技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向

EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向

~PCU、インバータ、DC/DCコンバータ~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、電気自動車において電力変換を担い、電費に直接影響を与えるPCU (パワーコントロールユニット) の役割、構成、小型化・高出力化に向けた技術動向やPCUを構成するインバータ、コンバータ等の自動車用パワーエレクトロニクス技術動向等を解説いたします。

開催日

  • 2018年5月25日(金) 13時00分 16時30分

修得知識

  • PCUの基礎
  • 自動車用パワーエレクトロニクスの特異性
  • モータ制御の基礎
  • DC/DCコンバータの原理

プログラム

 英仏が2040年からディーゼル車とガソリン車を販売禁止することを決め、中国政府も同様の措置を検討している等、世界的に電気自動車の普及機運が盛り上がっている。それに伴い、電気自動車の研究開発が活性化している。パワーコントロールユニット (PCU) はインバータやDCDCコンバータ等で構成され、電動車両における電力の変換を行い、電費に直接影響する、いわばエンジンに相当する最も重要なコンポーネントである。
 そうした状況を踏まえて、本セミナーでは、PCUの役割、構成、小型化・高出力化等に向けた技術動向やPCUの主要な技術であるインバータをはじめとする自動車用パワーエレクトロニクスの概要、技術動向を紹介する。電気自動車やハイブリッドカーに関連した研究開発に携わる技術者にとって一つの指針となるようなセミナーにすることを目標にしている。

  1. EV・HVの動向
    1. EV・HVをとりまく環境
    2. 生産動向
    3. PHV・FCVの出現
    4. 自動車用パワーエレクトロニクス
  2. EV・HVのパワートレーン
    1. EV・HVの構成
    2. ハイブリッドシステム
    3. PHVの概要
    4. FCVの概要
  3. PCU
    1. PCUの機能
    2. 電力変換回路
    3. インダクタンス
    4. キャパシタンス
    5. 各社のPCUの概要
  4. 自動車用インバータの技術
    1. インバータ回路
    2. 信頼性
    3. 損失と冷却
    4. インバータ制御
    5. EMC
  5. インバータによるモータ制御の技術
    1. PMモータの制御
    2. 弱め磁束制御
    3. 高効率制御
  6. 駆動モータの技術動向
    1. 可変界磁
    2. 巻線切り替え
    3. 小型化
  7. DCDCコンバータの技術
    1. 昇圧コンバータ
    2. 低圧用コンバータ
    3. インターリーブ
  8. PCUの冷却
    1. 発熱メカニズム
    2. 空冷と水冷
    3. 冷却構造
    4. 両面冷却デバイス
  9. パワーデバイス
    1. チップ
    2. FET
  10. 自動運転への対応
    1. 自動運転のレベル
    2. 運転支援システム
    3. PCUとしての対応
  11. 今後の動向と将来展望
    1. 48Vシステムの動向
    2. ワイドバンドギャップ半導体
    3. PHV
    • 質疑応答

講師

会場

Learning Square 新橋

4F セミナールーム4-BC

東京都 港区 新橋4-21-3 新橋東急ビル4F, 5F, 6F
Learning Square 新橋の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/26 制振・遮音・吸音材料の設計・メカニズムと自動車室内における振動・騒音低減への最適化 東京都
2019/8/27 自動車用センサ技術のすべて 東京都
2019/8/27 次世代自動車に求められる蓄電技術とEV用超急速充電技術 東京都
2019/8/28 自動車の電動化における動向と部品・材料メーカーの戦略・今後の展望 東京都
2019/8/29 EV用インバータ駆動モータとポリマー絶縁材料の絶縁劣化の基礎と計測・評価技術 東京都
2019/8/29 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都
2019/8/30 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 神奈川県
2019/8/30 塗料・塗膜の設計・評価と劣化要因およびその対策 東京都
2019/8/30 自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向 東京都
2019/9/4 トラブル未然防止のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2019/9/5 ハイブリッド車・電気自動車向け車載モータへの要求特性と最新技術動向 東京都
2019/9/6 電磁波吸収・透過材の開発、設計とミリ波・5G対応 東京都
2019/9/6 次世代モビリティーの将来予測とMaaSに向けてとるべき対応 東京都
2019/9/6 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた周辺環境認識技術とその応用 東京都
2019/9/6 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 東京都
2019/9/11 自動車室内の振動・騒音の発生メカニズムとその解析、対策 東京都
2019/9/11 エンジンを搭載した電動車両における排気熱発電システムの実用性 東京都
2019/9/12 ヒトの温熱生理特性と車室内の快適性評価 東京都
2019/9/12 人間工学からみる自動車シートの在り方と快適性向上のための評価・計測技術、疲労低減手法 東京都
2019/9/19 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)