技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

AI分野における特許戦略

Zoomを使ったライブ配信セミナー

AI分野における特許戦略

~動向、審査基準・事例・出願戦略~
オンライン 開催
本セミナーは、都合により延期いたしました。
2021年1月14日(木) AI分野における特許戦略

概要

本セミナーでは、AI特許に関連する審査基準、最新の特許の事例や係争事例を交えながら、AIに関連する事業を行う企業が知財業務を行う上で必要な特許に関する基礎的事項を、実務上の経験を踏まえて解説いたします。

開催日

  • 2020年10月27日(火) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • AI技術を導入している、又は導入予定の企業の知財担当者、技術者、経営者

修得知識

  • AI技術の法的保護と、その課題、その課題に対しての対応策
  • 一般的なプログラム特許とAI特許との違い
  • AI技術を特許としてどのように保護していくか
  • 日本特許庁の審査基準
  • AI特許の事例
  • AI特許の侵害事件
  • AI特許の強い特許網を作るための特許出願戦略立案の仕方

プログラム

 第四次産業革命とも呼ばれるAI分野の急速な技術の進展は、ビジネスの広範な領域に大きな影響を与えつつあります。また、AI関係の特許件数は増えており、特許の面からも、ビジネスへの影響が大きくなっています。
 本セミナーでは、AI特許に関連する日本特許庁の審査基準、AI分野における最新の特許の事例や係争事例を交えながら、AIに関連する事業を行う企業が知財業務を行う上で必要な特許に関する基礎的事項を、実務上の経験を踏まえて解説します。

  1. はじめに
    1. AI (人工知能の概念)
    2. AIソフトウェア開発のプロセス
    3. AIソフトウェアの実用化
  2. AI関連特許の動向
    1. AI関連発明の出願件数等の推移
    2. AI関連発明の適用分野の推移
  3. AI技術に関する法律保護と、その課題
    1. 特許による保護と課題 ~一般的なソフトウェア特許と異なる点~
    2. 著作権による保護と課題
    3. 不正競争防止法による保護と課題
  4. AI関連発明の種類
    1. 学習モデルの生成方法
    2. 学習モデルを利用した新たな商品・サービス (ビジネスモデル)
    3. 学習モデル自体 (学習済モデル、派生モデル、蒸留モデル)
    4. 学習モデルの要素
      1. 学習モデルの入力の前処理
      2. AIアルゴリズム
      3. 後処理
      4. UI
      5. 再学習
    5. データの保護
      • 学習用データ及び生データの保護
  5. AI関連特許出願の日本特許庁審査基準
    1. AI技術の発明該当性
    2. 進歩性 ~AIエンジンのアルゴリズムは不要?~
    3. 明細書の実施可能要件・サポート要件
    4. 審査基準の事例から考える特許出願戦略
  6. AI関連特許の事例
    1. 日本のAI特許事例 (ソフトバンク、楽天等)
    2. 米国のAI特許事例 (Google、Facebook等)
    3. 日本AI特許の調査方法
  7. AI特許の権利化業務
    1. AI特許の出願タイミング
      • アイデアレベルで出願できる
      • ベンダに発注するタイミングとの関係
    2. クレーム記載の注意点~非AIソフトウェア発明との違い~
    3. AI特許の出願戦略
    4. 非AI発明との関係 (非AI発明を網羅する出願)
    5. AI特許係争から学ぶ強いAI特許の取り方
    6. AI発明の発掘・特許開発
    7. 外国特許を前提にした特許出願書類作成
  8. AI特許の権利侵害
    1. 権利行使の注意点
      • 権利行使を想定した出願戦略
    2. 他社の知的財産権侵害の注意点
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは、都合により延期いたしました。
2021年1月14日(木) AI分野における特許戦略

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/26 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2020/10/26 AI画像認識システムの基礎と応用 オンライン
2020/10/28 逆強化学習入門 オンライン
2020/10/28 インフォマティクス・機械学習精度向上のためのデータ収集・解析の進め方 オンライン
2020/10/28 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2020/11/2 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2020/11/4 ディープラーニング (Deep Learning) の基礎と画像認識への応用 オンライン
2020/11/5 演習で学ぶ「特許明細書」の書き方 オンライン
2020/11/5 Pythonを活用したマテリアルズ・インフォマティクスハンズオン 東京都 会場
2020/11/6 機械学習・ディープラーニングの基礎とデータ処理の仕方 オンライン
2020/11/9 人工知能 (AI) による最適化解の学習・予測 オンライン
2020/11/10 老朽化した工場、プラントへのIoT、AI導入と効果的な活用の仕方 オンライン
2020/11/10 画像認識技術を用いたAI外観検査の現場導入事例と精度向上指針 オンライン
2020/11/10 深層学習のデータ前処理技法とその実際 オンライン
2020/11/11 音による故障検知および故障予知 オンライン
2020/11/12 確率的グラフィカルモデルの基礎とその応用 オンライン
2020/11/13 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用 オンライン
2020/11/13 医薬品ライセンスにおける契約交渉ノウハウ オンライン
2020/11/16 AI技術を活用したバイオ生産システムが産業のバイオ化を加速する オンライン
2020/11/17 一日速習 ディープラーニング基礎講座 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)