技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子材料中の添加剤分析

高分子材料中の添加剤分析

オンライン 開催

開催日

  • 2021年7月30日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 赤外分光法やラマン分光法の基礎 (原理・得られる情報・使い分け)
  • 高分子化合物や添加剤の定性・定量分析事例とその手法
  • 測定対象に応じた測定手法の選択方法
  • 顕微鏡を利用した測定手法
  • 熱分解GCによる添加剤分析のための各種条件設定
  • 難溶性の添加剤のMALDI – MS分析のための試料調製方法 (固体試料調製法)
  • ポリプロプレン中の高分子量ヒンダードアミン系光安定剤の分析方法
  • LCおよびLC/MSを高分子添加剤分析に用いる利点
  • 高分子分析にかかわる最新の分析技術や解析手法

プログラム

第1部 赤外・ラマン分光法の概要と高分子・添加剤分析への応用

(2021年7月30日 10:30〜12:10)

 赤外分光法・ラマン分光法はいずれも分子振動を測定し、化学構造を明らかにする手法で、高分子化合物においても物性評価や定量など幅広く用いられている。本講座ではまず、赤外分光法・ラマン分光法の基本的な原理および一般的な測定事例を紹介する。さらに、複数の測定法の特徴と具体的なサンプル評価事例について高分子やその添加剤の測定事例を中心に解説する。

  1. 赤外分光法とラマン分光法の原理
    1. 赤外分光法の原理
    2. ラマン分光法の原理
    3. 赤外分光法とラマン分光法の比較
  2. FTIRによる主な測定事例
    1. 透過法の主な測定事例
    2. ATR法をはじめとする反射法の主な測定事例
    3. 高分子や添加剤をはじめとした各種応用測定事例
    4. 赤外顕微鏡による測定事例
  3. ラマン分光光度計による主な測定事例
    1. ラマン分光法の特徴
    2. ラマン分光光度計による主な測定事例
    3. 高分子や添加剤を含めた各種応用測定事例
    4. 各種イメージング測定事例
    • 質疑応答

第2部 熱分解GCおよびMALDI-MSによる高分子添加剤の直接分析

(2021年7月30日 13:00〜14:40)

 まず、熱分解ガスクロマトグラフィー (熱分解GC) の基礎と、添加剤分析のための簡単な応用例を紹介します。次に、マトリックス支援レーザー脱離イオン化法 (MALDI-MS) の原理、および当該手法により難溶性の添加剤成分の分析を行う際に有効である、「固体試料調製法」を説明します。最後に、それらの手法を応用して、ポリプロピレン (PP) 中の高分子量ヒンダードアミン系光安定剤 (HALS) の分析を、固体状態のPP試料をそのまま用いて直接行った事例を紹介します。

  1. 熱分解GCの基礎と簡単な応用例
    1. 熱脱着GCの測定原理と装置構成
      1. 原理と測定方法
      2. 簡単な応用例
    2. 熱分解装置を利用した熱脱着GC
      1. 原理と測定方法
      2. 構成要素の説明
        • 熱分解装置
        • 分離カラム
      3. 多段階熱分解を利用した分析
    3. 化学反応を加味した熱脱着GC
      1. 原理と装置構成
      2. 応用例 (紙中のサイズ剤の直接定量など)
  2. MALDI-MSの基礎と簡単な応用例
    1. 原理と装置構成
      1. 質量分析計の構成
      2. MALDIのメカニズム
    2. 固体試料調製法を採用したMALDI-MS
      1. 試料調製法
      2. 簡単な応用例
  3. 反応熱脱着GCおよびMALDI-MSによる樹脂中の高分子量光安定剤の直接分析
    1. 高分子量ヒンダードアミン系光安定剤 (HALS) について
    2. 反応脱着GCによるポリプロピレン中の高分子量光安定剤の直接分析
      1. 直接定量分析法の開発
      2. 紫外線照射に伴う光安定剤の構造変化の解析
    3. MALDI-MSによるポリプロピレン中の高分子量光安定剤の直接分析
    • 質疑応答

第3部 HPLC, LC/MS を用いた高分子添加剤の分析

(2021年7月30日 14:50〜16:30)

 材料分析において、LCやLC/MSの分析経験が少ない方やGC/MSとの違いを知りたい方向けに、実際の分析事例を交えながらLCやLC/MSの特長を理解して頂く。

  1. HPLCとLC/MSについて
    1. 添加剤分析で用いられる主な測定モード
    2. LCで用いられる主な検出器
    3. 他分析手法との比較
  2. 添加剤のLC・LC/MS分析例とその特長
    1. 添加剤
      • UV吸収剤
      • 可塑剤
      • 酸化防止剤
      • 重合開始剤
      • 難燃剤 等
    2. 添加剤
      • 高分子量HALS
      • 界面活性剤
      • オリゴマー 等
    3. LC/MSによる一斉分析と定性
  3. 応用事例
    1. 分取LCシステムを用いたGPC分離と分取
    2. オンライン2D-LCを用いた高分子中の添加剤の分析
    3. 多変量解析を用いた劣化解析・差異解析
    • 質疑応答

講師

  • 田村 耕平
    日本分光 株式会社 光分析ソリューション部 ソリューション技術課
    係長
  • 石田 康行
    中部大学 応用生物学部 応用生物化学科
    教授
  • 野上 知花
    アジレント・テクノロジー株式会社
    LC LC/MSアプリケーションケミスト

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/8/5 高分子材料の劣化 オンライン
2021/8/18 トライボロジーの基礎と評価・分析方法 オンライン
2021/8/18 シランカップリング剤の効果的活用法 オンライン
2021/8/19 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 オンライン
2021/8/19 廃プラスチックのリサイクル技術の動向と、SDGsに向けた対策 オンライン
2021/8/20 セルロースナノファイバーの基本特性と樹脂複合化による実用化展開 オンライン
2021/8/23 プラスチックの粘弾性挙動の時間・温度換算則とその利用法 オンライン
2021/8/23 各種機能性高分子ゲルの作製技術と特性制御及び応用展開 オンライン
2021/8/23 再生医療用機能性高分子足場材料の最新動向 オンライン
2021/8/24 高分子材料の熱分析と動的粘弾性測定入門 オンライン
2021/8/24 アニオン重合による機能性高分子の合成 オンライン
2021/8/25 発泡成形のメカニズム、気泡コントロール、測定、応用 オンライン
2021/8/25 高分子の結晶化ダイナミクス入門講座 ポリ乳酸の結晶化速度解析・向上技術による高性能化 オンライン
2021/8/25 接着仕様の劣化寿命予測と劣化加速条件の設定方法 オンライン
2021/8/25 厄介な分散系を手懐けるコツ オンライン
2021/8/25 シリコーンの基礎と特性・応用例 オンライン
2021/8/25 高分子材料における各種添加剤の種類、選択、配合設計 オンライン
2021/8/25 CO2を原料とした樹脂材料の研究開発動向 オンライン
2021/8/26 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 オンライン
2021/8/26 1日速習:プラスチックの基礎 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/11/30 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法
2020/10/30 ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/19 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2018/3/18 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法