技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車用LIDAR技術の基礎と最新動向、自動運転への展開

自動車用LIDAR技術の基礎と最新動向、自動運転への展開

~センサフュージョンによる状態推定と移動物体追跡への応用~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、小型、高精度で低コストなLiDARの実現へ向けた新技術とその可能性について解説いたします。

開催日

  • 2020年3月16日(月) 11時00分 17時00分

修得知識

  • 自動運転に必要な技術の概要全般
  • センサフュージョン、カルマンフィルタに関する基礎知識

プログラム

 自動運転には多種多様な技術が必要となります。このうちLIDARをはじめとしたオンボードセンサによるセンシング技術は現在の自動運転自動車において最重要技術の1つとなっております。一方、LIDARを中心とするオンボードセンサは多くのノイズが含まれており、これを考慮した状態推定技術が必要となります。
 本講座ではセンサフュージョン技術の1つとしてカルマンフィルタを取り上げ、移動物体の状態を推定しながら追跡を行う技術について解説します。また、金沢大学が国内の大学で初の試みとして実施中の自動運転自動車の市街地における公道走行試験の現状課題についても紹介します。

  1. 自動車の自動運転に関する研究動向と必要技術
    1. 研究動向と必要技術
    2. LIDARをはじめとしたオンボードセンサの実例
    3. 自動車における状態推定アルゴリズムの実例
  2. カルマンフィルタと状態推定
    1. 誤差統計量の表現方法
    2. 最小分散推定とマルチセンサフュージョン
    3. カルマンフィルタによる状態推定
  3. 移動物体の追跡と運動推定
    1. カルマンフィルタとデータアソシエーション
    2. マルチターゲットトラッキング
  4. 自動車の自動運転への適応
    1. 金沢大学の自動運転システムの概要説明
    2. 公道走行実証実験から得られた成果と課題
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の学生に限ります。
教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/25 距離画像センサの測距原理と3Dセンサの応用 会場
2022/5/26 自動車に関わる規制動向と電動化の展望、および車両の軽量化への技術動向 東京都 会場・オンライン
2022/5/26 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2022/5/27 EV化による新たな騒音と対策技術 オンライン
2022/5/30 テラヘルツ波の基礎と産業への応用 オンライン
2022/5/30 自動車の電動化に向けた、シリコン、SiC・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2022/5/31 状態推定アルゴリズム パーティクルフィルタの基礎・応用・実装 オンライン
2022/5/31 自動車のマルチマテリアルに対応する構造用接着剤の設計・開発と活用・選択・評価技術 オンライン
2022/6/1 画像の品質 (画質) を高精度に評価する方法のノウハウ オンライン
2022/6/3 ディープラーニングによる異常検知の基礎と実用化のポイント オンライン
2022/6/3 車載用遠赤外線カメラシステムの効果と課題、及び遠赤外線カメラの将来性について オンライン
2022/6/7 カルマンフィルタの基礎理論 オンライン
2022/6/7 新世代CMOSイメージング、センシングそしてビジョンコンピューティング オンライン
2022/6/9 説明可能AI (XAI:explainable AI) の作り方とAIの業務への導入方法 オンライン
2022/6/10 最新動画像符号化方式 VVC (Versatile Video Coding) 概要 オンライン
2022/6/14 EV用モータの技術トレンド オンライン
2022/6/14 リチウムイオン電池の残量推定手法と劣化診断 オンライン
2022/6/15 中国EV市場の最新動向 オンライン
2022/6/17 自動車用パワートレーンの電動化と脱炭素化に向けた最新技術動向 オンライン
2022/6/17 Transformerの応用と最新技術動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/3/1 LiDAR技術 (米国特許日本語版) (CD-ROM版)
2021/3/1 LiDAR技術 (米国特許日本語版)
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望