技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例

高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例

東京都 開催

概要

本セミナーでは、振動・騒音対策について基礎から解説し、材料の力学物性や音特性から、制振・防振・吸音・遮音材料の評価法や材料設計の手法までを分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2019年8月29日(木) 12時30分 16時45分

受講対象者

  • 振動・騒音に関連する製品の技術者、研究者、開発者、品質・信頼性保証担当者
    • 車両
      • 自動車
      • 二輪車
      • 産業車両
      • 鉄道
    • 工作機械
    • 電子機器
    • 構造物・建築物
      • プラント
      • 工場
      • 建築
      • 建材
    • 各種ファン
    • ポンプ
    • 回転機械
      • エンジン
      • タービン
      • 洗濯機
      • 分離機
      • ろ過機
      • 空調設備
      • 洗浄機
      • コンプレッサ
      • 攪拌機
      • 給油装置
      • 過給機 など
  • 防振材、防振ゴムなどの技術者、研究開発者
  • 振動・騒音などの環境測定に携わる技術者
  • 振動・騒音で課題を抱えている方

修得知識

  • 高分子材料の力学的性質 (特に粘弾性挙動)
  • 制振材料の考え方
  • 制振材料としての粘弾性特性制御の考え方
  • 制振・防振材料の設計方法
  • 制振材料を適用した場合の音・振動特性の評価事例

プログラム

第1部 「高分子の力学的性質と制振、防振材料の設計・評価」

(12:30~13:45、14:00~15:15)

 振動は望まれない現象であり、多くの製品で対策が講じられている。振動対策は、主に振動を低減する「制振」と振動伝搬を抑制する「防振」に分類される。高分子材料は、力学的損失が大きく、柔軟で成形性が高いことから、多く用いられている。効果的な対策を行う上で、これらの現象を理解し、材料を設計することが重要となる。
 本講演では、これらの特性の理解に必要な高分子材料の力学的性質 (特に粘弾性挙動) 、また、制振・防振材料の設計、評価方法について解説する。

  1. 振動、騒音対策の概要
    • 振動騒音対策 (制振、防振、吸音、遮音) の種類
  2. 高分子材料の力学的性質
    1. 高分子の構造
    2. 力学的性質の各種測定法
    3. 高分子の粘弾性挙動
  3. 制振・防振材料の設計と評価
    1. 制振材料の材料設計
      • 可塑剤・フィラー添加
      • ブレンド
      • 架橋など
    2. 制振性能の評価手法
    3. 防振 (振動絶縁) 材料の材料設計
    • 質疑応答

第2部 「新規熱可塑性ポリオレフィンの開発と制振材料への展開」

(15:30~16:45)

 近年の自動車業界では,「車体の軽量化」と「静粛性の向上」の両立が強く求められており、重量を最小限に留めた防音対策として、遮音・吸音・制振・防振が必要となる。本セミナーでは、三井化学 株式会社 の新規熱可塑性ポリオレフィンと、制振材料としての展開事例について紹介する。
 制振材料は、その粘弾性特性の制御が重要であり、新規熱可塑性ポリオレフィンとEPDM等との複合化による制御事例、また制振材料としての音・振動特性の評価事例を中心に紹介する。

  1. エラストマーによる振動制御
    1. 防振と制振
    2. エラストマーの動的粘弾性
  2. 制振材料の基本的な考え方
    1. 2層構造:非拘束型制振材料
    2. 3層構造:拘束型制振材料
  3. 熱可塑性ポリオレフィン アブソートマー®
    1. アブソートマー®とは?
    2. アブソートマー®とEPDMの複合化による粘弾性制御
    3. アブソートマー®を適用した制振材料の音・振動特性
  4. まとめ
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/24 高分子結晶化の基礎と解析技術 東京都
2019/9/25 発泡成形・微細射出発泡成形の基礎から応用、最新技術動向 東京都
2019/9/25 プラスチック成形品の力学特性評価と破面解析技術 東京都
2019/9/26 トライボロジーの基礎講座 東京都
2019/9/27 熱硬化性樹脂の基礎と応用 東京都
2019/9/27 押出成形のトラブル対策 Q&A講座 東京都
2019/9/30 自己修復材料の材料設計と応用事例 東京都
2019/9/30 エポキシ樹脂における硬化剤の選定、配合設計とフィルム化技術 東京都
2019/9/30 架橋技術によるポリマーの接着性の効果的な改良方法 東京都
2019/9/30 UV硬化技術の総合知識 東京都
2019/9/30 偏光・複屈折の基礎と制御方法 東京都
2019/9/30 チクソ性の基礎、制御、測定・評価と実用系への活用方法 東京都
2019/10/4 自己修復性材料の超分子、共有結合架橋を利用した分子設計 東京都
2019/10/4 初心者のための熱可塑性エラストマーコンパウンド (オレフィン系、スチレン系) 東京都
2019/10/8 ポリウレタンフォームの材料設計と成形加工技術 東京都
2019/10/8 高周波基板の要求特性、評価技術と開発例 東京都
2019/10/8 UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法 大阪府
2019/10/8 ポリマーアロイの基礎と実用的な設計方法 大阪府
2019/10/8 自動車用エンプラ・スーパーエンプラの技術動向と応用展開 大阪府
2019/10/9 導電性エラストマー、導電性ゴムの材料設計、各種応用、その可能性 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 遮音・吸音材料の開発、評価と騒音低減技術
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 騒音・振動の対策と防音・防振材料の適用
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/10/10 クレーン4社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/10 クレーン4社 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書