技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車におけるサウンドデザインのあり方と関連技術動向

自動車におけるサウンドデザインのあり方と関連技術動向

~乗り心地のよい自動車の音とその作り方~
東京都 開催

開催日

  • 2017年4月25日(火) 11時00分 17時00分

プログラム

第1部 自動車におけるサウンドデザインの基礎と音質評価

(2017年4月25日 11:00〜12:30)

 自動車NVH [1!] 開発において、旧来の騒音振動対策に収まらない課題への取組が求められ、積極的な音の利用を目指した「サウンドデザイン」の重要性が増している。
 本講座では、自動車におけるサウンドデザインの基礎として、車室内環境における音の重要性と設計の必要性を整理する。サウンドデザインのためには、その音質を評価する技術が不可欠であり、実例を交えながらその実施上の注意やtipsを紹介する。

  1. 自動車のサウンドデザイン
    1. 車室内の音環境
    2. 音知覚とマスキング
    3. サウンドデザイン~音の価値の積極的な利用・活用~
    4. 新たな価値創造としての音色創出
    5. 機能性サウンド (サイン音) の設計と活用
  2. 音質評価技術
    1. 代表的な主観評価法
    2. 音質評価指標
    3. 主観評価実験の実際
  3. 総括
    • 質疑応答

1 自動車の快適性を推し量る基準の一つ。Noise (雑音、騒音) 、Vibration (エンジンやタイヤから伝わる振動) 、Harshness (路面の段差などにより、ステアリングやシート、フロアへ伝わる振動) の頭文字を取った略語。

第2部 ヒトと車両のインタラクションをデザインする「音響」

~アクティブ制御 (ASC:アクティブサウンドコントロール) による音響リデザイン~

(2017年4月25日 13:20〜15:20)

 車室内の音環境リデザインを考えるに当たり、運動知覚を重要な車両全体性の1つと捉え、知覚認知メカニズムを考えた「情報性」をエンジン音にデザインすることを提案する。比較的長い時間間隔での知覚である加速過程や短い過渡的な状態で知覚されるエンジン状態の情報性を高める音質の音響構造について、DSP (デジタルシグナルプロセッサー) による合成の試聴を交えて紹介する。
 そして、ASCによる空間的な音像移動も実現した実車での収録音も紹介する。
 また、ヒトと車両のインタラクションを高める役割を考えた新たな音響や車内音デザインの原点を広い視点から考え、将来に向けた成熟した音環境を考える機会としたい。

  1. 加速感のゲシュタルト
    1. 知覚感覚の全体性
    2. 他感覚 (視覚と聴覚) の感覚統合
    3. 神経生理学的な見地
  2. エンジン音の情報性
    1. 加速運動の情報
    2. 音源情報とジェスチャーインターフェイス
  3. エンジン音の情報性音色デザイン
    1. 音色構造の再構築
      1. 運動知覚の音響構造
      2. 音源知覚の音響構造
    2. 音色の微細構造
  4. インタラクションを高める新たな音響
    1. 操作と結合する音
    2. sonicからsocialへ
  5. 音響と存在 ~車内音響デザインの目的地に向けて~
    1. 音響合成の端緒とメルロ・ポンティの現象学
    2. 音響の全体性への役割とハイデガーの存在論
    • 質疑応答

※ 質疑応答後に実車サイズのスペースの前後にスピーカーを配置してASCの再現デモを行う予定です (20分~30分程度)

第3部 自動車における吸音・遮音の基礎と車内音評価

(2017年4月25日 15:30~17:00)

 遮音・吸音の基礎理論をわかりやすく紹介し、その事例として、エンジンで発生した音がエンジンルーム内で音響増幅、さらに一重壁パネル、内装材を透過し、車室内に侵入するメカニズムと対策について解説する。さらに、車室内に侵入した音の拡散を吸音シート、吸音天井の開発により防止し、車内騒音低減に成功した事例を紹介する。

  1. 遮音・吸音基礎理論
    1. ①制振、②吸音、③遮音の概要と自動車での適用方法
    2. 遮音理論の基礎、吸音理論の基礎をわかりやすく紹介
    3. 自動車の車内騒音寄与度解析結果
  2. 音響増幅防止による車内音改善
    1. エンジンルーム内の音響増幅と車内音
    2. 共鳴型サイレンサーの開発事例
  3. 一重壁パネルの遮音性改善
    1. ステフネス、質量則 (マスロー) 、コインシデンスと透過損失
    2. エンジンカバーの遮音性改善事例
  4. 内装材の遮音性改善
    1. カーペット、フェルトなどの振動伝達比と車内音低減効果
    2. 共振型カーペット (遮音材) の開発事例
  5. 吸音対策
    1. 室定数と車内音低減効果、室定数測定方法
    2. 吸音シート、吸音天井の開発事例
    • 質疑応答

講師

  • 山内 勝也
    九州大学 大学院 芸術工学研究院
    准教授
  • 林 毅
    トヨタ自動車 株式会社 Lexus International レクサス車両実験部
    主幹
  • 谷本 隆一
    愛知工業大学 工学部 機械学科
    教授

会場

連合会館

2階 201会議室

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 51,300円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,000円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 25,000円(税別) / 27,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 51,300円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 81,000円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/1/25 自動車内装の感性・品質価値向上セミナー 東京都
2019/1/29 ドライバ状態のモニタリング技術と覚醒維持手法 東京都
2019/1/29 CFRTPの成形技術と含浸性向上 東京都
2019/1/31 中国自動車産業の将来予測、日本企業としての対応のポイント 東京都
2019/2/1 自動運転に向けた車載用アンテナの技術動向 東京都
2019/2/4 センサフュージョンのための状態推定アルゴリズム解説と自動車の自動運転への展開 東京都
2019/2/5 セット分解でみるADAS, Cluster, Head Up Display, etc. 東京都
2019/2/8 ドライバの状態推定、モニタリングと自動運転への応用可能性 東京都
2019/2/8 自動車エンジンの熱効率向上、排ガスクリーン化の原理と次世代燃焼技術 東京都
2019/2/8 LiDARによる自己位置推定技術 東京都
2019/2/18 自動車における振動・騒音対策技術と制振・防音材の評価および新対策法 東京都
2019/2/19 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2019/2/19 モータに関わる振動・騒音 東京都
2019/2/19 車載電子製品・部品における放熱・耐熱技術と将来動向 東京都
2019/2/21 車載電子機器の放熱、封止技術 東京都
2019/2/21 クルマの知能化最前線 東京都
2019/2/22 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2019/2/25 自動車用遮音・吸音材料の設計、適用方法と車室内の防音設計 東京都
2019/2/25 車載カメラにおける画像認識技術のポイントと自動運転・自動駐車・周辺監視への応用 東京都
2019/2/25 自動車用CFRP・CFRTPの最新動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/7/31 遮音・吸音材料の開発、評価と騒音低減技術
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 騒音・振動の対策と防音・防振材料の適用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/15 電動パワーステアリング 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)