技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望

卒FIT・2050年予測・自家消費・ソーラー発電市場実態/予測・関連部材

2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望

~将来展望シリーズ ~ Solar-Power編~

ご案内

 住宅用太陽光パネルで発電した電力を決まった高価格で買い取る制度が2019年から終わるのが、「卒FIT・2019年問題」とされていますが、送り先がなくなり、宙に浮く太陽光発電設備を持つ家庭を取り込もうという動きが電力会社大手で広がっています。自由化で顧客獲得競争を繰り広げる各社にとって、大きな商機が浮上しようとしています。
 住宅の屋根などに置く太陽光パネルによる太陽光発電を置く太陽光パネルによる発電を長期間、固定した価格で買い取る制度は09年11月から開始されました。住宅で使い切れずに余った電気を電力会社に売る仕組みです。10年目となる19年に初めて期限を迎えます。対象は、2019年の11月と12だけで53万件に達し、23年度までに165万件に達する見通しです。
 2019年11月に期限が切れた家庭の場合、1kW時当たり48円という、高価格で売買できなくなります。太陽光パネルがある家庭は電力を自宅で使うか、新たな電力会社が示す価格で売ることになります。ここで電力各社は商機を見出そうとしています。サービスの提供の手段として注目されるのが、定置用蓄電池です。例えば東京電力HDは、傘下の新電力で「卒フィT・19年問題」を見据えた新プランを設置しています。

目次

序章 太陽光発電市場とその将来性

第Ⅰ章 住宅用太陽光発電市場の動向と展望

  • 1. 住宅用太陽光発電市場の動向と実態
    • (1) 住宅用太陽光発電市場の概況と動向
      (住宅用太陽光発電システム (件数・出荷量・金額) /システム平均価格/新設住宅着工戸数 (国土交通省)
      以上 各市場推移予測/シェア)
  • 2. スマートハウス市場の動向と展望
    • (1) スマートハウスの概要と動向
    • (2) スマートハウスの参入企業と動向 (世界/国内市場 ~40年度)
    • (3) エコキュート市場の動向と展望
    • (4) エコキュート関連メーカーの動向
    • (5) IHクッキングヒーター市場の動向と展望
    • (6) IHクッキングヒーター関連メーカーの動向
      (以上、各 市場推移・予測 (~20年度) /国内シェア)
  • 3. 太陽光発電向けパワーコンディショナーの動向と展望
    • (1) パワーコンディショナーの概要と動向
      (住宅用太陽光発電パワーコンディショナー市場予測/シェア)
    • (2) パワーコンディショナー関連メーカーの動向
      (オムロン 株式会社 / 株式会社 三社電機製作所/山洋電気 株式会社 /その他)

第Ⅱ章 事業用太陽光発電市場の動向と展望

  • 1. エネルギー小売自由化の動向と展望
    • (1) 電気事業の概要について
    • (2) 電気事業における制度改革の動き
    • (3) 電力供給制度の仕組み
    • (4) 電気事業制度の見直しについて
    • (5) 電力自由化 (電力システム改革) の流れ
    • (6) エネルギー基本計画の動向について
  • 2. メガソーラー (大規模太陽光発電) 市場の動向と展望
    • (1) メガソーラー (mega solar) の概要と動向
    • (2) メガソーラーの設置・稼動動向 (表)
    • (3) メガソーラー市場の最新動向
    • (4) メガソーラー関連メーカーの動向 (概要)
      (メガソーラー市場/太陽ペネル/架台/パワコン 各市場シェア)

