技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

インピーダンス測定の基礎とリチウムイオン電池解析への活用

インピーダンス測定の基礎とリチウムイオン電池解析への活用

~電気化学インピーダンス法の基礎、スペクトルの取り扱い、電極構造・電極反応の評価~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、交流信号解析・インピーダンス測定について基礎から電池解析の応用まで、わかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2018年6月27日(水) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 交流信号解析の基礎
  • 電気化学インピーダンス法の基礎
  • 電気化学インピーダンススペクトルの取り扱い
  • 電気化学インピーダンス法のリチウムイオン二次電池への応用

プログラム

 電気化学インピーダンス法は、交流電位もしくは交流電流信号を用いることで、電極構造や電極反応を詳細に評価することができる手法です。電気化学インピーダンスでは、インピーダンスの時定数を分離することができるため、電極構造や電極特性を非破壊にて調べることができます。このため、電池・センサ・腐食防食など様々な分野で応用されています。
 本セミナーでは、交流信号解析の基礎から、リチウムイオン二次電池の解析への活用までを扱います。「電気化学インピーダンスを使うと電池材料特性の何がわかるのか?」という視点から基礎および最近の研究の状況や話題を解説いたします。

  1. 電気化学インピーダンス法の基礎
    1. 電気化学インピーダンス法の定義
    2. 電気化学インピーダンス法を理解するための数学 (複素平面)
    3. 電気化学反応と電気化学インピーダンスの関係
    4. 測定に用いられる電極、電気化学セル
    5. 測定装置
      • ポテンシオスタット
      • FRA
  2. 電気化学インピーダンススペクトルの取り扱い
    1. 回路素子 (抵抗・コンデンサ・コイル) を用いた電気化学インピーダンススペクトルの解釈
    2. 抵抗のインピーダンススペクトル
    3. コンデンサのインピーダンススペクトル
    4. コイルのインピーダンススペクトル
    5. インピーダンスの合成
    6. CPEを含む等価回路
    7. 拡散のインピーダンス
    8. 等価回路の組み方
  3. リチウムイオン二次電池への応用
    1. リチウムイオン二次電池へ電気化学インピーダンス法を適用すると何がわかるのか
    2. リチウムイオン二次電池の典型的なスペクトル
    3. 等価回路による解釈の例
    4. 最新の研究動向
    5. 参照極を導入した正・負極分離解析
    • 質疑応答

会場

江東区文化センター

3F 第4研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/22 固体イオニクス材料の総合知識 東京都
2019/2/26 リチウム二次電池への硫黄系正極の適用技術 東京都
2019/2/28 リチウムイオン電池の安全性試験と実施方法 東京都
2019/3/8 スラリーの挙動と制御技術及びリチウムイオン電池電極への応用 大阪府
2019/3/11 リチウムイオン電池用電極スラリーの製造・分散技術と次世代電極への対応 東京都
2019/3/11 実践 リチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定アルゴリズム解説 東京都
2019/3/13 EVシフトの先を見据えたFCV・水素エネルギービジネスの最新動向 東京都
2019/3/15 リチウム電池の全固体化と固体電解質材料開発の最近の動向 東京都
2019/3/19 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都
2019/3/20 リチウムイオン電池の熱暴走発生メカニズムと対策 東京都
2019/3/20 リチウムイオン電池のBMS設計と高精度残量計 東京都
2019/3/25 リチウムイオン二次電池特性の測定・評価・推定法 東京都
2019/4/5 リチウム二次電池用電極スラリーの調製と塗布・乾燥プロセス 東京都
2019/4/5 リチウムイオン二次電池の安全対策と劣化診断、解析技術 東京都
2019/4/12 電気化学反応・電極反応のメカニズムと電気化学測定法および電極/溶液界面の解析 東京都
2019/4/18 リチウムイオン二次電池工学セミナー 東京都
2019/4/24 リチウムイオン電池産業分析 東京都
2019/5/15 分子プレカーサー法による薄膜形成とその応用 東京都
2019/5/22 人工光合成の基礎と国内外の動向・課題・今後の展望 東京都
2019/5/29 全固体電池の電解質/電極の界面現象理解と制御による高出力化 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/31 電気化学・インピーダンス測定のデータ解析手法と事例集
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望