技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載用に適した高出力モータの設計入門

車載用に適した高出力モータの設計入門

東京都 開催

概要

本セミナーでは、モータの基礎から解説し、高出力化、高トルク化のポイント、車載モータの性能要求・評価について詳解いたします。

開催日

  • 2019年2月12日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • モータ、磁石、磁性材の設計者、技術者、品質管理者、製造者、技術営業担当者
  • モータユーザー (特に車載)
  • モータメーカー

修得知識

  • 車載モータの高トルク化やトルク計算法が電卓ベースで行えるようになる
  • BLDCモータの進角制御、界磁制御とT-N特性、T – I特性、鉄損、効率計算
  • アキシャルギャップ型BLDCモータの設計法
  • EV用モータの高出力化の最新技術
  • インホイールモータに適した構造と高トルク化技術
  • 圧粉鉄心モータの構造と特性
  • モータの高トルク化法
  • EVモータ、インホイールモータへ高トルク化法の適用・応用

プログラム

 最近では環境問題等から自動車もハイブリッド車 (HEV) 、電気自動車 (EV) と電動モータの採用が増加している。車載 (EV) 用モータは更にインホイールモータへと進化の動向にある。永久磁石は省エネ、エコの観点から今後重要な材料である。しかしレアアース希土類磁石は中国の輸出規制等でその供給は左右され、価格の高騰を招いている。このような状況下ではフェライト磁石使用の高効率モータ技術の必要性も高まってきている。省資源のため最近では永久磁石を用いないSR (スイッチトレラクタンス) も見直されてきている。また若いモータ設計者の中にはPCソフトに頼るあまり、モータの物理的な理解に欠けたものが見受けられるのは残念なことである。
 本セミナーはこの点に鑑みて、本講を受講することにより、1) 車載モータの高トルク化やトルク計算法が、電卓ベースできるようになる。BLDCモータの進角制御、界磁制御とT-N特性、T – I特性、鉄損、効率計算、またアキシャルギャップ型BLDCモータの設計法も含めて市販の技術書では学べない設計知識が得られる。2) EV用モータの高出力化の最新技術が習得できる。3) インホイールモータに適した構造と高トルク化技術が習得できる。4) 珪素鋼鈑積層に加えて、圧粉鉄心モータの構造と特性が習得できる。そしてモータの高トルク化法をEV主機であるモータや更にインホイールモータに応用して講義する。
 更にソーラカーレースで完走した筆者らの世界初のアキシャル立体エアギャップ型インホイールモータの試作機の特性も紹介予定である。

  1. モータ設計に必要な基礎理論
    1. 磁気回路の基礎
    2. 磁気回路と諸要素
    3. 永久磁石の動作点
    4. 永久磁石の種類と特性
    5. 簡易計算法と起磁力方程式
    6. 永久磁石モータとSRモータのトルク式誘導の相違
    7. BLDCモータの進角、界磁制御とT-NI特性
  2. NEDO等に見るEV用新型モータ
    1. 電気自動車用主機の現状
    2. 可変速制御技術の動向
    3. EV用モータの広範囲可変速運転
    4. 磁石着磁を変化させる可変磁力モータ
    5. PM磁束に電磁石磁束を増減させるモータ
    6. 電機子巻線の直並列接続切り替えモータ
    7. 多極オルタネータ構造を活用したモータ
    8. 電気自動車の主機に適したモータ
    9. フェライト磁石を用いたアキシャルギャップモータ
    10. SRモータのHEV用モータへの検討例
    11. セグメント構造SRモータ
  3. インホイール用途を中心とした高トルクモータ
    1. EV,HEV用モータとしてのインホイールモータ
    2. 電動バイク用インホイールモータ
    3. ギャリダクション式インホイールモータ
    4. ダイレクトドライブ式インホイールモータ
      1. アウターロータ式ラジアルギャップBLDCモータ
      2. ダブルアキシャルギャップBLDCモータ
      3. ダブルアキシャルギャップSRモータ
      4. 特殊アキシャルギャップSRモータ
      5. 特殊アキシャルギャップBLDCモータ
    5. 各社開発のインホイールモータ事例
  4. モータの高効率化技術
    1. 磁気装荷の増加法
    2. 電気装荷の増加法
    3. 積層鉄心と圧粉鉄心
    4. 圧粉鉄心による界磁制御が容易なEV用モータ
    5. 高効率駆動法
      1. 高電圧駆動
      2. 界磁制御
      3. ベクトル制御
  5. 具体的なモータ設計計算例
    1. アウターロータ型3相12スロット10極BLDCモータ
    2. アキシャル立体エアギャップ3相12スロット型14極BLDCモータ
    3. アウターロータ型3相18スロット12極BLDCモータ
    4. カード駆動の動力学
    5. 試作EV車の動画紹介

講師

  • 坂本 正文
    足利工業大学 総合研究センター
    客員研究員

会場

株式会社オーム社 オームセミナー室
東京都 千代田区 神田錦町3-1
株式会社オーム社 オームセミナー室の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,000円 (税別) / 49,680円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。