技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

テラヘルツ波の基礎とデバイス技術および産業応用

テラヘルツ波の基礎とデバイス技術および産業応用

~安全安心・通信・医薬・バイオへの展開~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、テラヘルツ波の基礎知識から始まり、電子デバイス/光デバイスの両面から光源・検出器の基本について、また、センシング・イメージングシステムを組む上での必要知識を解説いたします。さらにテラヘルツ波のシステムの早期導入が期待される安全安心分野、医療医薬分野に応用する研究開発事例を中心に紹介し、新規産業に展開するためのキーポイントを解説いたします。

開催日

  • 2022年2月18日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 次世代の技術シーズ調査担当者
  • 新規研究開発テーマ探索・企画担当者
  • 新規光・半導体デバイス研究開発者
  • 新規センシング・イメージング技術研究開発者
  • テラヘルツ・遠赤外光技術の研究者

修得知識

  • テラヘルツ波の基礎と産業応用
  • テラヘルツシステムの構築技術
  • テラヘルツ光源・検出器技術
  • テラヘルツ医用工学
  • テラヘルツイメージング

プログラム

 テラヘルツ波は電波と光の間の周波数帯にあり産業上の未開拓領域であるが、近年次世代の6G通信技術や新規透過イメージング技術として脚光を浴びるようになってきた。
 通信技術としては超高周波数であることを活かした大容量無線通信、透過イメージング技術としては物質固有のスペクトル情報の取得を伴う非破壊検査や医用イメージングがユニークな特徴として着目されている。しかし、ここ10年来実用的な光源・検出器の性能が十分進展しておらず、その結果産業として大きく伸びていない状況である。一方、ラジオ波からX線まで人類に有効に活用されている電磁波の中でギャップとなっているテラヘルツ波は、システムが高効率化すれば近い将来必ず大きな産業に発展するものと考えられている。
 本セミナーでは、テラヘルツ波の基礎から始まり、実用化を目指すためのデバイス技術の基本、さらにセンシング・イメージングシステムを組む上での必要知識を解説する。さらに、今後テラヘルツ技術の導入が期待される安全安心分野、通信分野、医薬・バイオ分野等に応用する研究開発事例を中心に紹介し、新規産業に展開するためのキーポイントを述べる。

  1. テラヘルツ波の基礎
    1. テラヘルツ波の特徴
    2. テラヘルツ波による分光・センシング
    3. テラヘルツ波時間領域分光法 (THz – TDS)
  2. テラヘルツ光源
    1. 光源技術の概要
    2. 光励起型光源
    3. 発振器デバイス
  3. テラヘルツ検出器
    1. 検出器技術の概要
    2. 単一検出デバイス
    3. イメージングデバイス
  4. テラヘルツシステムとその産業応用
    1. 産業応用分野の概要
    2. 安全安心応用
    3. 通信応用
    4. 医療品検査応用
    5. バイオセンシング応用
  5. まとめと今後の展望

講師

  • 尾内 敏彦
    筑波大学 国際産学連携本部
    教授 (起業家教育)

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 51,700円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/25 距離画像センサの測距原理と3Dセンサの応用 会場
2022/5/26 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2022/5/30 テラヘルツ波の基礎と産業への応用 オンライン
2022/6/1 画像の品質 (画質) を高精度に評価する方法のノウハウ オンライン
2022/6/3 ディープラーニングによる異常検知の基礎と実用化のポイント オンライン
2022/6/3 車載用遠赤外線カメラシステムの効果と課題、及び遠赤外線カメラの将来性について オンライン
2022/6/6 日常生活下における体表面生体信号の計測と応用 オンライン
2022/6/7 新世代CMOSイメージング、センシングそしてビジョンコンピューティング オンライン
2022/6/9 説明可能AI (XAI:explainable AI) の作り方とAIの業務への導入方法 オンライン
2022/6/10 最新動画像符号化方式 VVC (Versatile Video Coding) 概要 オンライン
2022/6/13 5G、6Gに向けた通信、デバイス技術と開発動向 オンライン
2022/6/17 Transformerの応用と最新技術動向 オンライン
2022/6/21 CMOSディジタルイメージングセンシング及びシステム技術 オンライン
2022/6/23 深層学習による画像認識とその判断根拠の可視化 (視覚的説明) オンライン
2022/6/24 6Gに向けた新たな伝送技術と国内外の研究動向 オンライン
2022/6/28 機械学習を用いた画像認識技術の基礎・応用・今後の動向 オンライン
2022/6/28 Co-Packaged Opticsの最新動向と実装、光接続技術 オンライン
2022/6/29 AIのブラックボックス解析と社内への説明方法 オンライン
2022/6/29 グラフニューラルネットワーク (GNN) の基礎と応用 オンライン
2022/7/1 ウェアラブルセンシング技術の総合知識と最新動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/1/20 画像ワーピング技術とその応用
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/10/29 高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2013/1/30 圧力センサ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/1/30 圧力センサ 技術開発実態分析調査報告書