技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望

2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望

~次世代電池・蓄電デバイス (二次電池&キャパシタ) 市場実態/予測~

ご案内

  現在主流のリチウムイオン電池(LiB)の電解液を固体化した「全固体電池」。電気自動車(EV)向けに実用化が見込まれる時期が「2025年頃」と具体化してきました。スマートフォンやあらゆるモノがネットにつながる「IoT」端末向けはさらに早く、今年から量産が始まります。充電の速さや安全性の高さを強みに普及すれば、蓄電池やEV市場などの勢力図を書き換える可能性が高くなっています。また、2017年4月からエネルギー自由化がスタートしています。その際に蓄電デバイス(二次電池・キャパシタ)も重要な役割を担うことになります。東日本大震災による原子力発電所事故の影響で、産業界は太陽光や風力発電など再生可能エネルギーへの転換が求められています。自動車分野では、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)といった環境自動車市場も拡大傾向にあります。一方、再生可能エネルギーは天候状況により、電力供給が不安定などの問題を抱えています。こうした問題を解決するためには、電気を蓄え効率的に利用することができる蓄電デバイスの必要性が高まっています。LiBは、安全性などの向上によって、アプリケーションの拡大と連携して、今後も成長が予測されます。スマート端末、ウェアラブル&IoT機器、環境対応車、電力系統などへの応用が期待されています。

目次

第Ⅰ章 次世代電池と蓄電デバイス市場

  • 1. 蓄電デバイスの定義と市場概況
  • 2. 蓄電デバイスの最新動向 (全固体電池)
    • ① 蓄電デバイス世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • ② 蓄電デバイス別世界市場推移・予測/構成推移
    • ③ 用途別蓄電デバイス世界市場推移・予測/構成推移
    • ④ メーカー別蓄電デバイス市場推移・予測/構成推移
  • 3. 蓄電デバイス注目市場の動向と展望

第Ⅱ章 二次電池市場の動向と展望

  • 1. 二次電池世界/国内市場の動向と実態
    • (1) 二次電池世界/国内市場概況 (表・2011年度~)
      • ① 一次電池・二次電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
      • ② 二次電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
      • ③ 二次電池世界メーカーシェア (数量・金額)
      • ④ 用途別二次電池世界市場推移・予測 (金額)
      • ⑤ 民生・車載用二次電池別世界市場推移・予測 (数量・金額)
      • ⑥ 産業・電力用二次電池別世界市場推移・予測 (数量・金額)
  • 2. 二次電池の種類と特徴
    • (1) リチウムイオン電池の特徴と種類
    • (2) リチウムイオン電池の安全性
    • (3) リチウムイオン電池の課題と今後
    • (4) リチウムイオン電池の新材料の動向
    • (5) 大型ニッケル水素電池 (Ni-MH) 電池の動向
    • (6) 金属リチウム空気電池の動向と展望
  • 3. タイプ別二次電池世界市場推移・予測 (全体)
    • (1) タイプ別二次電池出荷数量推移・予測
    • (2) タイプ別二次電池出荷数量構成比率
    • (3) タイプ別二次電池出荷金額推移・予測
    • (4) タイプ別二次電池出荷金額構成比率
  • 4. タイプ別二次電池世界市場推移・予測 (個別)
    • (1) タイプ別二次電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (2) リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (3) リチウムイオン電池世界メーカーシェア (数量・金額)
    • (4) タイプ別リチウムイオン電池市場推移・予測
    • (5) ニッケル水素電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (6) ニッケル水素電池世界メーカーシェア (数量・金額)
    • (7) タイプ別ニッケル水素電池世界市場推移・予測
    • (8) 鉛蓄電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (9) 鉛蓄電池世界メーカーシェア (数量・金額)
  • 5. 用途別リチウムイオン電池世界市場推移・予測
    • (1) 用途別リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (数量)
    • (2) 用途別リチウムイオン電池出荷数量構成比率
    • (3) 用途別リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (金額)
    • (4) 用途用リチウムイオン電池出荷金額構成比率
    • (5) 民生別リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (6) 民生別リチウムイオン電池メーカーシェア (数量・金額)
    • (7) 車載用リチウムイオン電池世界市場推移・予測 (数量・金額)
    • (8) 車載用リチウムイオン電池メーカーシェア (容量・金額)
    • (9) 産業用LiB世界市場推移・予測 (容量・金額)
    • (10) 産業用LiBメーカーシェア (容量・金額)
  • 6. メーカー別二次電池出荷数量・金額一覧 (表)
    • (1) メーカー別二次電池出荷数量推移・予測
    • (2) メーカー別二次電池出荷金額推移・予測
  • 7. タイプ別二次電池メーカー出荷数量推移・予測
    • (1) リチウムイオン電池メーカー別出荷数量推移・予測
    • (2) ニッケル水素電池メーカー別出荷数量推移・予測
    • (3) 鉛蓄電池メーカー別出荷数量推移・予測
  • 8. タイプ別二次電池メーカー出荷金額推移・予測
    • (1) リチウムイオン電池メーカー別出荷金額推移・予測
    • (2) ニッケル水素電池メーカー別出荷金額推移・予測
    • (3) 鉛蓄電池メーカー別出荷金額推移・予測

