技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

微生物の分離・培養・同定の基礎&実践講座

微生物の分離・培養・同定の基礎&実践講座

~微生物の基礎的事項、同定の手法や実践的なテクニック、異物検査や異常品発生時の分析手法など幅広く解説~
オンライン 開催

視聴期間は2024年6月3日〜13日を予定しております。
お申し込みは2024年6月11日まで承ります。

概要

本セミナーでは、微生物の分離・培養・同定について基礎から解説いたします。
また、分析機器がなくてもできる、簡易的な細菌同定手法についても紹介いたします。

開催日

  • 2024年6月11日(火) 12時30分 2024年6月13日(木) 16時30分

修得知識

  • 微生物検査を行う上で必要な基礎知識
  • 簡易的な細菌同定試験手法
  • 微生物が原因とされるクレーム品等の分析手法

プログラム

 昨今、微生物の同定試験は機器分析によって比較的簡単に結果が得られる時代となりました。しかしながら、微生物同定を行う者は基本的な微生物の知識、分類の知識が必要であり、これらを理解した上で同定試験を行う必要があります。
 本講演では、微生物の基礎的事項から、微生物同定試験を行うにあたって知っておきたい分類や同定の知識、同定の手法や実践的なテクニック、そして応用技術として異物検査や異常品発生時の分析手法についてもご紹介致します。
 講演の中ではDNAシークエンサー、MALDI-TOF MS等の同定分析機器が無くても検査室でできる簡易的な細菌同定手法について詳しくご紹介しますので、これまで微生物同定試験を行っていなかった検査室において、微生物同定試験をはじめるきっかけになれば幸いです。

  1. 微生物の基礎知識
    1. 微生物とは
    2. 微生物の増殖について
    3. 芽胞とは
  2. 微生物同定の基礎知識
    1. 微生物の分類・同定・命名
    2. 衛生試験と同定試験の違い
  3. 微生物同定の手法と歴史
    1. 生理学的性状試験による同定手法
    2. 化学分析による同定手法
    3. 同定キットによる同定手法
    4. 遺伝子解析による同定手法
    5. MALDI-TOF MSによる同定手法
  4. 微生物同定における基本操作
    1. 分離・培養・観察の基本操作・テクニック
    2. 細菌の基本的生理学的性状試験〜簡易的な同定の手法
  5. 微生物の保存方法
  6. 微生物が関与した異物・異常品の分析法

講師

  • 前川 幸子
    一般財団法人 日本食品分析センター Japan Food Research Laboratories 微生物部
    課長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年6月3日〜13日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は別途、送付いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/30 微生物による二酸化炭素固定、カーボンリサイクルの現状と将来展望 オンライン
2024/5/31 微生物の分離・培養・同定の基礎&実践講座 オンライン
2024/6/13 滅菌製品の微生物 (バイオバーデン) 測定試験の基礎およびバリデーション要求と管理要求対応のポイント オンライン
2024/6/14 微細藻類・海洋微生物の燃料・素材等への応用と最新動向 オンライン
2024/6/19 バイオフィルムの制御・評価・対策技術および最新の研究動向 オンライン
2024/6/21 微細藻類・海洋微生物の燃料・素材等への応用と最新動向 オンライン
2024/6/24 化粧品技術者に求められる微生物保証の基礎知識と理想的な防腐剤・殺菌剤の使用 オンライン
2024/6/24 バイオ医薬品製造におけるGMP対応をふまえたプロセス開発からの設備設計・スケールアップ オンライン
2024/6/25 バイオフィルムの制御・評価・対策技術および最新の研究動向 オンライン
2024/6/28 PIC/S GMP Annex1を踏まえた滅菌製品・無菌医薬品の微生物試験とバリデーションのポイント オンライン
2024/6/29 非無菌医薬品における微生物学的品質管理の必要レベルと微生物限度試験法実施事例 2023 オンライン
2024/7/3 化粧品技術者に求められる微生物保証の基礎知識と理想的な防腐剤・殺菌剤の使用 オンライン
2024/7/4 バイオ医薬品製造におけるGMP対応をふまえたプロセス開発からの設備設計・スケールアップ オンライン
2024/7/10 PIC/S GMP Annex1を踏まえた滅菌製品・無菌医薬品の微生物試験とバリデーションのポイント オンライン
2024/7/18 化粧品・医薬部外品の防腐処方設計及び適切な試験・評価法 オンライン
2024/7/19 マイクロバイオーム創薬における生菌製剤化/開発技術と品質管理・有効性評価 オンライン
2024/7/31 滅菌製品および無菌医薬品における微生物試験の実務とバリデーションのポイント オンライン
2024/7/31 マイクロバイオーム創薬における生菌製剤化/開発技術と品質管理・有効性評価 オンライン
2024/8/13 滅菌製品および無菌医薬品における微生物試験の実務とバリデーションのポイント オンライン