技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ミリ波レーダ技術と自動車への応用

ミリ波レーダ技術と自動車への応用

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、ミリ波レーダ技術の基礎とADAS向けセンサとしての応用動向を解説いたします。

開催日

  • 2022年9月1日(木) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • ミリ波レーダに関連する技術者、開発者、研究者、管理者
    • 電子部品
    • 電装品
    • 自動車
    • 通信
    • 航空機など
  • 車載用ミリ波レーダやミリ波レーダの応用を検討している方
  • ミリ波レーダの研究開発を始めようとしている技術者

修得知識

  • レーダ技術の基礎および応用
  • レーダ信号処理技術やレーダシステム設計
  • ミリ波レーダモジュール技術
  • 非接触による呼吸・心拍・血圧検出などミリ波応用システム技術

プログラム

 自動運転社会では,雨や霧など多様な条件下でも自車位置や道路状況を把握して安全走行することが求められている。同様に乗客など車室内の把握も重要で,例えば自動運転レベル3ではドライバーの体調急変による車両の自動停止や緊急通報システムが求められている。
 本セミナーでは,レーダ技術の基礎とミリ波レーダの高度化技術を概説した後に自動運転で重要になるミリ波レーダによる自車位置推定ならびにドライバーの体調変化など車室内モニタリングなど最新技術を紹介する。

  1. レーダ技術の基礎
    1. 電波伝搬
    2. 信号検出
    3. 基本性能
    4. レーダ方程式とレーダ断面積
    5. レーダ方式
  2. ミリ波レーダの高度化技術
    1. 最新動向
    2. 高度化技術
    3. 応用技術
    4. 法規と規格
  3. ミリ波レーダによる自動運転
    1. 自動運転とセンサ技術
    2. 自動運転と自車位置推定
    3. 自動運転と車室内モニタリング
    4. レーダ間干渉と干渉抑圧技術
  4. ミリ波レーダの今後と展望

講師

  • 梶原 昭博
    北九州市立大学 国際環境工学部 情報メディア工学科
    教授 / 理事 / 副学長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)
複数名
: 18,000円 (税別) / 19,800円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 18,000円(税別) / 19,800円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 54,000円(税別) / 59,400円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/10/3 自動車の電動化動向とLIB (リチウムイオン電池) 、関連部材の事業動向および日本の課題 オンライン
2022/10/12 欧州における車載樹脂のリサイクル技術の動向 オンライン
2022/10/13 リチウム、コバルト、ニッケル等のレアメタルと希ガスの見通しと次世代自動車計画の動き オンライン
2022/10/14 振動工学実践講座 オンライン
2022/10/17 自動運転、AI搭載システムの安全設計と安全性論証技術 オンライン
2022/10/19 各種部品・材料への「ミリ波」の吸収・反射・透過メカニズムと評価解析・その可視化 オンライン
2022/10/21 EV化により留意したい騒音と対策技術 オンライン
2022/10/24 電磁波・ノイズ対策部品の5G/Beyond5Gに向けた開発 オンライン
2022/10/27 LiDARの基礎と選定方法およびシステム構築への応用技術・今後の展望 オンライン
2022/10/28 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 オンライン
2022/11/1 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2022/11/9 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 大阪府 会場
2022/11/15 電気自動車 (EV) における振動騒音現象とその対策 オンライン
2022/11/16 航空機産業の動向と空飛ぶクルマの可能性 オンライン
2022/11/17 深層学習による画像認識とその判断根拠の可視化 (視覚的説明) オンライン
2022/11/18 CAEを活用した樹脂部品開発、自動車会社での先進的活用 オンライン
2022/11/26 航空機産業の動向と空飛ぶクルマの可能性 オンライン
2022/11/30 LiDARの基礎と活用技術および最新動向と今後の展望 オンライン
2022/12/6 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) の基礎と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 東京都 会場
2022/12/14 Vision Transformerの仕組み オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/6/30 自動運転車に向けた電子機器・部品の開発と制御技術
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望