技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

石油精製 & ディーゼル自動車排気ガス浄化触媒の要求機能・市場と技術・開発動向

石油精製 & ディーゼル自動車排気ガス浄化触媒の要求機能・市場と技術・開発動向

東京都 開催

開催日

  • 2016年3月18日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 石油精製触媒に関連する技術者、研究者

修得知識

  • 産業を取り巻く環境変化と市場ニーズの把握
  • 新燃料油・ディーゼル触媒の課題と後処理技術
  • エネルギー精製・環境用途の触媒技術

プログラム

第1部 石油精製触媒の進歩と技術・開発動向

(2016年3月18日 10:30-12:30)

  1. 最近の燃料油製造方法の進歩
    1. 装置構成
    2. 蒸留
    3. 燃料油
    4. 精製プロセス
      • 水素化脱硫
      • 接触分解
      • 接触改質
      • アリキル化
      • MTBE
  2. 新燃料油の開発動向
    1. シェールガス
    2. シェールオイル
    3. カナダ・オイルサンド油
    4. バイオ燃料油
    5. コロイダル燃料油
    6. GTL
  3. 石油精製触媒の進歩
    1. 市場動向
    2. 触媒開発の原動力
    3. ガソリン製造用触媒
    4. 中質留分用触媒
    5. 触媒の物性測定法
    • 質疑応答

第2部 ディーゼル自動車用排ガス浄化触媒の開発と技術動向

(2016年3月18日 13:15-16:15)

ディーゼル自動車用排ガス浄化触媒に求められる要求機能を市場動向・顧客ニーズから解説するとともに、ディーゼル触媒の開発課題を明確にし排ガス処理技術のアプローチを紹介する。
  1. 自動車産業をとりまく環境変化 (全般)
    1. 排気規制・燃費・規制と燃料動向
      • 新興国
      • 日米欧
      • 世界統一規制
    2. 内燃機関の開発動向
    3. ディーゼルエンジンの開発動向
    4. 市場動向のまとめ
    5. 触媒への要求と課題
    6. 触媒システムの種類
      • ガソリン
      • ハイブリッド
      • リーンバーン
      • ディーゼル
      • 大型トラック
      • 建機
      • CNG
  2. ディーゼル触媒の構成 (基礎編)
    1. ディーゼル触媒の種類と触媒構成
    2. 基材
    3. 触媒材料・貴金属
      • 最新のミクロ分析技術と触媒の解析手法
      • 貴金属、ゼオライトの劣化メカニズムと対策
      • シュミレーションの活用例
  3. ディーゼル触媒の課題と後処理技術の対策 (実践編)
    1. ディーゼル用触媒の課題と後処理の方法
    2. ディーゼル酸化触媒
      • 新興国向け酸化触媒、先進国向け酸化触媒+DPF
    3. ディーゼルパティキュレートフィルター (DPF)
    4. NOx処理触媒
      • 尿素SCR触媒
      • HC – SCR触媒
      • 吸蔵還元触媒
    5. その他の将来後処理技術の動向
      • NOxの直接分解触媒
      • 尿素SCR+DPF一体化
      • 酸化触媒+DPF一体化
      • プラズマ+後処理技術
      • オゾン+後処理技術
  4. 今後のディーゼル後処理動向
    • 質疑応答

講師

  • 藤田 稔
    石油分析化学研究所
    代表
  • 青野 紀彦
    株式会社キャタラー 第4研究開発部
    理事 兼 部長

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第2講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/2/26 工業触媒の基礎知識 東京都
2020/2/27 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用 東京都
2020/3/4 PCP/MOF (金属有機構造体) の作り方、使い方、その評価・応用 東京都
2020/3/13 遮音・吸音のメカニズムと自動車室内における振動・騒音の低減 東京都
2020/3/13 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2020/3/13 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都
2020/3/16 自動車の電動化に向けたSiCパワーデバイス・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 東京都
2020/3/16 自動車用LIDAR技術の基礎と最新動向、自動運転への展開 東京都
2020/3/18 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 東京都
2020/3/19 車載電子機器の放熱、封止技術 東京都
2020/3/19 次世代パワーエレクトロニクス用リアクトル・トランスのコア材料への要求特性とその事例 東京都
2020/3/19 FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 東京都
2020/3/23 振動発電技術、デバイスの開発動向とその応用展開 東京都
2020/3/23 自動車用塗料・塗膜の設計、評価と劣化、不具合対策 東京都
2020/3/24 人工・合成皮革の触感制御と自動車内装材への応用 東京都
2020/3/25 熱電変換の基礎、熱電材料の高性能化指針および最新の研究開発動向 東京都
2020/3/27 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2020/3/27 自動車における振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動解析 東京都
2020/3/30 国内外における陸上・洋上風力発電の市場動向と今後の展望 東京都
2020/4/8 トラブル未然防止のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望