技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

エクセルギー解析の基礎と自動車への応用

エクセルギー解析の基礎と自動車への応用

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、エクセルギーの基礎から解説し、自動車開発分野におけるエクセルギーの応用について詳解いたします。

開催日

  • 2021年7月16日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 自動車関連の開発技術者
  • 現場省エネの推進者
  • 現場省エネの担当者
  • 省エネ設備設計者

修得知識

  • エネルギーの有効利用に対応できる知識
    • エンジンのさらなる高効率化
    • 室内における熱エネルギーのマネジメント
    • 廃熱の有効利用

プログラム

 自動車は、燃料や電力などのエネルギー源から動力へのエネルギー変換、空調、排気までを行う独立したエネルギープラントです。それらのプロセスでは、化学反応、混合・拡散、流動、熱交換などが生じています。コージェネレーション発電システムでは発電量と熱量の総合効率を用いていますが、自動車の場合には燃費が重要で、熱利用まで含めて考えることはあまりありません。電気自動車ですら、満充電での走行距離を問題にしています。
 エネルギーを電気あるいは動力と同一の基準で評価できるエクセルギーが、従来の熱力学第1法則のエネルギー保存則だけでは表わせないエネルギーの損失の見える化ができるとして、注目を集めています。コージェネレーションや自動車においては熱力学第1法則だけが考慮されており、第2法則によるエネルギーの質を考えていないので、本質的なエネルギーの有効利用ができていないことになります。本セミナーでは、限られた資源を有効に使うために、熱力学第2法則を考慮したエクセルギー解析を自動車に適用する方法について解説します。

  1. エントロピー生成とエクセルギー
    1. エクセルギーは仕事の最大能力
    2. エントロピーの導入
    3. エントロピー生成
  2. エクセルギーによるエネルギー評価
    1. エネルギーの有効性の評価
    2. 理想気体の熱量と圧力のエクセルギー
    3. 閉じた系と開いた系のエクセルギー
    4. エクセルギー収支
    5. 化学反応のエクセルギー
  3. エンジンシステムのエクセルギー解析
    1. 定容サイクルのエクセルギー変化
    2. 火花点火エンジンサイクルのエクセルギー解析
    3. 定圧サイクルのエクセルギー変化
  4. 自動車パワートレインのエクセルギー解析
    1. エンジンシステムのエクセルギー解析
    2. 火花点火エンジンのエクセルギー解析
    3. ディーゼルエンジンのエクセルギー解析
    4. 燃料電池自動車のエクセルギー解析

講師

  • 雑賀 高
    工学院大学 先進工学部 機械理工学科
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/6/25 進展する熱電変換材料技術の最先端と応用展望 オンライン
2021/6/28 自動車マルチマテリアル化に求められる異種材料接着技術とその事例 オンライン
2021/6/29 「カーボンニュートラルLNG」の普及拡大に向けた取組み 東京都 会場・オンライン
2021/6/29 自動運転・自動走行・自動飛行体に求められる安全対策技術と法規制 オンライン
2021/6/30 電気化学の基礎から学ぶ燃料電池電極触媒の速習セミナー オンライン
2021/7/1 丸紅株式会社の燃料アンモニア事業展開戦略及びビジネスモデル構築に向けた取組みと課題 東京都 会場・オンライン
2021/7/5 「再生可能エネルギー普及拡大議員連盟」における議論を踏まえた課題への対応と今後の方向性について 東京都 会場・オンライン
2021/7/6 全固体リチウムイオン電池に要求される材料技術と用途展開 オンライン
2021/7/6 自動車用接着剤のマルチマテリアルに向けた技術動向と開発 オンライン
2021/7/6 CO2フリーの水素社会構築を目指したP2Gシステム技術開発の最新状況と今後の展開 東京都 会場・オンライン
2021/7/6 テスラの調達戦略から見とおすxEV・ADAS関連部品市場とサプライチェーンのトレンド オンライン
2021/7/7 自動車の軽量化に貢献する異種材料の接着技術 オンライン
2021/7/8 分散電源活用による地産地消、災害レジリエンス等 電力ビジネスへの影響と採るべき戦略 東京都 会場・オンライン
2021/7/9 CO2フリー水素の製造プロセスと触媒技術 オンライン
2021/7/9 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 オンライン
2021/7/9 FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 オンライン
2021/7/12 テスラの事業戦略から見るxEV (電動車) 市場の競争環境と部品取引構造の変化 オンライン
2021/7/13 FCV,EV,HEV 発電・蓄電デバイスの技術、性能、安全性を探る オンライン
2021/7/13 車載用電池市場における事業競争力と技術動向 オンライン
2021/7/13 2050年カーボンニュートラルに向けた水素関連・二酸化炭素資源化関連技術の現状と今後 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/16 2019年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場