技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

事業戦略策定のための知財戦略

事業戦略策定のための知財戦略

~技術開発を成功させるための課題 / 解決手段展開とパテントポートフォリオ構築 / 事業に勝ち抜くための知財戦略を支える特許情報活用~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、研究テーマの選定、技術戦略策定のための特許情報解析ノウハウを、事例を交えて分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2023年2月16日(木) 10時00分 16時00分

修得知識

  • 技術開発成功のベースとなる問題発見法と課題設定法
  • 設定された課題に対するロジカルでミッシーな解決手段の展開法
  • 技術開発成果を保護するためのパテントポートフォリオの構築法
    (戦略データベースSDB、QFDの活用)
  • 技術戦略の策定・推進における特許情報活動の進め方

プログラム

第1講 技術開発を成功させるための課題/解決手段展開とパテントポートフォリオ構築

(10:00〜12:30)

技術開発を成功させるための要件 (KSF) を挙げれば、以下の3点に集約される。

  • 良い技術開発課題を探索し、設定する。
  • 技術開発課題に対し、最適な解決手段を創出する。
  • 成果を高い参入障壁で守る。

 技術開発を始めるにあたって、ちょっと面白いなという程度で課題を選んでいたら、本当に大切なことをやるひまがないうちに、時間がなくなり、企業が衰退してしまう。大切なのはいかにオリジナルで重要度の高い課題を見つけるか、である。
 技術開発課題を設定し、解決手段の創出を進めるにあたっては、いかに良い解決手段を創出するかがポイントになる。たまたま思いついた解決手段の開発に成功したとしても、他者がもっと優れた解決手段の開発に成功すれば、市場での成功、企業としての成功は望めない。
 技術開発成果を事業として成功させるためには、それが高い参入障壁によって保護されていることが必要である。誰でもまねができ、誰でも参入できる状況であれば、例え先行者であったとしても、技術開発に投入した経営資源を回収することはできない。旭化成の吉野彰氏がノーベル賞を受賞できたのは、以上の要件を全て達成したからに他ならない。
 本講演では、吉野彰氏の業績も紹介しつつ、これらのKSFについて、企業において技術開発を担当する方々あるいは技術開発を支援する方々の指針となる考え方、およびすぐに実践できる方法論を解説する。

  1. 技術開発成功のKSF
    1. 良い課題を探索し、設定する。
    2. 良い解決手段を創出する。
    3. 成果を高い参入障壁で守る。
  2. どのように課題を探索・設定するか
    1. 問題発見から問題解決までのプロセス
    2. 問題の探索法
      • 顕在型
      • 潜在型
      • 創発/提案型
    3. 問題の明確化
    4. 課題の設定
  3. どのように解決手段を創出するか
    1. 課題/解決手段展開の基本的な考え方
    2. 展開事例の解説
  4. 参入障壁としてのパテントポートフォリオの構築
    1. パテント・ポートフォリオ構築の必要性
    2. 特許情報の解析をベースとするパテントポートフォリオの構築
    3. QFDを活用したパテントポートフォリオの構築
  5. 事業戦略の展開に合わせたパテントポートフォリオの構築
    1. 事業戦略のサイクルと知財のサイクル
    2. 知財サイクルにおける選択肢と決定
    3. パテントポートフォリオの構築
  6. リチウムイオン二次電池の開発成功事例の紹介

第2講 事業に勝ち抜くための戦略的課題展開型発明生産手法

〜iDメソッドを用いた実践的知財戦略〜

(13:30〜16:00)

事例紹介を通じて事業に勝ち抜くための実践的な知財活動を知って頂く。
事例紹介では、V字回復で有名な富士フイルム医療事業分野での知財戦略活動の紹介も行う。

  • はじめに <知財部の危機意識>
    • 危機意識が欠如した知財部員が知財活動をダメにする
    • 事業転換に成功した富士フイルムの知財部危機意識の紹介
  1. 事業に勝ち抜くための知財戦略とは
    • なぜ御社の知財戦略は機能していないのか?
  2. 事業に勝ち抜くための知財戦略を支える特許情報活用
    • フレームワークの活用事例 (ステント)
  3. 事業に勝ち抜くための知財戦略を支える課題発展的発明生産手法
    • 一般的な発明生産手法
    • 事業で勝ち続ける発明生産手法「iDメソッド」
  4. iDメソッドの体験演習

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/4 研究開発テーマ、プロジェクトにおける費用対効果の数値化と算定方法 オンライン
2024/3/4 医薬品開発プロジェクトの不確実性を含めた事業性評価の実践 オンライン
2024/3/5 技術ロードマップ作成入門と実践的活用法 オンライン
2024/3/5 他社特許の分析手法と弱点の見つけ方 オンライン
2024/3/5 研究開発・製品開発投資の収益性評価と費用配賦の考え方・進め方 オンライン
2024/3/7 技術の横展開による新規事業テーマの発掘と進め方 会場
2024/3/8 新規事業テーマの評価と中止/撤退判断の仕方 オンライン
2024/3/12 研究開発部門による3つの重要要素に基づく骨太の事業戦略の策定 オンライン
2024/3/13 知財インテリジェンス活動の進め方と組織体制、他部門との連携の仕方 オンライン
2024/3/13 バイオシミラーへの診療報酬評価と開発、普及への取り組み オンライン
2024/3/15 研究開発部門が行う高収益ビジネスモデルの構築 オンライン
2024/3/15 実験自動化によるR&Dの効率化とその進め方 オンライン
2024/3/15 アンメット医療ニーズ応答・事業価値最大化を実現するR&D-C戦略 オンライン
2024/3/18 他社特許の分析手法と弱点の見つけ方 オンライン
2024/3/19 国内の主要な化学物質規制の最新動向とリスクアセスメントの適切な進め方 オンライン
2024/3/20 アンメット医療ニーズ応答・事業価値最大化を実現するR&D-C戦略 オンライン
2024/3/21 特許制度、分かっていますか? オンライン
2024/3/22 特許調査・知財業務への生成AI/ChatGPTの活用法 オンライン
2024/3/22 生成AIを活用した創薬研究・実用化における特許戦略 (取得・活用) オンライン
2024/3/25 技術戦略のシステム思考 (第3の道) による再構築法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/8/31 研究開発部門と他部門の壁の壊し方、協力体制の築き方
2022/7/29 費用対効果に基づく外国特許出願国の選び方・進め方
2022/4/28 研究開発部門へのDX導入によるR&Dの効率化、実験の短縮化
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書
2021/10/29 “未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2020/10/30 研究開発者のモチベーションの高め方と実践事例
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/1 軸受の密封 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)