第Ⅲ章 キャパシタ市場の動向と展望

  • 1. 次世代キャパシタ (LiC) 市場の動向と実態
    • (1) リチウムイオンキャパシタの概要と種類
    • (2) リチウムイオンキャパシタの市場概況と動向
      • 市場推移予測/シェア/メーカー別出荷数量・金額/用途別
  • 2. 電気二重層キャパシタ (EDLC) 市場の動向と実態
    • (1) 電気二重層キャパシタの種類と特徴
    • (2) 電気二重層キャパシタの市場概況と動向
      • 世界市場推移・予測
      • 世界シェア (数量・金額)
      • 国内メーカー出荷金額
      • 数量場推移予測
      • 国内シェア (数量・金額)
  • 3. EDLC弊社実態調査集計資料 (2011~20年度)
    • (1) 主要国内メーカー別出荷数量・金額一覧 (表)
    • (2) 主要国内メーカー別出荷数量推移・予測
    • (3) 主要国内メーカー別出荷金額推移・予測
    • (4) タイプ別電気二重層キャパシタ市場推移・予測 (全体)
      • 出荷数量予測
      • 構成比率 (数量)
      • 出荷金額予測
      • 構成比率)
    • (5) タイプ別電気二重層キャパシタ市場推移・予測・シェア (個別)
    • (6) タイプ別メーカー別出荷数量推移・予測
    • (7) タイプ別メーカー別出荷金額推移・予測
    • (8) 容量別電気二重層キャパシタ出荷数量・金額推移予測
    • (9) 用途別電気二重層キャパシタ世界市場推移予測 (数量・金額)

第Ⅳ章 キャパシタメーカーの動向と展望

  • 1. 電気二重層キャパシタメーカーの動向と展望
    • エルナー 株式会社
    • セイコーインスツル 株式会社
    • 株式会社 トーキン
    • ニチコン 株式会社
    • 日本ケミコン 株式会社
    • パナソニック 株式会社
    • ルビコン 株式会社
  • 2. リチウムイオンキャパシタメーカーの動向と展望
    • JMエナジー 株式会社
    • 太陽誘電エナジーデバイス 株式会社
    • 日立化成 株式会社

第Ⅴ章 二次電池メーカーの動向と展望

  • 1. 二次電池国内主要メーカーの動向と展望 (2018~22年度)
    • 株式会社 エンビジョンAESCエナジーデバイス
    • FDK 株式会社
    • エリーパワー 株式会社
    • 株式会社 GSユアサ
    • 東芝インフラシステムズ 株式会社
    • パナソニック 株式会社
    • 日立化成 株式会社
    • マクセル 株式会社
    • 株式会社 村田製作所
  • 2. 二次電池海外主要メーカーの動向と展望 (2018~22年度)
    • Amperex Tcechnology
    • LG化学
    • サムスンSDI
    • BAK
    • BYD

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5/A4判 並製本 200ページ

発行年月

2020年4月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 77,000円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 90,000円(税別)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/6 HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術 オンライン
2021/12/8 汎用リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 オンライン
2021/12/10 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2021/12/10 リチウムイオンニ次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 オンライン
2021/12/14 全固体リチウム二次電池の開発状況と展望 オンライン
2021/12/15 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2021/12/15 リチウムイオン電池生産工程における安全対策 オンライン
2021/12/16 カルマンフィルタ/逐次最小二乗法によるリチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定法 オンライン
2021/12/17 電池評価のための交流インピーダンス測定の基礎と応用 オンライン
2021/12/23 全固体電池における固体電解質&電極材料の基本、研究・開発動向と今後の課題 オンライン
2021/12/24 インピーダンス測定・解析 オンライン
2021/12/24 リチウムイオン電池の効率劣化診断 オンライン
2021/12/27 自動車の電動化と車載電池の再利用および課題 オンライン
2022/1/20 材料シミュレーションによる蓄電池材料の機能解析とマテリアルズ・インフォマティクスへの展開 オンライン
2022/1/24 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術とビジネスチャンス オンライン
2022/1/25 EVとEV電池におけるサプライ・チェーンSCの課題と対応 オンライン
2022/1/26 リチウムイオン電池のBMS設計と高精度残量推定手法・劣化予測手法 オンライン
2022/1/27 リチウムイオン電池産業 現状と今後の展望 オンライン
2022/1/28 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策 オンライン
2022/1/31 リチウムイオン電池の温度・劣化状態の管理技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場 (書籍版 + CD版)
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2019/11/29 リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望