技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

空飛ぶクルマの市場動向と社会実装委向けた研究開発

空飛ぶクルマの市場動向と社会実装委向けた研究開発

オンライン 開催

アーカイブ配信で受講をご希望の場合、視聴期間は2024年4月30日〜5月10日を予定しております。
アーカイブ配信のお申し込みは2024年5月8日まで承ります。

概要

本セミナーでは、空飛ぶクルマ市場の現状から関連する要素技術、ビジネス展開へのヒントまでを解説いたします。

開催日

  • 2024年4月25日(木) 13時00分 15時10分

受講対象者

  • 自動車、自動車部品開発製造に関わる方
  • 航空機、航空機部品、開発製造やその他機体関連に携わる方
  • 地上、航路などの運航サービスや管制システム関連に携わる方
  • 新規事業ビジネスに関わる方

修得知識

  • 空飛ぶクルマ国内外の動向
  • 空飛ぶクルマに関わる要素技術
  • 空飛ぶクルマビジネスを国外へ展開するための予備知識

プログラム

第1部 空飛ぶクルマ市場の現状と将来展望

 空飛ぶクルマは新しい空のモビリティとして世界中で注目されており、2025年頃には欧州、米国、そして日本国内でも実装が開始される予定となっている。本講義では空飛ぶクルマの一般的な基礎知識から、国内で進められている実装に向けた動きを中心に動きや世界全体の将来展望、今後の可能性を示し、空飛ぶクルマビジネス創出、展開のための情報を提供する。

  1. 空飛ぶクルマとは?
    1. 空飛ぶクルマの歴史
    2. 国内初の空飛ぶクルマ
    3. 航空機としての空飛ぶクルマ位置づけ
    4. 空飛ぶクルマタイプ詳細
  2. 空飛ぶクルマ市場の概況
    1. 市場規模予測のポイント
      1. 年〜2050年の世界市場規模予測
      2. 年〜2050年の国内市場規模予測
  3. 大阪・関西万博での実装に向けた取り組み
    1. 機体開発に伴う国としての動き
    2. 万博での機体運航事業者と会場内バーティポート運営協賛企業
    3. 選定機体メーカーと関連企業の動き
    4. 国内機体メーカーSkyDriveについて
    5. 万博会場内外2地点間運航の各社イメージ
    6. バーティポート運営企業について
    7. 万博開催地である大阪府での取り組み
  4. 国内各地での空飛ぶクルマ誘致に伴う自治体動向
    1. 三重県の取り組み
    2. 東京都の取り組み
    3. 大分県大分市の取り組み
    4. 愛媛県の取り組み

第2部 空飛ぶクルマの社会実装に向けた研究開発の取り組み

 空飛ぶクルマはヒト・モノの新しい移動手段として、機体開発や運航管理技術などの研究開発や実証実験、法整備などのルール作りが進んでおり、今後の市場拡大が期待されています。
 NEDOにて研究開発中の要素技術、および、技術を社会実装につなげるための国際標準化への取り組みについて紹介します。

  1. 空飛ぶクルマに関連する国内外の状況
  2. NEDO研究開発プロジェクト
  3. 研究事例
  4. 国際標準化への取り組み
  5. 研究開発成果の発信

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 33,000円 (税込)
複数名
: 15,000円 (税別) / 16,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 15,000円(税別) / 16,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 25,000円(税別) / 27,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 30,000円(税別) / 33,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,000円(税別) / 33,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

  • 「Zoom」を使ったライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルを配布予定です。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年4月30日〜5月10日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2024/4/15 無人配送車・システム 技術開発実態分析調査報告書
2024/4/15 無人配送車・システム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2024/4/8 自動車車内の音静粛化技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2024/4/8 自動車車内の音静粛化技術 技術開発実態分析調査報告書
2024/1/31 車室内空間の快適性向上と最適設計技術
2024/1/29 ロケット 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2024/1/29 ロケット 技術開発実態分析調査報告書
2023/11/14 x/zEV用電池の拡大 (目標、現状とグローバルな態勢) [書籍 + PDF版]
2023/11/14 x/zEV用電池の拡大 (目標、現状とグローバルな態勢)
2023/7/6 x/zEVへの転換2023 (各国の現状、目標と課題)
2023/7/6 x/zEVへの転換2023 (各国の現状、目標と課題) [書籍 + PDF版]
2022/6/30 自動運転車に向けた電子機器・部品の開発と制御技術
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発