技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

シランカップリング処理による付着・濡れ・コーティングの制御法

シランカップリング処理による付着・濡れ・コーティングの制御法

オンライン 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

概要

本セミナーでは、シランカップリング処理等、物質の表面界面制御の基礎知識から解説し、シランカップリング処理のトラブルの原因と対策、未然防止策について詳解いたします。

開催日

  • 2021年10月28日(木) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • シランカップリング剤に関連する技術者、研究者
    • 半導体封止材
    • 塗料
    • 接着剤
    • 歯科材料
    • 金属接着
    • 樹脂改質
    • 熱可塑性樹脂複合材料
    • FRP
    • エラストマー
    • 樹脂バインダー
    • プライマー
    • コーティング剤 など
  • カップリング剤処理、表面処理を行う技術者、研究者、品質担当者
  • カップリング剤について基礎から学びたい方

修得知識

  • シランカップリング処理の評価手法の習得
  • 表面処理の基礎原理
    • 濡れ
    • 塗布
    • 乾燥
    • プロセス
    • 装置など
  • 表面エネルギーによる表面特性評価法の習得
  • プライマー処理装置の設計手法の習得
  • コーティング方法の最適化手法の習得
  • トラブル対策における幅広い適用能力

プログラム

 シランカップリング処理は、多くの製造分野産業で製品表面の代表的な疎水化処理技術および分散技術として用いられています。
 本講座では、シランカップリング剤の基礎について概説し、産業応用として付着、密着、濡れ、気泡、液滴、コーティング、微粒子分散の制御法について多くの実験データに基づき説明します。また、処理装置の構成ノウハウ、表面エネルギーなどの様々な評価法について丁寧に説明します。また、実際のトラブル解析および技術相談にも応じます。

  1. 基本編: シランカップリング処理の基礎
    1. シランカップリング処理を最適化する
      • カップリング反応 (加水分解と脱水縮合)
      • 加水分解触媒とpH (シラノールの安定性)
      • QCMによる反応モニタリング (単分子層反応のその場解析)
      • 疎水性と超撥水との違い (純水接触角により90度を超える)
      • 付着性と密着性との違い (互いに逆の特性を示す)
      • 処理温度 (沸点近くに最適温度が存在する)
      • 処理時間 (短時間で処理効果がある)
      • 飽和蒸気処理 (単分子処理に効果がある)
      • AFM相互作用引力 (吸着力が低下する)
      • 表面摩擦、摩耗、潤滑性 (機械的特性の改質)
    2. 効果的な処理装置を構成する
      • 気化方式 (バブリング、減圧方式の比較)
      • 脱水ベーク (吸着水の除去)
      • コンダクタンス (処理系統の流量設計)
      • 装置設計例 (大型パネル処理用)
    3. 濡れ ・付着性の基礎とシランカップリング処理
      • 表面エネルギー (エネルギーで濡れ評価する)
      • 濡れエネルギーWa (疎水化と親水化の評価方法)
      • 拡張係数S、円モデル (界面のシーリング性)
  2. 実用編: 実際の現場でのシランカップリング処理のノウハウ
    1. 塗膜の付着性をコントロールする
      • レジストパターン剥離 (液中の剥離防止)
      • ポッピング現象 (局所剥離が増加する)
    2. 溶液中での界面密着性をコントロールする
      • 液中剥離の抑制効果 (シーリング性を促進させる)
    3. 微粒子の分散性をコントロールする
      • 粘性塗膜内の分散性 (アンダーフィル剤)
    4. 塗膜のコート性をコントロールする
      • 粘性指状変形VF (ギャップ内のピンホール解決法)
      • 凹凸パターン (ピンニング効果)
    5. 液滴と気泡の付着性をコントロールする
      • 液滴成長制御 (表面の曇りのメカニズム)
      • ナノバブルの付着性制御 (疎水性表面ほどバブルが付着する)
    6. 表面を高品位にコントロールする
      • プラズマ処理とのハイブリッド処理 (親水制御)
      • アルカリ処理とのハイブリッド処理 (WBL制御)
      • ナノインプリント (モールドの離形処理)
    7. 質疑応答
      • 技術相談、日頃のトラブル相談に応じます

講師

  • 河合 晃
    長岡技術科学大学 電気電子情報工学専攻 電子デバイス・フォトニクス工学講座
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 20,000円(税別) / 22,000円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/18 化粧品における顔料微粒子の分散法と安定化法 オンライン
2021/10/18 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用 オンライン
2021/10/21 濃厚系/非水系/多成分系における微粒子・ナノ粒子の分散・凝集制御技術 オンライン
2021/10/22 材料表面への「(超)撥水性」「(超)親水性」の付与技術と制御および評価・応用技術 オンライン
2021/10/25 ナノカーボンの分散技術と高分子複合材料の設計技術 オンライン
2021/10/26 ナノ粒子分散・凝集の基礎と分散安定化手法およびその評価 オンライン
2021/10/26 高剪断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 オンライン
2021/10/27 プラスチックめっきの技術動向と不良対策 オンライン
2021/10/27 シリカの分散・凝集制御とフィラーとして使いこなす活用術 オンライン
2021/10/27 表面化学修飾技術の基礎と最新動向 オンライン
2021/10/28 材料開発のための無機ナノ粒子の精密合成、修飾技術とその評価 オンライン
2021/10/29 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2021/11/1 シランカップリング剤 : 反応メカニズムと使い方 オンライン
2021/11/4 Hansen溶解度パラメータ (HSP値) の基礎と測定・計算・評価方法 オンライン
2021/11/4 スラリーの分散状態評価技術の基礎 オンライン
2021/11/5 粉粒体へのコーティング、表面改質技術 オンライン
2021/11/5 超撥水(油)・超親水(油)・滑液性表面の基礎と最先端技術 オンライン
2021/11/5 分散剤の上手な使い方 オンライン
2021/11/8 ロールミルの基礎と条件設定のコツ・トラブル対策 オンライン
2021/11/11 粉体における付着・凝集・流動の原理と評価法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 溶解度パラメータ (SP値・HSP値) の求め方と微粒子の分散安定化への活用術
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2018/2/28 顔料分散の基礎講座
2016/11/29 二軸押出機
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/8/25 粉砕・分散技術の基礎と応用・トラブルシューティング
2014/4/30 微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2012/10/31 ハイブリッド・デュアルUV硬化の実践的活用
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/7/30 良い塗布膜を得るためのコントロール技術