技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

事例/経験から学ぶISO26262の安全設計10個のポイント解説

事例/経験から学ぶISO26262の安全設計10個のポイント解説

~欧州認証機関との豊富なプロジェクト経験から学ぶ、グローバル基準への対応ノウハウ~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、ISO26262を基礎から解説し、ISO26262対応を進める上での勘所や注意点についても事例を交えて説明いたします。

開催日

  • 2014年2月28日(金) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • 車載システムの技術者、設計者、品質担当者
    • 安全設計を規格に沿って点検しておきたい技術
  • ISO 26262の導入を検討されている方
  • 機能安全・ISO26262の基礎を学びたい方

プログラム

 自動車の機能安全規格ISO 26262で要求される安全設計のポイント・ノウハウを解説します。欧州認証機関との数々のプロジェクト経験を踏まえた「グローバルな合格基準」、グローバル対応を乗り切るための「開発方法・改善方法」などについて、弊社の事例・経験に基づく具体的な内容とともにわかりやすくご説明します。
 これから機能安全を始められる方、何をどこまで対応すればよいか悩んでおられる方、グローバル対応で苦労されている方のご参加をお待ちしております。

  1. 機能安全とは?~身近な危険事例から~
  2. ISO 26262の概要~規格書の歩き方、その哲学~
  3. 機能安全コンセプトと技術安全コンセプト~安全要求の詳細化と要求トレーサビリティ~
  4. ASIL分解~分解すべきかせざるべきか、それが問題だ~
  5. 安全分析~システムレベル~HAZOPによる安全要求獲得の実習~
  6. 安全分析~ソフトウェアレベル~状態遷移設計の分析実習~
  • 合同相談会 (2013年12月20日 16:00〜17:00)

講師

  • 水口 大知
    株式会社アトリエ
    取締役
  • 森川 聡久
    株式会社ヴィッツ 機能安全開発部
    取締役 / 部長

会場

株式会社オーム社 オームセミナー室
東京都 千代田区 神田錦町3-1
株式会社オーム社 オームセミナー室の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,400円 (税別) / 52,920円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 59,850円 (税込) (3名まで受講可)

割引特典について

  • 複数名 同時受講:
    1口 59,850円(税込) (3名まで受講可能)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/28 人工皮革・合成皮革の入門講座 オンライン
2020/10/1 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 オンライン
2020/10/8 AI搭載システムの機能安全規格適合方法 オンライン
2020/10/8 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と高機能化 オンライン
2020/10/13 最新車載電子機器の分解から紐解く部品の方向性と今後の展望 オンライン
2020/10/19 自動運転・運転支援における環境認識技術 オンライン
2020/10/22 自動運転システムの安全設計と評価技術 オンライン
2020/10/26 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2020/10/30 自動車における排ガス規制の動向を知る オンライン
2020/11/4 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 愛知県 会場
2020/11/4 自動車の振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動の基礎 オンライン
2020/11/5 米中欧で加速するEV、自動運転、キーとなる車載カメラ・イメージセンサの市場・技術動向 オンライン
2020/11/12 自動車外装部材への加飾技術 オンライン
2020/11/13 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用 オンライン
2020/11/20 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 オンライン
2020/11/24 航空産業界のコロナインパクトと空飛ぶ車 (eVTOL) のテクノロジーおよび事業化動向 東京都 会場・オンライン
2020/12/1 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2021/2/26 自動車を取り巻く規制と熱マネジメント・空調システムの技術動向と展望 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書