技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

再生医療用足場材料の開発と生体吸収性向上技術

再生医療用足場材料の開発と生体吸収性向上技術

~歯、骨、神経、皮膚、筋肉、臓器、血管などの再生に用いる材料の安全性評価とは~
東京都 開催

開催日

  • 2017年3月15日(水) 10時00分 17時30分

プログラム

第1部. リン酸カルシウム系足場材料の設計・構築と再生医療応用

(2017年3月15日 10:00〜11:30)

 水酸アパタイトに代表されるリン酸カルシウムは、生体適合性・安全性に優れた機能材料として、再生医療用足場への応用が期待されている。
 本講演では、リン酸カルシウムの基礎からリン酸カルシウム系バイオメディカル製品の現状、再生医療応用研究まで、最近の研究事例も含めて解説する。

  1. リン酸カルシウムの基礎
    1. リン酸カルシウム化合物と物性
    2. リン酸カルシウムセラミックスの合成法
    3. リン酸カルシウムコーティング法 (他の材料基材との複合化)
    4. リン酸カルシウム系バイオメディカル製品
  2. リン酸カルシウム系足場材料と再生医療応用
    1. リン酸カルシウム足場材料
    2. リン酸カルシウムコート足場材料
  3. リン酸カルシウム系足場材料の高機能化と再生医療応用
    1. 生体微量元素との組み合わせ
    2. タンパク質との組み合わせ
    3. DNAとの組み合わせ
    • 質疑応答

第2部. 3次元配向性コラーゲンマテリアルの開発と再生医療への応用

(2017年3月15日 11:45〜13:15)

  1. 各種3次元配向性コラーゲンマテリアル
    1. 1次元配向性コラーゲンファイバー
    2. 2次元配向性コラーゲンシート
    3. 2次元配向性コラーゲンメッシュシート
    4. 2次元配向性コラーゲンコーティング
    5. 3次元配向性コラーゲンチューブ
    6. 3次元配向性コラーゲンブロック
    7. 配向性強度の制御
    8. 配向性方向の制御
    9. 配向性の計測
  2. 各種3次元配向性コラーゲンマテリアルの再生医療研究への応用例
    1. 骨再生研究
    2. 神経再生研究
    3. 尿道再生研究
    4. 血管再生研究
    5. バイオロボティックス研
    • 質疑応答

第3部. バイオナノファイバーを用いた再生医療用足場材料の開発とその生体吸収性

(2017年3月15日 14:15〜15:45)

  1. 再生医療用バイオポリマー
    1. 乳酸系、グリコール酸系ポリマー
    2. ポリペプチド系ポリマー
    3. 多糖類
  2. ナノファイバーの作製技術
    1. 電界紡糸 (溶媒型)
    2. 溶融型静電紡糸
    3. セルロースナノファイバー
    4. その他のナノファイバー化技術
      • 凍結乾燥
      • 発泡
      • 相分離など
    5. 三次元化技術、複合技術
  3. バイオナノファイバーの細胞足場材料への応用例
    1. 足場材料に求められる諸特性
    2. バイオナノファイバーの修飾、機能化
    3. 骨再生への応用
    4. 神経再生への応用
    5. 皮膚再生への応用
    6. 血管移植への応用
    • 質疑応答

第4部. 自己組織化高分子足場材料による再生医療製品の開発~生体吸収性向上の工夫

(2017年3月15日 16:00〜17:30)

  • 自己組織化高分子足場材料
  • 再生医療製品の開発
  • 生体吸収性などの評価
  • 研究動向
  • 今後の展望と課題 など
  • 質疑応答

講師

  • 大矢根 綾子
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所
    主任研究員
  • 礒部 仁博
    株式会社 アトリー 奈良開発本部
    技術顧問
  • 宇山 浩
    大阪大学 大学院 工学研究科 応用化学専攻
    教授
  • 田中 賢 (バイオマテリアル)
    九州大学 先導物質化学研究所 ソフトマテリアル部門 ソフトマテリアル学際化学分野
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/24 癒着防止材、止血材開発で知っておくべき特許戦略 東京都
2018/7/24 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理 東京都
2018/7/30 医療・ヘルスケア・感性計測用センサの小型化・高機能化と応用展開 東京都
2018/7/30 審査側から見た医療機器承認申請書作成のポイント 東京都
2018/8/3 医療機器の価格決定に必要なプロセスと価格管理戦略 東京都
2018/8/6 医療機器企業におけるCSV実践セミナー 東京都
2018/8/21 重要事項がすぐ分かるための医療機器の添付文書作成の実例 東京都
2018/8/24 英文メディカルライティング入門講座 東京都
2018/8/24 医療機器GCP入門講座 東京都
2018/8/28 シリンジ・注射剤容器材料選定と試験法およびプレフィルドシリンジの材料選定と品質基準 東京都
2018/8/30 コンビネーションプロダクトの開発ステップと申請データ要件 東京都
2018/8/30 国際規格ISO14971に基づく医療機器リスクマネジメント 東京都
2018/9/14 癒着防止材、止血材使用時のトラブルと製品ニーズ 東京都
2018/9/18 不確実性がある中での医薬品の売上予測実施ノウハウ 東京都
2018/9/18 生分解性高分子材料の滅菌と放射線架橋による高性能化 東京都
2018/9/21 医療機器の保険収載戦略策定と申請時の留意点 東京都
2018/9/25 非劣性試験における試験デザイン・実施・評価と優越性試験との比較 東京都
2018/9/26 医療機器のFDA 510k申請記載事項と指摘事例にみるQSR査察とISO監査の違い 東京都
2018/10/19 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 東京都
2018/10/26 米国FDA 510(k)申請書作成法と留意点 東京都

関連する出版物

発行年月
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/28 正しいALCOA原則・実践から治験Quality Managementと適合性調査