技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望

燃料電池市場実態/予測・燃料電池車・関連部材/技術

2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望

~スマート・エネルギー ~ Fuel Cell編~

ご案内

 我が国においては、1981年のムーンライト計画から現在に至るまで、燃料電池の開発・実証を継続的に行った結果、2009年に家庭用燃料電池が、2014年には燃料電池自動車 (Fuei Cell Vehicle:FCV) が市場投入され、さらに2016年度には燃料電池バス (FCバス) や燃料電池フォークリフト (FCフォークリフト) が市場等投入される予定など、30年以上の官民の努力が、世界に先駆けてようやく実りつつあります。
 もっとも、こうした水素利活用技術には、技術面、コスト面、制度面、インフラ面などでまだ多くの課題が存在しており、社会に広く需要されるか否かは、これからの取組みにかかっているといえます。しかしながら、水素を日常生活や産業活動で利活用する社会、すなわち「水素社会」の実現を目指すことには、その価値が十分にあると考えられます。
 なぜならば、水素利活用技術の適用可能性は幅広く、既に実用化段階にある定置用燃料電池やFCVだけでなく、船舶や鉄道等を含む他の運輸分野、水素発電等、我が国のエネルギー消費分野の多くに対応し得る潜在的なかの可能性がありますが、このような多岐にわたる分野において、水素の利活用を抜本的に拡大することで、大幅な省エネルギー、エネルギーセキュリティの向上、環境負荷低減に多く貢献できる可能性があるからです。

目次

序章 燃料電池のロードマップと将来

第Ⅰ章 水素燃料電池国内外市場の動向と展望

  • 2. 燃料電池世界市場の動向と展望
    • (1) 燃料電池用途別世界市場の概況と動向
    • (2) 燃料電池市場業界図 (世界・国内)
      • ① 燃料電池世界市場推移・予測 (全体) (台数・金額)
      • ② 燃料電池用途別世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ③ 家庭用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ④ 車載用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑤ ポータブル用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑥ 産業・業務用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑦ 動力用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑧ 携帯機器用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑨ 定置用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑩ 燃料電池地域別市場推移・予測 (金額)
    • (3) 燃料電池タイプ別世界市場の概況と動向
      • ① 燃料電池タイプ別世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ② 固体高分子形燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ③ 固体酸化物形燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ④ 直接メタノール形燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑤ リン酸形燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑥ 溶融炭酸塩形燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
  • 3. 燃料電池国内市場の動向と実態
    • (1) 燃料電池国内市場の概況と動向
    • (2) 燃料電池市場の最新動向
      • ① 燃料電池国内市場推移・予測 (全体) (台数・金額)
      • ② 家庭用燃料電池国内メーカーシェア (台数・金額)
      • ③ 家庭用燃料電池国内メーカー出荷台数・金額推移予測
    • (3) 燃料電池用途別国内市場の概況と動向
      • ① 燃料電池用途別国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ② 家庭用燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ③ 自動車用燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ④ ポータブル用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑤ 産業・業務用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑥ 動力用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑦ 携帯機器用燃料電池世界市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑤ 定置用燃料電池国内市場推移・予測/構成比率 (台数・金額)
    • (4) 燃料電池タイプ別国内市場の概況と動向
      • ① 燃料電池タイプ別国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ② 固体高分子形燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ③ 固体酸化物形燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ④ 直接メタノール形燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑤ リン酸形燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑥ 溶融炭酸塩形燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ⑦ 燃料電池容量別国内市場推移・予測 (容量)
  • 4. 海外の燃料電池・水素関連動向
  • 5. 海外燃料電池関連メーカーの動向
  • 6. 燃料電池を取り巻く背景と助成等制度
    • (1) 再生可能エネルギーの概要と動向
    • (2) 燃料電池に関する助成制度 (2016年度)
      • 参考: 民生用燃料電池導入支援補助金

第Ⅱ章 家庭用燃料電池市場の動向と展望

  • 1. 家庭用燃料電池市場の動向と実態
    • (1) 家庭用燃料電池市場の概要と動向
      • ① 家庭用燃料電池国内市場推移・予測 (台数・金額)
      • ② 家庭用燃料電池販売会社シェア (台数・金額)
      • ③ 家庭用燃料電池販売会社別市場推移・予測
  • 3 家庭用燃料電池メーカー別市場推移・予測 (台数・金額)
    • 参考: 家庭用燃料電池の台数と価格の推移 他
    • (2) 家庭用固体酸化物形燃料電池システムの動向
  • 2. 家庭用燃料電池関連メーカーの動向と展望
    • (1) アイシン精機 株式会社
    • (2) アストモスエネルギー 株式会社
    • (3) 大阪ガス 株式会社
    • (4) JXエネルギー株式会社
    • (5) 西部ガス 株式会社
    • (6) 静岡ガス 株式会社
    • (7) 東京ガス 株式会社
    • (8) 東芝燃料電池システム 株式会社
    • (9) 東邦ガス 株式会社
    • (10) パナソニック 株式会社

