技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

Pythonで始めるコンピュータビジョン (CV) 技術の超入門

Zoomを使ったライブ配信セミナー

Pythonで始めるコンピュータビジョン (CV) 技術の超入門

~機械学習/最適化処理アルゴリズムの原理説明とプログラム例解説~
オンライン 開催

開催日

  • 2020年9月24日(木) 11時00分 16時30分

プログラム

 視覚はヒトの感覚器官の中でも最も多くの情報を取得しているものであり、それをコンピュータに応用した画像認識技術の有用性はますます高まっています。
 近年、日本においても普及が目覚ましい計算機言語のPythonを使って、楽に画像認識技術の習得ができるようなセミナーを企画しました。
 Python自体の習得しやすさ、書きやすさはもちろんのことですが、豊富に存在するモジュール類の完成度が高く、実用的なことも速習に有利です。それらを使うことで驚異的に少ない量でプログラムを実装できます。画像認識技術の応用範囲は無限に広がっています。またAI技術の進展とともに音声や画像の自動認識技術の有効性が高まっている状況において認識技術への理解は必要不可欠です。機械学習や最適化を含めて処理アルゴリズムの原理の説明とプログラム例を並行して提示することで理解を深めます。

  1. Pythonの導入
    1. Python処理系の導入
    2. 変数の基本型とコンテナ型
    3. 式と文と演算子
    4. 制御構造と内包表記
    5. 関数とクラス,モジュール
    6. 画像の入出力と表示
    7. 便利な機能モジュール~PyTorch門前の手習い~
    8. システム開発プロセス
  2. CVの第一歩
    1. コンピュータビジョンとは
    2. 画像とは
    3. 特徴量・統計量と行列演算
    4. 撮像
    5. 幾何変換と点群
    6. 視覚分解能と変復調
    7. 知的処理と最適化
    8. 機械学習のモデルと機能~PyTorch入門編~
      • プログラム例1:
        • 機械学習で画像の認識:Kmeansと多層パーセプトロン
  3. CVの第二歩
    1. 階調の補正
      • プログラム例2
        • 階調補正:ヒストグラム平坦化
    2. リサンプリング
      • プログラム例3
        • 幾何補正:幾何変換でWarping
      • プログラム例4
        • リサンプリング:Seam Carvingと間引きの差
    3. 両眼立体視と奥行き推定
      • プログラム例5
        • モデルの推定:RANSACでパラメータ推定
    4. 画像の劣化と復元
      • プログラム例6
        • ノイズ除去と平滑化:Non Local Meanフィルタリング
      • プログラム例7
        • ぼけ、ブレの補正と鮮鋭化:ウィーナーフィルタリング
      • プログラム例8
        • エッジ検出:Cannyのエッジディテクタ
      • プログラム例9
        • インペインティング:Bi – harmonic法
    5. 多重解像度解析
      • プログラム例10
        • フィルタバンクと分類:Gabor特徴による画像の分類
    6. 特徴記述子と画像認識
      • プログラム例11
        • ハフ変換:円の検出
      • プログラム例12
        • 領域分割とラベリング:RAG統合法
      • プログラム例13
        • マッチングと物体検出:テンプレートマッチング
      • プログラム例14
        • 特徴抽出:ORB特徴で対応付け

講師

  • 阿部 淑人
    新潟県工業技術総合研究所 研究開発センター
    センター長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 51,700円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/11/27 強化学習の基礎とPythonによるアルゴリズム実装 オンライン
2020/11/27 ディープラーニングによる異常検知の基礎と実用化のポイント 東京都 オンライン
2020/11/30 1日で分かるVisual SLAM の基礎 オンライン
2020/11/30 ディープラーニングによる顔識別の高精度化と最適な撮影システム オンライン
2020/12/1 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2020/12/4 Pythonで学ぶ機械学習と異常検知および余寿命推定への適用 オンライン
2020/12/8 AI外観検査導入のための基礎と進め方・留意点 オンライン
2020/12/9 機械学習・深層学習による画像認識の仕組み オンライン
2020/12/10 はじめてのPythonと教師あり学習・教師なし学習 オンライン
2020/12/10 テラヘルツ波のセンシング・イメージング応用と光源・検出器の基本 オンライン
2020/12/11 次世代カメラの画像処理 オンライン
2020/12/14 劇的進化、CMOSデジタルイメージング、その最新技術動向… 機能進化、視覚そして認知機能へ オンライン
2020/12/15 Azure Kinectと距離画像センサの測距原理、3Dセンサの応用 東京都 会場
2020/12/16 スパースモデリングの基礎と応用事例解説 オンライン
2020/12/16 車載用ステレオカメラの基礎と衝突回避、自動運転への適用と今後の課題 オンライン
2020/12/16 基礎から学べる強化学習 オンライン
2020/12/23 ウェアラブルセンシング技術の総合知識とデバイスへの応用、最新動向 オンライン
2020/12/23 3次元点群処理 オンライン
2021/1/7 創薬研究者のための機械学習ツールの使い方 実演セミナー オンライン
2021/1/13 次世代の「説明できるAI:XAI」と業務へのAI導入方法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/10 高ダイナミックレンジ画像処理技術とMATLABシミュレーション
2010/9/24 JPEG XR画像符号化方式と性能評価
2010/2/22 画像理解・パターン認識の基礎と応用
2009/9/16 H.264 / MPEG-4 AVC 拡張規格・応用例・最新動向