技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

石油精製触媒および自動車排気ガス浄化触媒の最近の進歩と開発動向

石油精製触媒および自動車排気ガス浄化触媒の最近の進歩と開発動向

~エネルギー&環境における触媒の最前線~
東京都 開催

開催日

  • 2014年2月21日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 石油精製触媒に関連する技術者、研究者

プログラム

 世界における石油精製装置は増加の傾向にあり、それにともなって触媒の生産量は年々増加している。LIOPのプラットフォーミングの例のように触媒を制するものは世界を制するといわれ、同社の白金/アルミナ触媒は60年以上世界に君臨している。ノーベル化学賞の多くも新しい触媒の発見による化学物質の創製である。
一方世界における自動車の生産量も年々急拡大しており、環境保護の観点からNOx、CO、炭化水素、パーティキュレートマター等の排出ガス浄化触媒の開発は重要であり、各国で盛んに研究されている。わが国の技術の進捗は著しい。このような現状をかんがみ、本セミナーを企画し、開催する運びとなった。

  1. 最近の燃料油製造方法の進歩
    1. 装置構成
    2. 蒸留
    3. 燃料油
    4. 精製プロセス
      • 水素化脱硫
      • 接触分解
      • 接触改質
      • アルキル化
      • MTBE
  2. 新燃料油の開発動向
    1. シェールガス
    2. シェールオイル
    3. カナダ・オイルサンド油
    4. バイオ燃料油
    5. コロイダル燃料油
    6. GTL
  3. 石油精製触媒の進歩
    1. 市場動向
    2. 触媒開発の原動力
    3. ガソリン製造用触媒
    4. 中質留分用触媒
    5. 触媒の物性測定法
  4. 自動車用排ガス浄化触媒の進歩
    1. 排ガス浄化処理の必要性と法規制
      • 排ガス浄化の必要性
        • エンジンにおける燃焼
        • エンジン制御と排ガス
        • 排出物、大気汚染物質と健康影響
        • 光化学スモッグの発生
        • 大気汚染と自動車排気ガス
        • 排気ガス規制の変遷
        • 日本の排出ガス規制
        • 日本の大気環境
    2. 自動車排ガス処理触媒
      • 排ガス浄化方法の候補 (1970年当時)
      • 社会・自動車メーカーの動き
        1. 自動車排ガス処理触媒の構造
          • マクロ構造
          • ミクロ構造
          • 触媒層
          • ハニカム
        2. 自動車排ガス処理触媒の機能
          • 触媒層
          • 貴金属 (Pt,Rh,Pd)
          • 担体
          • 酸素吸蔵材
          • ハニカム
          • 課題と解決
        3. 自動車排ガス処理触媒の製造方法
          • ハニカム
          • 触媒層
        4. ディーゼルエンジンの排ガス処理触媒
          • ディーゼルエンジンの特徴、排気特性
          • ディーゼルエンジンの排気処理技術
          • 酸化触媒
          • NOx吸蔵還元触媒
          • ディーゼルパティキュレートフィルター
        5. 自動車排ガス処理触媒の今後の動向
        6. 工業製品としての排ガス浄化触媒
          • 触媒業界で占める位置
          • 貴金属の使用量
    3. そのほかの排ガス処理触媒
      • 現在搭載されているもの
      • 今後搭載されそうなもの
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 藤田 稔
    石油分析化学研究所
    代表
  • 水上 友人
    株式会社 キャタラー 第2研究開発部
    部長

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第1特別講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,667円 (税別) / 44,800円 (税込)
複数名
: 35,667円 (税別) / 37,450円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/2/26 工業触媒の基礎知識 東京都
2020/2/27 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用 東京都
2020/3/4 PCP/MOF (金属有機構造体) の作り方、使い方、その評価・応用 東京都
2020/3/13 遮音・吸音のメカニズムと自動車室内における振動・騒音の低減 東京都
2020/3/13 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2020/3/13 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都
2020/3/16 自動車の電動化に向けたSiCパワーデバイス・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 東京都
2020/3/16 自動車用LIDAR技術の基礎と最新動向、自動運転への展開 東京都
2020/3/18 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 東京都
2020/3/19 車載電子機器の放熱、封止技術 東京都
2020/3/19 次世代パワーエレクトロニクス用リアクトル・トランスのコア材料への要求特性とその事例 東京都
2020/3/19 FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 東京都
2020/3/23 振動発電技術、デバイスの開発動向とその応用展開 東京都
2020/3/23 自動車用塗料・塗膜の設計、評価と劣化、不具合対策 東京都
2020/3/24 人工・合成皮革の触感制御と自動車内装材への応用 東京都
2020/3/25 熱電変換の基礎、熱電材料の高性能化指針および最新の研究開発動向 東京都
2020/3/27 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2020/3/27 自動車における振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動解析 東京都
2020/3/30 国内外における陸上・洋上風力発電の市場動向と今後の展望 東京都
2020/4/8 トラブル未然防止のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望