技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

AI技術を活用した外観検査の実用化とその進め方

AI技術を活用した外観検査の実用化とその進め方

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、ばらつきのある良品検査、学習速度の高速化など、外観検査における画像認識・機械学習の現状と可能性について解説いたします。

開催日

  • 2020年4月6日(月) 10時00分 16時45分

修得知識

  • 画像撮影の注意点
  • 画像認識処理の方法
  • アルゴリズム開発のポイント
  • トレーニングデータの作成
  • 少ない不良データへの対応
  • 不良個所サイズの推定方法

プログラム

第1部. 画像認識技術の基礎と機械学習による外観検査技術

(2020年4月6日 10:00〜13:00)

 近年、多彩なアプリケーションに必要な技術として盛り上がっている画像認識技術の概要と、画像認識技術の外観検査への応用に関して解説致します。画像撮影の注意点や一般的な画像認識処理の方法、またそこで使用される各種の機械学習アルゴリズムに関して解説した上で、外観検査に応用する際の性能評価方法や、アルゴリズム開発のポイント、実例に関して説明いたします。機械学習ベースの外観検査技術に興味がある方におすすめ致します。予備知識として画像データに対する知識があると理解が深まります。

  1. 画像認識技術の概要
    1. キー技術
  2. 画像の撮影
    1. 撮影画像
    2. 各種カメラ
    3. 画像処理
  3. 画像認識技術
    1. 機械学習を用いた画像認識について
      1. 機械学習とは
      2. 一般的な物体認識の処理フロー
    2. 機械学習の種類
    3. 特徴量の設計について
    4. 性能評価
    5. 学習サンプル
    6. 機械学習による外観検査アルゴリズム開発のポイント
    7. 様々な画像認識アルゴリズム
  4. 外観検査技術の実例
    1. 鋳造部品の画像検査アルゴリズム例
  5. 画像認識技術を用いた欠陥検査の今後の動向
    • 質疑応答

第2部. AI技術を活用した外観検査と進め方

(2020年4月6日 13:45〜16:45)

 製品の外観検査において、AI、すなわち、ディープラーニングには大きな期待がありますが、実際に実用レベルの性能を達成することは容易ではありません。ディープラーニングの適用では、とにかく大量のトレーニングデータを用意すれば、あとはアルゴリズムがやってくれる、というわけにはいかないのが現実です。成否の鍵はトレーニングデータをどのように作成するかにあります。不良品データは非常に少ないのが普通で、我々は不良品画像を増やすためにどのようは方法が有効かを検討しました。併せて、不良箇所のサイズを推定すると言う問題に対しても試行し、実用化の可能性を見いだしました。本講演では、これらに関して詳細に説明します。

  1. 人工知能とは何か
    1. 人工知能の概要
    2. 機械学習とディープラーニング
    3. 教師あり学習と教師なし学習
  2. ディープラーニングによる製品の外観検査:事例1
    1. 畳み込みニューラルネットワーク
    2. プレス加工によるプラスティック部品の欠陥検査問題
    3. 畳み込みニューラルネットワークの適用
    4. 不良品画像合成によるトレーニングデータ増大
    5. 実験評価結果
  3. ディープラーニングによる製品の外観検査:事例2
    1. プラスティックボトル表面上の印刷欠陥検査問題
    2. 畳み込みニューラルネットワークの適用
    3. トレーニング方法
    4. 欠陥サイズの推定方法
    5. 実験評価結果
  4. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 笠原 亮介
    株式会社リコー イノベーション本部 AI応用研究センター 統合AI技術開発室
    主席研究員
  • 白石 洋一
    群馬大学 大学院 理工学府
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/15 化学研究と人工知能技術の融合に関する基礎と応用事例 東京都
2020/4/17 AIを利用した医療機器における国内外の市場動向および開発のポイント 東京都
2020/4/21 Pythonで学ぶ「外れ値検出」の基礎 東京都
2020/4/23 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント 東京都
2020/4/24 メーカーにおけるAI・IoTに関するデータ利活用の法務の最新事情 東京都
2020/4/24 ベイズ最適化の基礎と応用およびPythonによる実装 東京都
2020/4/27 時系列データ分析の基礎・モデル化と異常検知・機械学習への応用 東京都
2020/4/28 カルマンフィルタの基礎から応用まで 東京都
2020/5/7 ドライバー状態の推定技術と眠気検知、覚醒維持 東京都
2020/5/12 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2020/5/13 音による故障検知および故障予知 東京都
2020/5/13 蒸留技術の要点とAIを活用した応用研究 東京都
2020/5/14 製造現場で使える実用的な人工知能技術とその実践 東京都
2020/5/14 AIによる顔画像識別技術の基礎原理と実際 東京都
2020/5/15 自然言語処理の基礎と活用方法 東京都
2020/5/15 CMOSイメージセンサとシステムの最新技術動向 東京都
2020/5/18 実務に使えるスモールデータ解析 東京都
2020/5/18 ディープラーニング入門講座 : ディープラーニングの考え方と重要な基礎技術紹介 東京都
2020/5/19 機械学習を用いた分析スペクトルデータ解析の進め方 東京都
2020/5/19 高分子用安定剤を使いこなす 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/11/29 注射剤・錠剤における外観目視検査と回収要否判断
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/10 高ダイナミックレンジ画像処理技術とMATLABシミュレーション
2010/9/24 JPEG XR画像符号化方式と性能評価