技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

Excelを使用した統計学の基礎と実践 (2日間講座)

Excelを使用した統計学の基礎と実践 (2日間講座)

~Excel演習ファイル付き~
オンライン 開催 演習付き

開催日

  • 2022年6月6日(月) 10時00分 16時00分
  • 2022年6月27日(月) 10時00分 16時00分

修得知識

基礎編

  • ビジネス現場の実務で必要な統計学の活用法
  • データを視覚化するポイント
  • 業務改善や意思決定に役立つデータの見方、統計的な考え方
  • データを扱う際に発生する統計的な誤り
  • 未来を予測するデータの解析方法

実践編

  • データがばらつく要因を分解する考え方
  • 3つ以上の要因の最適解を得る手順
  • 改善の効果が出ているかを検定する方法
  • 統計学検定2級レベルを目指す方の実践

プログラム

 デジタル時代のビジネスパーソンには、ビックデータをどう分析するか、分析結果をどのように活用するかが大切なスキルになります。データの分析には、統計学の知識が欠かせません。
 本セミナーでは、ビジネスパーソンに必要なデータ分析と統計の基礎から実践までを座学とExcelによる演習や事例を通じて2日間で習得いたします。1日目は基礎編として、データの代表値と散布値、データ分布の視覚化、データから未来を予測する回帰分析などについて解説します。2日目は実践編として、データから重要な要因を発掘する散分析、最適要因の組合せを追求する実験計画法、改善効果の検定などについて解説します。
 また、参加者の統計スキルを短時間で向上させるために受講前のキーワード確認、受講後の復習問題でのフォローアップも充実しています。

1日目 基礎編

  1. デジタル時代に必要な統計的な見方と使い方
    1. データ分析に役立つ統計スキルとは
    2. サンプルデータで全体像を把握する
    3. 課題解決・意思決定に役立つデータの見方と使い方
    4. 課題解決・意思決定に必要な正しいデータの取り方と使い方
    5. データ分析に使う代表値と散布値とは
      • Excelで代表値と散布値を計算する
    6. 変数データの分布を視覚化する
    7. データの集中度合いを一目であらわすヒスグラム
    8. ヒストグラムを作成しよう
    9. ヒストグラムのチェックポイント
    10. ヒストグラムの形からデータの分布を推定する
    11. ヒストグラムと規格値を比較する
      • Excelでヒストグラムを作成する
  2. 代表的なデータ分布を視覚化する
    1. データ分布の代表は正規分布と二項分布
    2. 正規分布の見方と考え方
    3. 平均値と標準偏差が異なる正規分布を比較する
    4. 正規分布データを足し算する
    5. 統計的な間違いは2つのパターンがある
      • Excelで統計的な間違いを計算する
    6. 変数以上のデータ分布を視覚化する
    7. 散布図で対応するデータの関係 (相関) を読む
    8. データの相関を数値化した相関係数とは
    9. 散布図を直線で分析する
    10. 複数の要因を扱う重回帰分析とは
    11. 未来を予測する回帰式の精度を調べる
      • Excelで重回帰分析を実践する
      • ビジネス現場での統計活用事例

2日目 実践編

  • 1日目 基礎編の復習
  1. どんなデータでも分けて解析すれば怖くない
    1. データの活用は分けることから始まる
    2. データを共通要因と個別要因に分解する
    3. 要因の影響度を視覚化する分散分析とは
    4. 一元配置 (一要因) データを分解する
    5. 二元配置 (二要因) データを分解する
      • Excelで分散分析表を作成する
  2. 実験計画法で効率的に最適案を検討する
    1. 多元配置 (三要因以上) データを扱う実験計画法とは
    2. 実験の計画を立案する直交表と線点図とは
    3. 要因の主効果と交互作用を検討する
    4. 補助表と寄与率を統合し重要要因を算定する
    5. 最適案の再現性を検討する
      • Excelで多元データを解析する
  3. 検定で改善効果を統計的に判断する
    1. 仮説を立て改善効果を検定する
    2. 仮説が正しいかの判定基準を設定する
    3. t検定で母集団の平均値の改善効果を検定する
    4. カイ二乗検定で母集団のばらつき低減効果を検定する
    5. F検定で2つの母集団のばらつきの違いを検定する
      • Excelで仮説を検定する
  4. 正規分布以外のデータ分布とその活用事例
    1. ランダムに到着するトラックの台数を表すポアソン分布
    2. 機械が故障してから次に故障するまでの時間を表す指数分布
    3. ある時間に故障する確率を表すワイブル分布
      • Excelで故障しない確率を計算する
    4. ポアソン分布と指数分布による待ち時間のばらつき低減事例
      • セミナーで使用するExcelシートは開催直前にお送りし、
        セミナー終了後、自社のデータで活用できます

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 66,000円 (税別) / 72,600円 (税込)
複数名
: 33,000円 (税別) / 36,300円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 54,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 33,000円(税別) / 36,300円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 54,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 66,000円(税別) / 72,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 99,000円(税別) / 108,900円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 66,000円(税別) / 72,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 132,000円(税別) / 145,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 198,000円(税別) / 217,800円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 薬物動態解析1: コンパートメント解析 入門・実践 全2日間セミナー オンライン
2022/7/8 薬物動態解析入門1: コンパートメント解析 (講義と演習) オンライン
2022/7/12 工業触媒の使い方と劣化対策、活性試験、評価 オンライン
2022/7/14 金融安定をめぐる国際的課題 オンライン
2022/7/15 臨床研究における因果推論とEstimandの理解・導入 オンライン
2022/7/15 薬物動態解析入門1: 実践 薬物動態解析 - コンパートメントモデル解析 オンライン
2022/7/19 分析法バリデーションにおける統計解析の基礎 オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/19 重回帰分析 オンライン
2022/7/19 相関回帰分析、重回帰分析 (2日間) オンライン
2022/7/20 商品開発のための感性・官能評価用アンケート設計と物性値への落とし込み オンライン
2022/7/21 因果推論の基礎講座 オンライン
2022/7/21 Excelで可能な医療用医薬品の販売予測の方法 オンライン
2022/7/22 CSR/CTD作成・読解のために必要な統計解析の考え方、表現方法 オンライン
2022/7/25 知っておきたい機械学習を用いたデータ分析の正しい進め方 オンライン
2022/7/26 直交表による実験計画とデータ解析の進め方 オンライン
2022/7/26 商品開発のための感性・官能評価用アンケート設計と物性値への落とし込み オンライン
2022/7/28 樹脂のレオロジー特性の考え方、成形加工時における流動解析の進め方 オンライン
2022/7/28 医療機器QMSにおける統計手法の適用とサンプルサイズ決定方法 オンライン
2022/7/29 「統計的品質管理を極める」コース オンライン