLNG輸出許可の今後の可能性-パナマ運河拡張工事
  15. ロシアにおけるLNGプロジェクトの動向と今後の可能性-中国との合意
  16. 豪州におけるLNGプロジェクトの現状と今後-プロジェクトの経済性
  17. 北米におけるシェール・ガス開発への日本企業のビジネス・チャンス
  18. 日本企業にとってのシェール・ガス開発の現状と経済性のリスク
  19. LNGプラント、水処理技術、化学物質等の日本企業のビジネス・チャンス
  20. LNG価格の今後の見通し-LNGプロジェクトのリスクと事業機会
    • 質疑応答

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第1講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

関連する出版物

発行年月
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2018/11/16 2019年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望