第Ⅲ章 世界・国内太陽光発電市場の動向と展望

  • 1. 太陽光発電世界市場の動向と実態
    • (1) 太陽光発電世界市場の概況と動向
      • ① 太陽光発電世界市場推移・予測 (累計・新設)
      • ② 太陽電池世界メーカーシェア (2018~19年度)
      • ③ 太陽光発電地域別推移・予測 (2008~20年度
  • 2. 太陽光発電国内市場の動向と実態
    • (1) 太陽光発電国内市場の概況と動向
    • (2) 太陽光発電国内市場の業界構造
      • ① 太陽電池国内出荷量推移・予測 (2008~30年度)
      • ② 太陽電池用途別出荷量推移・予測 (2002~22年度)
      • ③ 太陽電池用途別出荷量シェア (2017~18年度)
      • ④ 太陽電池国内向け生産推移・予測 (2004~22年度
      • ⑤ 太陽電池輸入量推移・予測 (2004~22年度)
      • ⑥ 太陽電池生産量・輸入量推移予測 (2004~22年度)
      • ⑦ 太陽電池輸出量推移・予測 (2004~22年度)
      • ⑧ 太陽電池国内総出荷量推移・予測 (2004~22年度)
      • ⑨ 太陽電池国内総出荷量推移・予測 (個別・~22年度)
      • ⑩ 太陽電池種類別出荷量推移・予測 (2004~22年度)
      • ⑪ 太陽電池種類別出荷量構成比率 (2018~19年度)
      • ⑫ 太陽電池国内企業総出荷量推移・予測 (国内・輸出)
      • ⑬ 太陽電池国内企業出荷量別推移・予測 (~22年度)
      • ⑭ 太陽電池国内企業・海外企業出荷量推移・予測 (~22年度)
    • (3) 太陽電池の分類と特性について
      • ① シリコン膜の構造による分類と特性
      • ② 形態による分類と特性について
    • (4) 太陽電池セル (モジュール) 国内メーカー出荷量推移予測/シェア
      • ① 太陽電池セル国内出荷量推移・予測 (2007~22年度)
      • ② 太陽電池セル国内出荷量シェア (2017~18年度)
      • ③ 太陽電池単結晶セル出荷量推移・予測 (2007~22年度)
      • ④ 太陽電池単結晶セル出荷量シェア (2018~19年度)
      • ⑤ 太陽電池多結晶セル出荷量推移・予測 (2007~22年度)
      • ⑥ 太陽電池薄膜型セル出荷量推移・予測 (2007~22年度)
      • ⑦ 太陽電池ハイブリッドセル出荷量推移・予測 (2007~22年度)
      • ⑧ 太陽電池ハイブリッドセル出荷量シェア (2018~19年度)
    • (5) 国内メーカー別太陽電池セル出荷量推移・予測
      • ① メーカー別単結晶セル出荷量推移・予測 (2007~22年度)
      • ② メーカー別多結晶セル出荷量推移・予測 (2007~22年度)
      • ③ メーカー別薄膜型セル出荷量推移・予測 (2007~22年度)
      • ④ メーカー別ハイブリッドセル出荷量推移・予測 (2007~22年度)
  • 3. 海外の太陽光発電システムの動向
    • 地域別太陽光発電導入量推移・予測 (2008~22年度)
  • 4. 太陽光発電ロ-ドマップ (PV2030)
  • 5. 国内の太陽光発電システムの動向と展望
    • (1) システム導入促進への取り組み
    • (2) 太陽光発電システムの導入と事例
      (太陽光発電システム別国内市場推移予測 (出荷量) /システム別国内市場推移予測 (金額・全体
      /個別) / 国内構成比率)
  • 6. 太陽光発電システムの背景と取り組み
    • (1) エネルギー政策場の位置付け
    • (2) 新エネルギー買い取り制度について
    • (3) 太陽光発電余剰電力買い取り制度について
  • 7. 太陽光発電システムの特徴及び効果
  • 8. 太陽光発電関連補助事業と予算

