技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

xEV時代におけるLiBのリユース・リサイクル技術とビジネス展望

xEV時代におけるLiBのリユース・リサイクル技術とビジネス展望

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、レアメタル資源の現状と見通し、レアメタル製錬プロセスなどの基礎から解説し、実際のレアメタルリサイクルシステムの構築、事業化のポイントについて詳解いたします。

開催日

  • 2020年6月4日(木) 13時00分 16時30分

プログラム

 LiB製造のための資源を一次資源から二次資源を対象としてサプライの可能性を2030年までの時間軸にそって示しながら、地域別 (我が国、中国、ヨーロッパ) での戦略を示す。また、LiBのリユースとリサイクルを小型 (スマートフォン、PC,タブレット等) と大型 (車載用) に分けてどのようなビジネスが展開可能で、そのための技術開発がどのレベルまで進んでいるかを理解できるように各国の技術レベルを紹介する。さらに最近話題となっている小型LiBによる火災についての課題についても解決法の提案も行う。車載用LiBリサイクルについては、どこがボトルネックであるかを明確にし、なぜ提案は多いのに実際の動きが伴わないのかを明確にする。

  1. リユース、リサイクルでの小型LiBと車載用LiBの違い
  2. 小型LiBの使用小型電子機器のリユースとリサイクル
    1. スマートフォン
    2. タブレット・PC
    3. その他の小型機器
  3. 車載用LiBのリユース
    1. 車載用LiBのリユースの流れ
    2. 車載用LiBのリユースの事例
    3. 車載用LiBのリユースの問題点と解決法
  4. 車載用LiBのリサイクル
    1. 車載用LiBのリサイクルの提案
    2. 車載用LiBのリサイクル課題
      1. 技術課題
      2. システム課題
  5. LiBリサイクルからの資源回収技術
    1. 前処理の重要性
    2. 元素回収
  6. サーキュラーエコノミーとLiB
    1. サーキュラーエコノミーとは
    2. サーキュラーエコノミ – をベースとしたLiBの2Rの考え方
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 41,000円 (税別) / 45,100円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

S&T出版からの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、4名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、3名様受講料 + 3名様を超える人数 × 19,800円(税込)でご受講いただけます。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 39,090円(税別) / 43,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 41,000円(税別) / 45,100円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 59,999円(税別) / 66,000円(税込)
    • 4名様でお申し込みの場合 : 4名で 78,000円(税別) / 85,800円(税込)
    • 5名様でお申し込みの場合 : 5名で 95,999円(税別) / 105,600円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 41,000円(税別) / 45,100円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 82,000円(税別) / 90,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 123,000円(税別) / 135,300円(税込)
    • 4名様でお申し込みの場合 : 4名で 164,000円(税別) / 180,400円(税込)
    • 5名様でお申し込みの場合 : 5名で 205,000円(税別) / 225,500円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/5 蓄電池の劣化と分散エネルギーシステム オンライン
2020/8/6 車載用電池の技術、業界の最新動向とその行方 東京都
2020/8/19 高分子系固体電解質の開発、評価とデバイス応用 東京都
2020/8/24 EV用リチウムイオン電池の世界情勢とビジネス戦略 オンライン
2020/8/28 バッテリマネジメントとセルバランス技術 オンライン
2020/9/9 リチウムイオン電池搭載製品における安全規格と表示ルール 東京都
2020/9/10 パワーデバイス パワーデバイスの基礎と活用技術 オンライン
2020/9/10 リチウムイオン電池の高性能化・安全性の向上と次世代電池材料の開発動向 オンライン
2020/9/17 EV用リチウムイオン電池リユース・リサイクル技術 東京都
2020/9/25 カルマンフィルタ/逐次最小二乗法によるリチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定法 オンライン
2020/10/2 バッテリマネジメント、及びセルバランス技術の基礎と応用 東京都
2020/10/6 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 オンライン
2020/10/7 リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 東京都
2020/10/19 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2020/11/6 HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術 オンライン
2020/12/8 パワーデバイス パワーデバイスの基礎と活用技術 神奈川県

関連する出版物

発行年月
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/11/29 リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/8/26 リチウムイオン電池の製造プロセス&コスト総合技術 2016
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望