技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

フッ素系材料の特性、分子設計と応用技術

フッ素系材料の特性、分子設計と応用技術

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、フッ素の構造と撥水・撥油性、耐熱性、絶縁性、耐薬品・溶剤性等の特性との関係、フッ素系材料の種類、合成、規制動向について解説いたします。

開催日

  • 2018年12月19日(水) 10時00分 17時35分

プログラム

第1部 フッ素材料の基礎と材料設計・応用開発技術

(2018年12月19日 10:00〜13:00)

  1. フッ素系材料入門
    1. フッ素の位置づけ
    2. フッ素の歴史
    3. フッ素の特長
    4. フッ素ツリー
    5. 環境問題
  2. エネルギー分野
    1. リチウム二次電池 電解質、添加剤、セパレーター
    2. フルオライドイオン電池
    3. 燃料電池
  3. エレクトロニクス分野
    1. OLED
    2. センサー
  4. 表面改質材分野
    1. Tribology
    2. 撥水撥油剤
    3. 超撥水撥油材
  5. 機能性膜分野
    1. 分離膜
    2. イオン交換膜
  6. ライフサイエンス分野
    1. 医薬
    2. PET
    3. その他
  7. おわりに
    • 質疑応答

第2部 含フッ素有機化合物の合成・構造と応用

(2018年12月19日 13:15〜14:35)

  1. 有機フッ素化合物の性質
  2. 有機フッ素化合物の反応
  3. 有機フッ素化合物の合成
  4. フッ素の特性を生かした応用展開
    1. 透明性材料
    2. 耐熱性材料
    3. 農薬、医薬品の開発
    • 質疑応答

第3部 有機フッ素化合物 (主に医農薬や液晶) の特性と合成法

(2018年12月19日 14:45〜16:05)

  1. 含フッ素官能基の導入法の開発
    1. トリフルオロメチル基
    2. ジフルオロメチル基
    3. モノフルオロメチル基
    4. トリフルオロメタンスルホニル基
  2. フッ素化反応の応用展開
    1. 医農薬
    2. 香料
    3. 液晶
    4. 高分子モノマー
    • 質疑応答

第4部 フルオロアクリレート系ポリマーの特性と応用展開

(2018年12月19日 16:15〜17:35)

  1. 撥水撥油性、フッ素系コーティング剤の基礎知識
    1. 表面自由エネルギーの基礎
    2. フッ素系コーティング剤の種類と特性
    3. フッ素系コーティング剤に用いられる溶剤
  2. フルオロアクリレート系ポリマーの静的・動的表面特性の基礎
    1. ポリマー分子設計
      • 主モノマー・コモノマーの選択
      • 相構造の制御
    2. 撥液性評価方法
      • 転落角
      • 転落速度
      • 水中接触角
    3. 構造解析
      • 表面元素分析
      • 結晶性
  3. 防水・防湿コーティング剤
    1. 電子デバイスの防水・防蝕性に最適なコーティング剤の設計とは?
    2. スマートフォン、タブレットへの応用
  4. インクジェットプロセス用撥液剤
    1. これが次世代有機ELディスプレイのコストダウンの決め手
      • 撥液性と現像性の両立
      • 量産適合性
  5. 超撥液コーティング
    • 物理的表面改質による撥液性向上の基礎
    • 超撥液性と耐久性の両立
  6. 環境規制
    1. PFOS・PFOA問題の動向
    2. 対策例
    • 質疑応答

講師

  • 松尾 仁
    株式会社 FT-Net
    代表取締役会長
  • 久保田 俊夫
    茨城大学 理工学研究科 (工学分野) 物質科学工学領域
    教授
  • 井上 宗宣
    相模中央化学研究所 精密有機化学グループ
  • 森田 正道
    MMリサーチ
    代表 / 技術コンサルタント

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/2 塗布・コーティング膜の基礎と高品位制御およびトラブル対策 オンライン
2021/12/3 滑り性、透明性及び耐スクラッチ性に優れたフィルムのフィラー処方 オンライン
2021/12/3 ゴム/金属の加硫接着技術の基礎と表面処理技術 オンライン
2021/12/3 水性塗料の設計技術との課題、顔料分散剤の利用技術・外観低下トラブルの原因と対策管理 オンライン
2021/12/8 防曇性能の客観評価とその事例 オンライン
2021/12/9 撥水・撥油表面の設計とぬれ性の評価 オンライン
2021/12/9 ぬれ性の基礎と測定・評価方法 オンライン
2021/12/10 シランカップリング剤のすべてが分かる一日速習セミナー オンライン
2021/12/15 接着制御・メカニズム解析の考え方と分析評価法 オンライン
2021/12/15 汚れの付着メカニズムと防汚コーティング技術およびその評価法 オンライン
2021/12/16 異種材料接着に向けた、金属の表面処理技術と接着性の改善 オンライン
2021/12/17 環境対応型塗料・塗装におけるVOC削減塗料への転換による影響の理解 オンライン
2021/12/20 塗料・塗膜 (塗装系) の基礎と耐候性技術、塗膜欠陥の評価・分析技術 東京都 会場
2021/12/22 ハードコート剤の設計、高機能化、特性評価と応用開発 オンライン
2021/12/23 反射防止材料・コーティングの作り方と製膜、その応用、評価 オンライン
2021/12/23 ゾル-ゲル法の実務活用のための速習セミナー オンライン
2021/12/24 プラズマ生成の基礎とプラズマCVD (化学気相堆積) による高品質成膜プロセスのノウハウ オンライン
2021/12/24 基材への塗布層の設計、コーティング技術と乾燥、欠陥・故障対策および機能性付与 オンライン
2021/12/24 熱力学・電気化学・金属材料学とめっき膜観察・分析方法 オンライン
2022/1/7 分子間力や表面張力の考え方、 そのコントロールと測定法 オンライン