第Ⅳ章 太陽光発電関連技術・関連部材の動向と展望

  • 1. 太陽光発電システムの背景と取り組み
    • (1) FITに依存しないベネルギーモデル
    • (2) O&M (運用・保守) サービスの重要性
    • (3) O&Mサービス参入企業と比較
    • (4) 遠隔監視サービスの概要と動向
    • (5) 遠隔監視サービス参入企業と比較
    • (6) エネルギー政策上の位置付け
  • 2. 太陽光発電システムの特徴及び効果
    • (1) 太陽光発電の特色と留意点
    • (2) 環境保全と創エネルギー効果
    • (3) 新エネ大賞について (NEF)
  • 3. 太陽光発電関連補助事業と予算
    • (1) 太陽光発電補助事業 (NEDO他)
    • (2) 太陽光発電関連予算について
  • 4. 太陽電池用シリコンの動向と展望
    • (1) 多結晶用シリコンの動向と展望
      • ① 太陽電池主要部材世界市場推移・予測 (~2030年度)
      • ② 太陽電池主要部材世界市場推移・予測 (個別・~2030年度)
  • 5. 太陽電池用シリコン・ウエハ関連メーカーの動向と展望
    • (1) 株式会社 大阪チタニウムテクノロジーズ
    • (2) 信越化学工業 株式会社
    • (3) 株式会社 トクヤマ
    • (4) 三菱マテリアル 株式会社
      • ① 太陽電池用多結晶シリコン世界生産量推移・予測 (2007~30年)
      • ② 太陽電池用多結晶シリコン世界生産量シェア (2017~18年)
      • ③ 多結晶シリコン国内生産量/輸入推移・予測 (2004~30年)
      • ④ シリコンウエハ輸出/輸入量推移・予測 (2004~30年)
  • 6. ポリエチレンテレフタレート (PET) フィルムの動向と展望
    • (1) ポリエステル (PET) フィルムの市場概況と動向
      • ① 太陽電池用PETフィルム世界生産量推移・予測 (2010~30年度)
      • ② 太陽電池用PETフィルム世界生産量シェア (2018~19年度)
  • 7. ポリエステル (PET) フィルム関連メーカーの動向と展望
    • (1) 倉敷紡績 株式会社
    • (2) 東洋紡 株式会社
    • (3) 東レ 株式会社
    • (4) 富士フイルム 株式会社
    • (5) 三菱ケミカル 株式会社
      • ① 太陽電池用バックシート世界市場推移・予測 (2010~20年度)
      • ② 太陽電池用バックシート世界市場シェア (2018~19年度)
  • 8. 太陽電池用バックシート関連メーカーの動向と展望
    • (1) 大日本印刷 株式会社
    • (2) 東洋アルミニウム 株式会社
    • (3) 凸版印刷 株式会社
    • (4) 三菱アルミニウム 株式会社
    • (5) リンテック 株式会社 位s機会社
  • 9. 太陽電池用封止材メーカーの動向と展望
    • (1) 旭化成 株式会社
    • (2) 倉敷紡績 株式会社
    • (3) 株式会社 クラレ
    • (4) 住友化学 株式会社
    • (5) 積水化学工業 株式会社
    • (6) 東ソー 株式会社
    • (7) 株式会社 ブリヂストン
  • 10. 太陽電池用ガラスメーカーの動向と展望
    • (1) AGC 株式会社
    • (2) 岡本硝子 株式会社
    • (3) セントラル硝子 株式会社
    • (4) 日本電気硝子 株式会社
    • (5) 日本板硝子 株式会社
  • 11 太陽電池用コネクタの動向と展望
    • (1) 太陽電池用コネクタの市場概況と動向
      • ① 太陽電池用コネクタ世界市場推移・予測 (2010~20年度)
      • ② 太陽電池用コネクタ世界市場シェア (2016~17年度)
  • 12. 太陽電池用コネクタ関連メーカーの動向と展望
    • (1) SMK 株式会社
    • (2) ホシデン 株式会社
    • (3) 本多通信工業 株式会社
    • (4) 山一電機 株式会社
  • 13. 太陽光発電システム関連デバイス・機器の動向と展望
    • (1) 太陽光発電デバイス・機器の動向と展望
    • (2) 太陽光発電用デバイスの動向と展望

