技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

リチウムイオン電池のインピーダンス測定とその解析

リチウムイオン電池のインピーダンス測定とその解析

東京都 開催 会場 開催 個別相談付き

概要

本セミナーでは、電池の基礎概念、測定条件の設定方法、結果の活用方法などを初心者にも分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2012年12月20日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 電池の開発者
  • インピーダンス測定による評価をされている方

修得知識

  • 電池の基礎概念
  • 電池の測定条件の設定方法
  • 電池の測定結果の活用方法

プログラム

 電池のためのインピーダンス測定と解析についてかなり基礎から解説します。
 電池の開発に携わることになって、インピーダンス測定による評価を試みようとしているが予備知識がなくて専門書に挫折した方、あるいはインピーダンス測定装置が自動的に吐き出したチャートを読みあぐねている方などに電池の基礎概念、測定条件の設定方法、結果の活用方法などを紹介します。

※できれば1円玉、10円玉、ティッシュペーパー、デジタルテスターをご持参下さい。

  1. 物質と電気のかかわりと電池の基礎
    • 電気の伝わり方と流れ方―電気を動かす力-
    • 静電気と動電気 ―ガルバーニ電池―
    • コイン電池の作成と起電力の測定
    • 電極の呼び方 ―プラスとマイナス―
    • 直列つなぎと並列つなぎ ―ボルタ電堆―
    • 電池と電気分解 ―ファラデーの法則と電気量―
    • 電気を担うもの、電子を阻むもの ―イオンの存在―
    • 電気のたまり方と分極の種類 ―イオン結合と共有結合―
    • 電池材料にかかわるバルクの物性と界面の特性
    • 電池の内部抵抗 ―オームの法則と非直線抵抗―
  2. リチウムイオン電池のインピーダンス測定法の実際
    • 電圧規制と電流規制 ―電流、電圧、電気量、電気抵抗、静電容量―
    • 交流信号の表し方 ―時間と周波数、振幅と位相角―
    • 電気化学セルの構成 ―電極面積、電極間距離、セル定数―
    • 電気に対する物質の応答 ―電流密度、電場強度、導電率、抵抗率、誘電率―
    • 電気抵抗の電流依存性と静電容量の電位依存性
    • オシロスコープによるインピーダンス測定
    • インピーダンス測定におけるバイアス電圧とバイアス電流
    • コールコールプロット (ナイキストプロット) とボードプロット
    • ポテンショスタット/ガルバノスタットの応答速度よる測定精度の低下
    • FRAによるインピーダンス測定と量子化ノイズよる精度低下
    • ロックインアンプによるインピーダンス測定と応答遅れによる精度低下
    • LCRメーターによるインピーダンス測定と出力低下による精度低下
  3. リチウムイオン電池のための交流インピーダンス法による結果の解析
    • サイクリックボルタモグラムを読む ―分解電圧―
    • 電流時間曲線を読む ―漏れ電流―
    • 充放電曲線を読む ―電池の容量、内部抵抗―
    • ボーデプロットをを読む ―周波数特性―
    • コールコールプロットを読む ―溶液抵抗、二重層容量―
    • ACボルタモグラムを読む ―反応電位―
    • 波形の歪を読む ―高調波解析―
    • パルス応答やステップ応答を読む ―非定常解析―
    • 粉体測定による活物質や炭素材料の評価
    • コンダクトメトリーによる炭素材料スラリーの分散性の評価
    • コンダクトメトリーによるバインダーや分散剤の評価
    • 出力特性向上のための材料選択と寸法設計
    • 残量予測のためのインピーダンス測定
    • サイクル寿命判定のためのインピーダンス測定
  • 質疑応答・名刺交換・個別相談

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,600円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき47,250円 (税込)
    • 2名同時にお申し込みいただいた場合、2名で49,980円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/11/29 バッテリマネジメント、及びセルバランス技術の基礎と応用 オンライン
2021/11/29 磁性材料を活用した新しい熱電応用と今後の展望 オンライン
2021/11/30 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン
2021/12/2 EV用リチウムイオン電池のリユース、リサイクル オンライン
2021/12/3 CO2有効利用技術の現状と今後の展望 オンライン
2021/12/6 フレキシブル熱電変換デバイスの基礎と有機系熱電変換材料/デバイス研究の最新動向 オンライン
2021/12/6 HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術 オンライン
2021/12/7 二酸化炭素 (CO2) の吸収・回収及び吸収材技術 オンライン
2021/12/8 汎用リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 オンライン
2021/12/8 リチウムイオン二次電池特性の測定・評価・推定法 オンライン
2021/12/9 バイオガスから新エネルギー オンライン
2021/12/10 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2021/12/10 リチウムイオンニ次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 オンライン
2021/12/13 燃料アンモニア製造技術と将来展望 オンライン
2021/12/14 全固体リチウム二次電池の開発状況と展望 オンライン
2021/12/14 水素貯蔵材料の基礎と今後の展望 オンライン
2021/12/15 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2021/12/15 リチウムイオン電池生産工程における安全対策 オンライン
2021/12/16 カルマンフィルタ/逐次最小二乗法によるリチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定法 オンライン
2021/12/16 ペロブスカイト太陽電池の基礎から開発・市場動向・実用化展望まで オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/30 世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場 (書籍版 + CD版)
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション