技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

競合に勝つための医薬特許戦略

競合に勝つための医薬特許戦略

~先発VS後発 / LCM戦略 / 技術特許 / 他者特許対策 / 侵害訴訟対策~
東京都 開催 会場 開催 演習付き

開催日

  • 2020年4月22日(水) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 競合に勝つための医薬特許戦略の考え方、具体的な対応
  • 他者特許対策のコツ (どのタイミングで・何を・どのようにすべきか?)
  • 産学連携を上手く進めるためのコツ、対応策

プログラム

 講師は、グローバル製薬企業の知財部門/ライセンス部門において20年以上、特許出願~権利化、調査、係争訴訟、DD、M&A他、様々な観点からの特許戦略、また、医薬以外の異業種との連携も含め、共同研究、 他者技術・開発品のライセンス、係争対応等で、契約交渉も多数主導。その後、大学に移りアカデミア発研究成果の企業導出を成功させるべく、知財戦略や契約交渉等を担当。
 製薬企業や及びアカデミアにおける様々な実体験、成功例・失敗例をベースに、研究開発から事業化における知財戦略及びアライアンス戦略を基礎から実践まで事例を交えてポイントと考え方をコンパクトに分かり易く解説します。

  1. 異なる特許戦略を使い分ける~目的・相手に照準を合わせて考える
    1. 先発企業と後発企業では知財戦略が全く異なる
    2. (1) 先発企業vs先発企業、 (2) 先発企業vsジェネリック企業、
    3. 医薬と医療機器でも戦略を大きく変える
  2. ビジネスを守る、Exclusivityを可能な限り維持するには
    1. Patent LCM戦略、特許期間の延長、小児適用による延長
    2. Regulatory Exclusivity
  3. 特許は使わなければコストでしかない、「使って“なんぼ”」の世界
    1. 使える特許 (Validity とExclusivity) とは?
    2. 使いやすい特許 (侵害探知) とは?
    3. 特許出願すべきでない事例 (ノウハウ秘匿&先使用権による備え)
    4. 他者に対する脅威 (Pendencyを保つ) 、他者牽制 (見えざる抑止力)
  4. 特許公開に配慮した戦略
    1. 特許出願することによる大きなリスク
    2. 学会・論文発表はいつなら許される? (研究の展開・開発計画も考慮)
    3. 優先権主張期間 (1年) を過ぎても外国出願すべき場合
  5. 新しい技術分野における特許出願戦略
    1. 再生医療等製品
    2. AIを活用した技術
  6. 他者特許対策を万全に
    1. どの段階で、どんな第三者特許調査 (FTO調査) をすべきか?
    2. 第三者特許を見つけてしまった場合の対処法 (5つ) をどう使うか?
    3. 上手いと言われる特許ライセンス (タイミング・アプローチ方法)
    4. 成功事例・失敗事例から学ぶ (ミニ演習問題)
  7. 産学連携を上手く進めるために
    1. アカデミアの特許戦略を理解する
    2. 産と学の共同研究で遭遇する諸問題、対策
  8. その他
    1. オープン&クローズド戦略
    2. 安易な共願・共有特許は避ける (単独の権利に固執する)
    3. 特許係争/侵害訴訟での戦い方
    4. 後追いでも先行者に勝つ (選択発明) 、クロスライセンスの活用
    • 質疑応答

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

案内割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 84,000円(税別) / 92,400円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 126,000円(税別) / 138,600円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/2 再生医療等製品におけるCMC薬事・申請の主な課題とそのポイント オンライン
2021/12/3 ヘルスケアデータ活用時における各種法規制対応とビジネス化でのポイント オンライン
2021/12/3 GHS分類SDS・ラベル作成のルールと混合物におけるグレーゾーンの解決法 オンライン
2021/12/3 先発企業・競合を打ち破る特許分析の仕方と弱みの見つけ方 オンライン
2021/12/3 一変・軽微変更事例による判断基準の考察と不要な回収を未然に防ぐ承認書の記載および当局要求対応 オンライン
2021/12/6 医薬品マーケティング・LCM入門 オンライン
2021/12/6 改正GMP省令下におけるバリデーション文書の必須記載項目と作成例 オンライン
2021/12/6 原薬製造設備の洗浄プロセス設計と洗浄バリデーション オンライン
2021/12/7 原薬製造における不純物管理のポイント オンライン
2021/12/7 臨床研究法や新倫理指針等の臨床研究を取り巻く最新動向と臨床研究の運営・管理、その手続きの実際 オンライン
2021/12/7 ヘルスケア分野における共同研究開発契約締結の基礎と事例検討 オンライン
2021/12/7 原薬製造スケールアップにおけるスケール変更に伴うスケール依存因子/トラブル事例とQbDに基づく重要品質特性 (CQA) ・重要工程パラメータ (CPP) 設定 オンライン
2021/12/8 GMP省令改正とQMS省令改正が求めるスプレッドシートのバリデーションとデータインテグリティ管理 オンライン
2021/12/8 薬価算定の基礎と希望薬価取得ノウハウ オンライン
2021/12/8 改正薬機法の押さえるべきポイントと規制対応における留意点 オンライン
2021/12/9 マルチチャネルマーケティング時代におけるKOLの選定・影響力の定量評価 オンライン
2021/12/9 製薬企業におけるリアルワールドデータ (RWD) 活用および目的に応じた活用アプローチ オンライン
2021/12/9 医薬品滅菌バリデーション要点セミナー オンライン
2021/12/10 費用対効果分析 (HTA) 習得セミナー オンライン
2021/12/10 欧米の審査基準の相違点をふまえた英文特許明細書の作成と実務ポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善 (書籍 + ebook版)
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点)
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点) (製本版 + ebook版)
2021/10/11 抗ウイルス薬 (CD-ROM版)
2021/10/11 抗ウイルス薬
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価 (書籍版 + ebook版)
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価
2021/8/31 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請 (製本版+ebook版)
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/30 当局要求をふまえたデータインテグリティ手順書作成の要点
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集