技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

基礎から学ぶ内燃機関の高効率化・電動化対応技術の理論と実際

基礎から学ぶ内燃機関の高効率化・電動化対応技術の理論と実際

~EV技術者も知っておきたい高効率パワートレイン開発の原理~
東京都 開催

開催日

  • 2019年9月27日(金) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • エンジンの高効率・クリーン化に関心のある方
  • 自動車部品、素材などのサプライヤー
  • 次世代エンジン技術とその原理を調査したい方
  • 自動車、二輪、汎用等のエンジン開発を担当する入門技術者の方
  • 自動車メーカー等でEV開発を担当するなどエンジンの特性を理解する必要がある専門外の方

修得知識

  • エンジンの熱効率が、何によって支配されているか
  • どうすれば熱効率が向上するか
  • 電動化と高効率エンジンの関係や効果的な利用法
  • 様々な条件の下で排ガスや燃費がどのようになるかを推察できる
  • エンジンと電動化デバイスのシナジー効果

プログラム

 自動車のパワートレインには、厳しい燃費規制、厳しい排気規制、電動化対応、Real Driving Emission (RDE) 対応など、多様かつ高いレベルの開発課題が要求されています。これらの課題に対して、エンジン車単独でも、バッテリーEV単独でも十分な対応ができません。電動化対応エンジンや電動補器類を有効活用したエンジンなど、エンジンと電動化技術の高度な利用技術が求められます。エンジンの熱効率は、極めて複雑かつ多様な因子の影響を受けて決定します。それら特性を原理的に理解することで、エンジンと電動化技術のシナジー効果を最大限に活用した新しいパワートレイン技術が切り拓かれるものと考えられます。
 本講習会では、エンジン熱効率や性能を支配する因子を「原理的に」理解することで、次世代エンジン技術がなぜ有望なのかを「理屈から」理解することを目的としています。エンジン高効率化の理論と、次世代エンジン技術との関係を、基礎理論にも立ち返り、分かり易く説明します。その上で、注目される各種最新技術について、原理と対応させながら解説します。

  1. 各種の動力源比較
  2. エンジン高効率化の原理
    1. エンジン性能の表し方
    2. エネルギー変換のための熱力学入門
      1. 熱力学の基礎
      2. エンジンの熱力学サイクル
      3. エンジンの理論熱効率
      4. 理論熱効率の向上原理
    3. 実エンジンの熱効率支配因子と高効率化
      1. 熱効率を支配する因子
      2. 各種損失とその低減法
      3. 熱効率の向上法
      4. 電動化対応エンジンの活用領域
  3. エンジンの高効率化技術
    1. リーンバーンエンジン
    2. 筒内成層直噴エンジン
    3. ストイキ直噴エンジン
    4. 過給ダウンサイジングエンジン
    5. 可変動弁技術
    6. 高膨張比エンジンサイクル
      1. アトキンソンサイクル
      2. ミラーサイクル
    7. 高圧縮比エンジン技術
    8. 可変圧縮比エンジン
  4. 次世代エンジンの燃焼技術
    1. 異常燃焼
      1. 異常燃焼の分類
      2. ノッキング
      3. 過給エンジンのプレイグニッションとスーパーノック
    2. 予混合圧縮着火 (HCCI) 燃焼
      1. HCCI 燃焼の利点と課題
      2. HCCI 燃焼の特性とメカニズム
      3. HCCI 燃焼領域拡大技術 (過給HCCI、SPCCI など)

講師

会場

ちよだプラットフォームスクウェア
東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 41,667円 (税別) / 45,000円 (税込)
複数名
: 18,519円 (税別) / 20,001円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額 (税込 20,000円)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 37,037円(税別) / 40,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 37,037円(税別) / 40,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 55,556円(税別) / 60,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 41,667円(税別) / 45,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 83,333円(税別) / 90,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 125,000円(税別) / 135,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 23,148円(税別) / 25,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/24 廃熱 (排熱) で発電、冷却が可能な廃熱回生熱音響デバイスの基礎 東京都
2019/10/28 レーザー照明・ディスプレイの技術と応用・市場展望 東京都
2019/10/29 ヘッドアップディスプレイの最適情報提示と視覚特性 東京都
2019/10/30 防曇、防汚技術と自動車部材への応用 東京都
2019/10/30 LiDARの最前線セミナー 東京都
2019/10/30 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/10/30 触媒の基礎とスケールアップ技術および触媒劣化対策 東京都
2019/10/31 自動車用パワートレーンの省燃費、電動化の最新技術と規制動向 東京都
2019/10/31 車載カメラ、ディスプレイの技術・市場動向 東京都
2019/11/1 自動車用接着剤の設計と評価法 東京都
2019/11/5 車載用電力変換器 (パワーエレクトロニクス) の高電力密度化・小型化設計技術 愛知県
2019/11/6 遮熱、断熱技術の自動車・建物窓に向けた開発と評価 東京都
2019/11/6 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 東京都
2019/11/7 自動運転技術の現状と今後の法的課題 東京都
2019/11/8 自動車用制振・防音材料の開発、適用技術と車室内騒音の低減 東京都
2019/11/11 ハイブリッド車・電気自動車向け車載モータへの要求特性と最新技術動向 東京都
2019/11/13 イメージセンサ・カメラの自動運転、IoT端末に向けた市場、業界、技術展望 東京都
2019/11/14 自動運転に向けた車載用アンテナの技術動向 東京都
2019/11/15 次世代自動車における空調システム・熱マネジメントへの要求と改善 東京都
2019/11/19 ヒトの動作検出技術開発 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/28 排煙脱硫・脱硝技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/28 排煙脱硫・脱硝技術 技術開発実態分析調査報告書