技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの最新動向と今後日本企業がとるべき事業戦略

燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの最新動向と今後日本企業がとるべき事業戦略

~国内外における燃料電池車の市場・政策動向 / 水素・アンモニアエネルギー開発の現状と今後の展望~
東京都 開催 会場・オンライン 開催

アーカイブ配信で受講をご希望の場合、視聴期間は2024年3月5日〜18日を予定しております。
アーカイブ配信のお申し込みは2024年3月5日まで承ります。

概要

本セミナーでは、電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車など次世代自動車の世界的な市場動向や各国の関連政策動向と車載用途も増え、更なる供給の逼迫が予想されるリチウムイオン電池原料 (リチウム、コバルト) の開発状況、価格動向について解説いたします。

開催日

  • 2024年2月20日(火) 13時00分 16時30分

プログラム

 脱炭素の切り札といえるアンモニア社会、水素社会は、夢の技術ではなく、2030年に向けた現実の技術として着々と動き始めている。ウクライナ危機と中東情勢の緊張化による国際エネルギー情勢の混乱、最近の記録的な猛暑と干ばつ、暴風雨等により、脱炭素への要請は一段と強まっている。
 日本は、カーボンニュートラル (温室効果ガス排出実質ゼロ) 実現に向けて、世界に先駆けて2017年に水素基本戦略を策定してから6年ぶりの2023年6月6日に改訂した。脱炭素の切り札といえる水素の供給を増やし、生産コストの低減による一層の普及を目指すこととした。具体的には、12040年の水素供給量を現在の6倍の1,200万トンとし、2水を電気分解して水素をつくりだす水電解装置と触媒等の素材への投資を行い、3今後15年間に官民合わせて15兆円の投資を行い、4割高な水素普及のために、天然ガスをはじめとした他のエネルギーとの価格差を支援する。エネルギー安全保障、エネルギー自給率の向上、化石燃料依存からの脱却、経済成長の同時達成の観点から、燃焼しても炭酸ガスを排出しない、アンモニア、水素社会構築を目指す。日本が先頭を走っていた水素社会の実現については、ウクライナ危機を経て、欧州諸国、米国、中国等が、相次いで強力な水素戦略を打ち出し、日本を猛追している。EU (欧州連合) は、2022年9月に、域内生産と輸入により、2030年までに年間2,000万トンのグリーン水素を調達すると表明している。ドイツは水素の固定価格買取制度を創設し、2024年には水素取引市場を開設する。英国は他のエネルギーの市場価格との差を補填する。日本も、2050年のカーボンニュートラルの実現、2030年度の温室効果ガス排出量46%削減には、2030年の1年間に17兆円、今後の10年間に官民合わせて150兆円に達する投資が必要となると試算している。水素、アンモニアについては、政府による支援がなければ導入拡大は見込めないとして、積極的な支援の必要性を打ち出している。水素社会、アンモニア社会を実現するために、2030年の水素供給コストを、現時点の1立方メートル当たり100円から30円に、アンモニアを20円から10円台後半に引き下げる目標を設定する。日本のみならず、欧米先進国も、ロシア産石油・天然ガス依存からの脱却、エネルギー安全保障、脱炭素と経済成長の両立を目指し、水素、アンモニア社会への動きを加速している。
 一度は電気自動車に敗北したかにみえた、燃料電池が見直されるようになっており、水素・燃料電池戦略協議会が、ロード・マップを策定し、定置型燃料電池、燃料電池車の普及、水素供給システムの確立、水素発電、水素還元製鉄等の目標を掲げている。日本では、世界でいち早く量産化された家庭用燃料電池 (エネファーム) は、2023年9月には累計販売台数が49万台を突破し、2030年までに530万台に拡大するという意欲的な目標が出されている。米国カリフォルニア州、中国をはじめとして、ZEV (炭酸ガス排出ゼロ車) の拡大が求められる中において、燃料電池車は、水以外の汚染物質を一切出さない。日本が世界に先駆けて、安価な燃料電池車の普及を計画し、2025年には世界で180万台、日本で20万台とし、日本国内においては、2030年に80万台、2040年に300万台〜600万台、航続距離1,000キロメートルという具体的な目標を設定している。世界の水素ステーションは3,100ヵ所に達すると見込まれる。今後2030年に向けて、燃料電池を利用した輸送用機械を世界合計1,000万台とする目標を掲げ、燃料電池による次世代自動車用燃料として、水素、天然ガス、低品位炭の利用が大幅に増加することが見込まれる。
 脱炭素実現に向けて、米国、中国、ドイツ、韓国は、水素社会を国家戦略に位置づけている。日本は、2030年には日本国内の水素市場は1兆円、2050年には、水素ステーション、燃料電池車、水素発電所をはじめとした水素インフラストラクチャー市場は、日本で8兆円、世界で160兆円、関連市場も含めると280兆円規模という大きなビジネス・チャンスが期待されている。それと同時に、アンモニアも、脱炭素エネルギーの切り札として、注目されている。エネルギー基本計画において、2030年度の電源構成の1%に、炭酸ガスを排出しないアンモニアと水素を利用することを明記した。アンモニアは、水素とともに、石炭火力発電、天然ガス火力発電の燃料に混ぜて、炭酸ガス排出削減を実現し、船舶燃料としての利用も考えられ、化学製品生産の有力なエネルギーとなることが期待されている。2050年には、世界のエネルギー需要の24%は、水素エネルギーが占めるという予測も行われており、世界の水素需要は年間6億トンを超えることが見込まれている。
 家庭用燃料電池、燃料電池車、燃料電池トラック、燃料電池バス、水素ステーション、水素発電、水素エンジン、水素還元製鉄、アンモニア船舶をはじめとした水素とアンモニアを取り巻く最新動向と、欧米諸国、中国の追い上げに負けない、脱炭素時代の経済再生策と気候変動対策、アンモニア・水素社会の2030年に向けての将来動向ととるべき日本企業の経営戦略について、資源エネルギーの第一人者が分かりやすく詳説する。