第Ⅴ章 太陽光発電関連企業・メーカーの動向と展望

  • 1. 国内セル・モジュール関連企業の動向と展望 (個票:2018~22年度)
    • (1) 株式会社 カネカ
    • (2) 京セラ 株式会社
    • (3) シャープ 株式会社
    • (4) ソーラーフロンティア 株式会社
    • (5) 長州産業 株式会社
    • (6) 株式会社 東 芝
    • (7) パナソニック 株式会社 (マレーシア工場譲渡)
    • (8) 三菱電機 株式会社 (自社ブランド撤退予定)
  • 2. 太陽電池製造・検査装置関連企業の動向
    ( 株式会社 アルバック/インスペック 株式会社 / 株式会社 エヌ・ピー・シー/オリジン電気 株式会社 /タカノ 株式会社 /日清紡メカトロニクス 株式会社 /日立造船 株式会社 / 株式会社 フェローテックHD/横河電機 株式会社 )
  • 3. 太陽電池世界・国内メーカーの戦略 (表)

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5/A4判 並製本 220ページ

発行年月

2020年1月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 90,000円(税別)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/12 ペロブスカイト太陽電池の材料開発、作製技術と耐久性向上 オンライン
2022/7/12 2050年カーボンニュートラルに向けた水素関連・二酸化炭素資源化関連技術の現状と今後 オンライン
2022/7/20 蓄熱蓄冷・熱エネルギー搬送技術の基礎とそのシステム化技術および最新研究の動向とその新展開 オンライン
2022/7/21 水素社会を展望するための基礎と関連デバイス オンライン
2022/7/27 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン
2022/7/28 CO2排出量削減のための電化、再エネ技術の導入と進め方 オンライン
2022/7/28 水素貯蔵材料の基礎と今後の展望 オンライン
2022/8/2 燃料アンモニア製造技術と将来展望 オンライン
2022/8/4 国際エネルギー情勢の危機と原油価格・LNG価格展望、および日本企業がとるべき経営戦略 オンライン
2022/8/9 脱炭素社会実現に向け期待される"バイオものづくり" 微生物の有効活用技術とその未来 オンライン
2022/8/10 CO2からワンパスで低級オレフィン等の有用物質を合成する触媒の開発 オンライン
2022/8/19 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウム、コバルト、ニッケル等のレアメタルと希ガスの今後の見通し オンライン
2022/8/24 グリーン水素製造のための光触媒を用いた「人工光合成」の基礎と応用、課題、最新動向 オンライン
2022/8/24 グリーン水素製造・輸送における要素技術および実用化に向けた課題・動向 オンライン
2022/8/26 グリーン燃料と化学品製造技術と動向 オンライン
2022/8/26 水素キャリアおよび脱炭素燃料としてのアンモニア オンライン
2022/8/29 脱炭素におけるバイオマスの最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン
2022/8/29 メタネーション技術の過去・現在・未来 オンライン
2022/8/31 脱炭素・再生可能エネルギー超大量導入時代の「エネルギー貯蔵」 オンライン
2022/9/1 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2014/2/20 電力監視装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/30 リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術
2014/1/25 京セラ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 京セラ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/24 2014年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2014/1/20 太陽電池 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/20 太陽電池 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/13 2014年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2013/12/10 太陽光発電向けパワーコンディショナ 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/10 太陽光発電向けパワーコンディショナ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/8 2014年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2013/9/27 リチウムイオン2次電池の革新技術と次世代2次電池の最新技術
2013/8/1 高効率蓄熱技術の開発
2013/7/29 2013年版 スマートメーター市場の実態と将来展望
2013/7/10 多様な熱源に対応する熱電発電システム技術
2013/6/25 ヒートポンプ〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/25 ヒートポンプ〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/21 2013年版 風力発電市場・技術の実態と将来展望
2013/5/29 化学品生産 / 石油からシェールガスへの転換
2013/5/24 分散型電源導入系統の電力品質安定化技術