技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

抗体医薬品製造におけるダウンストリーム工程の開発とスケールアップ技術

抗体医薬品製造におけるダウンストリーム工程の開発とスケールアップ技術

~設備や機器・デバイスの概要、工程で求められるポイント、ラボスケールから製造スケールへのスケールアップ手法など~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、バイオ医薬品の中でも近年注目されているモノクローナル抗体医薬品の製造プロセスに焦点をあて、培養工程後のダウンストリームプロセスで利用される単離・精製技術を工程ごとに解説いたします。

開催日

  • 2017年10月31日(火) 12時30分 16時30分

プログラム

 バイオ医薬品の中でも近年注目されているモノクローナル抗体医薬品の製造プロセスに焦点をあて、培養工程後のダウンストリームプロセスで利用される単離・精製技術を工程ごとに紹介します。
 細胞や夾雑物と不純物を取り除き、目的物質の純度を高め高濃度化し原薬ができるまでの各ステップを、設備や機器・デバイスの概要、工程で求められるポイント、ラボスケールから製造スケールへのスケールアップ手法、連続運転に向けたプロセス強化手法などについて、最新のトレンドも踏まえて解説します。

  1. はじめに
    1. バイオ医薬品の市場規模
    2. バイオ医薬品開発の流れ
    3. バイオ医薬品パイプラインと開発の現状
  2. バイオ医薬品製造のダウンストリーム工程の概略
    1. 精製によるバイオ医薬品の収率と不純物除去の概念
    2. 製造フローの概要
    3. バイオ医薬品精製施設の変遷 – マルチユースからシングルユースへ
    4. バイオ医薬品精製施設の変遷 – バッチから連続運転へ
  3. 目的物回収と不純物除去を踏まえたダウンストリーム開発
    1. 各工程の機能を踏まえた精製マトリックス
    2. ダウンストリームプロセス開発における操作パラメーター
    3. 実験計画法の利用とQbD
    4. 工程設計の流れ
    5. 不純物クリアランスと回収率
  4. 清澄化工程
    1. 清澄化工程の概要と現状
    2. 清澄化技術の比較
    3. 清澄化工程のポイント
    4. 清澄化工程の開発とスケールアップ
  5. クロマトグラフィー工程
    1. 抗体精製におけるクロマトグラフィーとモード
    2. プロテインAアフィニティクロマトグラフィー
      • プロテインAクロマトグラフィーの概要
      • プロテインAクロマトグラフィー工程のポイント
      • プロテインAクロマトグラフィー工程の開発手法
      • プロテインAクロマトグラフィーのサイクル処理
    3. イオン交換クロマトグラフィー
      • イオン交換による精製手法の概要
      • 結合&溶出モードとフロースルーモード
      • 吸着容量と分離性能を踏まえた工程のポイント
      • フロースルーモードによるプロセス強化
      • クロマト樹脂のスクリーニング手法
      • イオン交換クロマトグラフィーのスケールアップ方法
  6. 濃縮・ダイアフィルトレーション
    1. タンジェンシャル・フロー・フィルトレーション (TFF) の概要
    2. TFF工程の要求事項とポイント
    3. TFF工程の開発手法と運転条件設定
    4. シングルパスTFFの利用
  7. ろ過滅菌フィルター
    1. フィルターの種類とタイプ
    2. フィルターに求められる性能
    3. フィルターのサイジング
  8. ウイルスクリアランス
    1. ウイルス安全性確保の重要性
    2. 製造工程におけるウイルスクリアランス
    3. 低pHによるウイルス不活化工程
    4. プロテインA工程との連携による連続処理
    5. ウイルスフィルターによるウイルスの除去
    6. ウイルスフィルター選定のポイント
    7. ウイルスフィルター工程の強化手法
  9. おわりに
    1. 抗体製造のダウンストリーム技術のまとめ
    2. これからの抗体製造プロセスのダウンストリーム

会場

江東区産業会館

第1会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/9/8 バリデーション文書/サイトマスターファイル作成時の必修事項と記載例 オンライン
2022/9/8 ディープラーニングを活用した細胞画像解析と創薬への応用 オンライン
2022/9/8 中・高分子医薬品DDS技術コース (2コース) オンライン
2022/9/8 LNP (脂質ナノ粒子) / 核酸DDS技術の実用化・製剤化 オンライン
2022/9/9 バイオ医薬品向けノンシリコーンプレフィルドシリンジ/材質選定/3極対応 オンライン
2022/9/9 改正GMP省令をふまえた試験室におけるデータインテグリティ対応とALCOAプラス原則によるデータの取扱い オンライン
2022/9/13 分子記述子の理解を深めるケモインフォマティクス基礎入門と毒性予測法 オンライン
2022/9/15 試験検査室でおさえるべきデータインテグリティにおける生データの定義とその保存、運用、管理 オンライン
2022/9/16 エンドトキシンの品質管理・試験法と各種バイオマテリアルからの除去技術 オンライン
2022/9/16 各開発段階における適切な変更管理・Validation実施と承認申請書との齟齬防止 オンライン
2022/9/21 データインテグリティ オンライン
2022/9/22 3極整合性をふまえたバイオ医薬品における承認申請資料CTD/CMC部分の作成要点と照会事項低減 オンライン
2022/9/26 GMP監査と当局査察・無通告査察対応セミナー オンライン
2022/9/26 ICH M7変異原性不純物におけるAmes試験、構造アラート、in silicoの結果を踏まえたエキスパートレビューの実施の仕方・着目点/判断の考え方 オンライン
2022/9/28 GxP領域データの (完全) 電子化プロセスとデータインテグリティ対応 オンライン
2022/9/28 細胞培養の基礎と品質管理/品質評価の実践ノウハウ オンライン
2022/9/29 スプレッドシートの効率的CSVとデータインテグリティ管理 オンライン
2022/9/29 無菌医薬品、滅菌医療機器のパラメトリックリリース オンライン
2022/9/30 新規モダリティ (核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療など) における事業性評価手法 オンライン
2022/9/30 製薬企業におけるリアルワールド活用・課題・実例 「臨床開発・PV活用編」編 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/8/1 データインテグリティ規程・手順書
2019/6/27 FDAが要求するCAPA導入の留意点
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2017/4/25 非GLP試験での効率的な信頼性基準適用と品質過剰の見直し