  1. ウクライナ危機と中東危機におけるアンモニアと水素社会
    • 2024年の動き
  2. 日本における水素基本戦略の改訂と新たな水素経済
    • 生産コストの低減
  3. 世界における意欲的な水素戦略の最新動向
    • 米国、中国、EUの支援策
  4. 新たなエネルギー基本計画におけるアンモニアと水素の位置づけ
  5. 世界における燃料電池車への政策動向の今後
    • EUと中国
  6. 日本における燃料電池車への政策の今後
    • 燃料電池車の低価格化と量産化
  7. 燃料電池車のメリットとデメリット
    • 電気自動車と比較したトラックの強み
  8. 世界最先端の日本における燃料電池車開発の最新動向と今後
    • トヨタの提携
  9. 日本と世界における定置型燃料電池の可能性と市場規模
  10. 燃料電池の新たな可能性
    • フォークリフト
    • トラック
    • バス
    • 鉄道
    • 船舶
  11. 水素ステーションの普及の可能性と市場規模
    • 普及支援策と各社の動向
  12. 水素エネルギー開発の現状と水素エネルギーの課題
    • 輸送と貯蔵の手段
  13. 水素価格の動向と水素エネルギーの経済性の今後
    • 量産と水電解装置
  14. 水素社会のインフラストラクチャー整備を取り巻く市場規模
    • 資金調達
  15. 水素に加えたアンモニアの脱炭素エネルギーとしてのメリット
  16. アンモニアを燃料とした発電の可能性
    • 石炭火力発電の混焼への動き
  17. 水素ビジネス展開における大きな裾野と、日本企業・欧州・中国の覇権競争
  18. グリーンアンモニア、グリーン水素の安価な生産への中東、豪州の動き
  19. 水素発電、水素還元製鉄等の今後の可能性
    • 2050年へのロード・マップ
  20. 水素社会構築に向けて日本企業がとるべき今後の事業戦略とチャンス
    • 質疑応答

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第2特別講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,700円 (税別) / 46,970円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

会場受講の複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,700円(税別) / 46,970円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

オンライン受講割引

  • オンライン受講の場合、1名様 32,400円(税別) / 35,640円(税込) で受講いただだけます。
  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 32,400円(税別) / 35,640円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 申込みフォームの受講方法から「オンライン」をご選択ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

会場受講 / アーカイブ配信対応セミナー

会場受講 または オンラインセミナー (アーカイブ配信) のいずれかをご選択いただけます。
お申し込みの際、受講方法の欄にて、会場受講またはオンライン受講をご指定ください。
オンラインセミナーの申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。​

オンラインセミナーをご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 視聴期間は2024年3月5日〜18日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は印刷・郵送いたします。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/2/26 水素貯蔵・輸送材料および技術の課題・動向と水素エネルギー社会実現への展望 オンライン
2024/2/28 高分子膜のガス透過メカニズムと高分子CO2分離膜の技術動向 オンライン
2024/3/5 燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの最新動向と今後日本企業がとるべき事業戦略 オンライン
2024/3/7 次世代電池の種類、特徴とバインダーの展望 オンライン
2024/3/8 トヨタの動きと国内外OEM動向の対比 オンライン
2024/3/12 リチウムイオン電池の基礎と高性能化を実現する最新技術 オンライン
2024/3/14 EV用リン酸マンガン鉄リチウムイオン (LMFP) 電池の市場と技術展望 オンライン
2024/3/14 膜によるガス分離の基礎と低炭素化志向の研究開発の動向 オンライン
2024/3/18 LIB劣化の原因分析と改善策: 安全性と寿命の向上技術解説 オンライン
2024/3/19 カルマンフィルタ/逐次最小二乗法によるリチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定法 オンライン
2024/3/20 膜によるガス分離の基礎と低炭素化志向の研究開発の動向 オンライン
2024/3/22 燃料アンモニアの基礎と利用技術および最新動向 オンライン
2024/3/22 EU電池規則 要点解説 続報と要点解説 オンライン
2024/3/25 リチウムイオン電池の基礎と高性能化を実現する最新技術 オンライン
2024/3/27 分散型電源システムの最新動向と事業展開 オンライン
2024/3/28 グリーン水素社会のための水電解の現状、動向及び展望 オンライン
2024/4/10 分散型電源システムの最新動向と事業展開 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/9/8 2024年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2023/6/9 2023年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2023/4/6 電池の回収・リユース・リサイクルの動向およびそのための評価・診断・認証
2023/3/10 2023年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2023/2/17 2023年版 水素エネルギーの市場予測と将来展望
2022/12/28 カーボンニュートラルに向けた水素製造・P2Gと関連技術の最新動向
2022/12/9 2023年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2022/9/30 水素の製造とその輸送、貯蔵、利用技術
2022/9/16 2022年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2022/8/19 2022年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2022/7/15 2022年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2022/6/30 二次電池の材料に関する最新技術開発
2022/6/27 アンモニアの製造及び活用技術 (CD-ROM版)
2022/6/27 アンモニアの製造及び活用技術
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/11/19 世界のカーボンニュートラル燃料 最新業界レポート
2021/11/12 2022年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望