技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車軽量化・マルチマテリアル化技術の最新動向と将来展望

自動車軽量化・マルチマテリアル化技術の最新動向と将来展望

東京都 開催

開催日

  • 2017年11月10日(金) 10時30分 16時20分

プログラム

 自動車のさらなる軽量化、燃費向上、デザイン性向上にはマルチマテリアル化が重要な役割を担う。本セミナーでは、世界のマルチマテリアル化と、推進のキーテクノロジーである接着・接合技術の最新動向について講演いただく。

第1部 自動車のマルチマテリアル化・接合技術の最新動向と将来展望

(2017年11月10日 10:30~12:30)

 昨今、地球環境問題に端を発し、各国でのCO2規制強化の動きがある。さらにフランスや英国では2040年にガソリン・ディ – ゼル車の廃止など提案されている。そのような中で、材料を適材適所に使ったマルチマテリアル車体が増えてきている。今回、その動向、適用の考え方、それを実現するキー技術の接合技術、将来の展望について説明する。

  1. マルチマテリアル化の背景
    1. 軽量化の必要性
    2. 軽量化手法
  2. マルチマテリアル化への最新動向
    1. 一般的な動向
    2. 欧州OEMの動向
    3. 北米OEMの動向
    4. 国内OEMの動向
  3. 自動車の車体構造
    1. 車体部位ごとの要求性能
    2. 要求性能と材料と適用部位の関係
  4. 接合技術
    1. 同種材接合 (ハイテン、アルミ、樹脂)
    2. 異種材料接合 (鉄とアルミ、金属と樹脂、金属とCFRP)
  5. 将来の展望
    1. 材料の動向
    2. 接合の動向
    3. マルチマテリアル車体の今後
  6. まとめ
    • 質疑応答

第2部 マルチマテリアルに対応した自動車用構造接着剤の開発

(2017年11月10日 13:30~15:00)

 車体軽量化のために鋼板とCFRP、アルミ、チタン、マグネシウムなどの比重の低い材料を併用する事が盛んに検討されている。これらの材料と鋼板を接合する際に構造接着の需要が高まっている。本講では鋼板とアルミなどの異種材接着に対して高い接着強度を有し、耐衝撃性があり、硬化時に基材歪の少ない新規接着剤を紹介する。

  1. 自動車材料を取り巻く環境
    1. 世界の排ガス規制の状況
    2. 排ガス規制に対応する取り組み
    3. 車体への異種材料適用例
  2. 自動車用構造接着剤
    1. 車体に対する構造接着適用例
    2. 自動車用構造接着剤の要求特性
    3. 接着の理論
    4. エポキシ系接着剤の変性手法
    5. 接着剤の紹介 (室温硬化)
    6. 接着剤の紹介 (加熱硬化)
    7. 新規マルチマテリアル用構造接着剤の特性
  3. CFRTPの溶着接合
    1. 熱可塑エポキシ樹脂の紹介
    2. 熱可塑エポキシの超音波融着接合
    3. 熱可塑エポキシのインサート成型による接合
    • 質疑応答

第3部 超ハイテン鋼およびアルミニウム合金/鋼の異材接合における摩擦撹拌点接合技術の最新動向

(2017年11月10日 15:10~16:20)

 軽量化が要求される自動車ボディでは今後超ハイテン鋼のさらなる高強度化やアルミニウム合金と鋼のマルチマテリアル化が進むと思われる。超ハイテン鋼では高強度化に伴い種々の溶接課題が顕在化している。また、アルミニウム合金と鋼の溶融溶接では脆弱な金属間化合物により継手強度の確保が難しい。これらの課題を解消するため、当社では非溶融 (固相) 接合である摩擦攪拌点接合の適用を検討しており、その最新の開発状況について紹介する。

  1. 摩擦攪拌点接合について
    1. 接合原理
    2. 継手強度
    3. 接合装置
    4. メリット
    5. 適用例
  2. 超ハイテン鋼の摩擦攪拌点接合
    1. 自動車ボディ材料の動向
    2. 超ハイテン鋼用接合ツール
    3. 継手強度
  3. アルミニウム合金/鋼の摩擦攪拌点接合
    1. 欧米の接合技術動向
    2. 接合原理
    3. 接合装置
    4. 継手強度
    5. 今後の課題
    • 質疑応答

会場

中央大学 駿河台記念館
東京都 千代田区 神田駿河台3丁目11−5
中央大学 駿河台記念館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,111円 (税別) / 49,800円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引

S&T出版からの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,796円(税別) / 47,300円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,111円(税別) / 49,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,167円(税別) / 74,700円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,111円(税別) / 49,800円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/5/14 自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向 東京都
2019/5/15 自動車および車載電子機器の防振・制振技術と材料、振動試験と信頼性評価 東京都
2019/5/16 自動車内外装における「感性品質手法」による感性価値の向上 愛知県
2019/5/16 自動車の電動化を取り巻く日本・韓国・中国の電池業界最新動向 東京都
2019/5/17 自動車内装材へ向けた加飾技術と質感向上 東京都
2019/5/20 自動車の電動化 / 自動運転 / MaaSの最新動向 東京都
2019/5/20 車載カメラの市場動向と最新規格 東京都
2019/5/20 自動車排出ガス規制の国内外の動向と試験法および計測法 東京都
2019/5/21 遮音・吸音のメカニズムと自動車室内における振動・騒音の低減 東京都
2019/5/22 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 東京都
2019/5/23 パワーデバイスの耐熱・耐湿性評価と国際規格動向 東京都
2019/5/27 車載カメラにおける画像認識技術のポイントと自動運転・自動駐車・周辺監視への応用 東京都
2019/5/27 クルマの自動運転技術・車両制御システムの最新開発動向 東京都
2019/5/28 自動車における振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動解析 東京都
2019/5/29 発泡成形の基礎と微細発泡成形への応用動向 東京都
2019/5/31 最新車載電子機器の分解から紐解く部品の方向性と今後の展望 東京都
2019/6/5 車載電子素子・機器の高信頼化要求特性と対応技術 東京都
2019/6/6 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 東京都
2019/6/12 5G向けミリ波回路、デバイスの開発動向とMassive MIMO技術 東京都
2019/6/14 自動車部材の軽量化技術とマルチマテリアル化の展望 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書