技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

小電力ワイヤレス通信機器の日本、米国、欧州のモジュール認可、ラベリング、SAR試験等の考え方の違いとその対応

小電力ワイヤレス通信機器の日本、米国、欧州のモジュール認可、ラベリング、SAR試験等の考え方の違いとその対応

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2012年9月5日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 無線機器の出荷を予定している製造者、品質管理者
  • 無線機器の各国認可取得担当者

プログラム

 Wireless LAN、Bluetooth、ZigBeeなどを始めとし、多種多様な無線技術が、多くの電子機器等で使用され、市場に出荷されるワイヤレス製品は年々増加しています。それに伴い、製品の多様化が進むと共に、無線に関する規制も各国で製品に対応すべく作成・改定されています。
 本セミナーでは、米国・欧州及び日本を中心に無線機器認可取得の際に特に注意すべき、モジュール認可の考え方、ラベリング方法、SAR試験などの注意事項を最新情報を交え、わかりやすく説明致します。
 無線機器の出荷を予定している製造者、品質管理者、各国認可取得担当者様を対象とし、一般エンドユーザが自由に使用できるライセンス不要機器に関する情報をご提供することを意図しています。

  1. 免許不要無線機器認可の米国、欧州、日本の動向
  2. 米国、欧州、日本におけるモジュール認可
  3. 米国、欧州、日本におけるラベリング要求
  4. 米国、欧州、日本における人体曝露規制
  5. 各国トピックス

講師

  • 橋本 哲哉
    株式会社UL Japan WiSE事業部 技術サポートグループ 電波認証課/QA

会場

株式会社オーム社 オームセミナー室
東京都 千代田区 神田錦町3-1
株式会社オーム社 オームセミナー室の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 43,000円 (税別) / 45,150円 (税込)
1口
: 55,000円 (税別) / 57,750円 (税込) (3名まで受講可)

割引特典について

  • 複数名 同時受講:
    1口 57,750円(税込) (3名まで受講可能)
  • 早期申込割引:
    2012年6月6日 17:00までのお申込は、
    1名受講・1口受講とともに受講料から10%割引となります。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/20 ミリ波材料の基礎・設計・評価方法およびミリ波回路・ミリ波システムへの応用 東京都
2020/8/28 LPWA (Low Power Wide Area) の詳細・最新動向・将来展望 オンライン
2020/8/31 次世代情報通信5G市場に要求される材料技術 オンライン
2020/9/2 電波吸収体の設計・測定 東京都
2020/9/4 5G、IoT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法 オンライン
2020/9/4 非接触生体センシングと心拍、呼吸の計測技術 オンライン
2020/9/9 UHF帯RF-IDアンテナ設計の勘どころ 東京都
2020/9/9 生体情報計測による感情の可視化と活用事例 東京都
2020/9/16 入門 ウェアラブルセンシング技術 オンライン
2020/9/23 5G、及びBeyond 5Gで求められる高周波対応材料の技術動向 オンライン
2020/9/24 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料への要求特性と今後の展望 オンライン
2020/9/24 5Gの仕組みとビジネスチャンス オンライン
2020/9/28 5G & beyond 関連通信デバイスの分解・分析 オンライン
2020/9/30 5Gアンテナの実装設計 オンライン
2020/9/30 次世代のミリ波材料、ミリ波システム開発の為の必須知識 オンライン
2020/10/6 近距離無線・人体通信概論 東京都
2020/10/8 5G、Beyond5Gへの光ネットワークと光回路実装技術の最新動向 オンライン
2020/10/12 スパースアレーによる拡張アレー信号処理 オンライン
2020/10/13 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料の技術動向と応用展開 東京都
2020/10/15 5G向けアンテナの開発動向と電波伝搬制御 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2013/10/25 無線LAN伝送技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/25 無線LAN伝送技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/4/11 スマートメータシステム
2009/11/25 中堅無線通信機10社 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書
2006/4/14 詳解 高周波通信用フィルタ設計手法