第Ⅲ章 小型・大型燃料電池の市場動向と展望

  • 1. 小型・携帯用燃料電池の動向と実態
    • (1) ポータブル燃料電池の現状と動向
    • (2) ポータブル燃料電池の今後と展望
    • (3) リチウムイオン電池との比較
  • 2. ポータブル燃料電池関連の技術開発動向
  • 3. ポータブル燃料電池関連メーカーの動向と展望
    • (1) アクアフェアリー 株式会社
    • (2) 株式会社 東 芝
    • (3) パナソニック 株式会社
    • (4) 株式会社 日立製作所
    • (5) 三菱ガス化学 株式会社
  • 4. ポータブル燃料電池部材関連メーカーの動向と展望
    • (1) 株式会社 クラレ
    • (2) JSR 株式会社
    • (3) 東洋紡績 株式会社
    • (4) 東 レ 株式会社
    • (5) 株式会社 トクヤマ
    • (6) ニッポン高度紙工業 株式会社
    • (7) 日立金属 株式会社
  • 5. 産業用燃料電池の動向と展望
    • (1) 産業用燃料電池市場の最新動向
  • 6. 固体酸化物形燃料電池 (SOFC) の動向と展望
    • (1) 固体酸化物形燃料電池の技術動向
    • (2) 固体酸化物形燃料電池のロードマップ
  • 7. 固体酸化物形燃料電池関連メーカーの動向と展望
    • (1) 関西電力 株式会社
    • (2) JX日鉱日石エネルギー 株式会社
    • (3) 第一稀元素化学工業 株式会社
    • (4) 東京ガス 株式会社
    • (5) 東邦ガス 株式会社
    • (6) 日本ガイシ 株式会社
    • (7) 株式会社 日本触媒
    • (8) 日立金属 株式会社
    • (9) ホソカワミクロン 株式会社
    • (10) 三菱重工業 株式会社
  • 8. リン酸形燃料電池 (PAFC) の動向と展望
    • (1) リン酸形燃料電池の現状と動向
    • (2) リン酸形燃料電池関連メーカーの動向と展望
  • 9. 溶融炭酸塩形燃料電池 (MCFC) の動向と展望

第Ⅳ章 燃料電池自動車市場の動向と展望

  • 1. 燃料電池自動車 (FCV) の動向と実態
    • (1) 燃料電池自動車市場の最新動向
    • (2) 燃料電池自動車の課題と展望
    • (3) 環境対応車の現状と動向
    • (4) 燃料電池自動車の提携関係向
      • ① 環境自動車世界市場推移・予測 (2010年〜2030年度)
      • ② 燃料電池自動車世界市場推移・予測 (2010~30年度・地域別)
      • ③ 車種別燃料電池自動車世界市場推移・予測 (2010~30年度)
      • ④ 燃料電池自動車国内市場推移・予測 (2010~30年度・累計)
  • 2. 燃料電池自動車関連国内メーカーの動向と展望
    • (1) トヨタ自動車 株式会社
    • (2) 日産自動車 株式会社
    • (3) 本田技研工業 株式会社
  • 3. 燃料電池自動車関連海外メーカーの動向と展望
  • 4. 水素ステーションの動向と展望
    • (1) 水素ステーションの最新動向
    • (2) 水素燃料の概要と動向
    • (3) 水素ビジネスの概要と展望
    • (4) 水素ビジネスの関連動向
    • (5) 水素ステーションの課題と検討
      • ① 水素ステーション世界/国内市場推移予測
      • ② 水素ステーション地域 (6) 別構成比率
  • 5. 水素ステーション関連メーカーの動向と展望
    • (1) 出光興産 株式会社
    • (2) 岩谷産業 株式会社
    • (3) エア・ウォーター 株式会社
    • (4) JXエネルギー株式会社
    • (5) 大陽日酸 株式会社
    • (7) 東京ガス 株式会社
    • (7) 東邦ガス 株式会社
    • (8) 三菱化工機 株式会社
  • 6. 水素ステーションの設置動向

第Ⅴ章 燃料電池関連部材・技術の動向と展望

  • 1. 燃料電池部材市場の動向と実態
    • (1) 燃料電池部材市場の最新動向
      • ① 燃料電池関連部材市場推移・予測 (燃料電池別・金額)
      • ② 燃料電池関連部材構成比率 (燃料電池別・金額)
  • 2. 固体高分子膜と電極材の動向と展望
    • (1) 固体高分子膜・電極材の技術動向
    • (2) 固体高分子膜世界市場推移予測/シェア
  • 3. 高分子膜・電極材関連メーカーの動向と展望
    • (1) 旭化成ケミカルズ 株式会社
    • (2) 旭硝子 株式会社
    • (3) 株式会社 GSIクレオス
    • (4) 住友化学 株式会社
    • (5) 田中貴金属工業 株式会社
    • (6) デュポン 株式会社
    • (7) 戸田工業 株式会社
    • (8) 株式会社 ノリタケカンパニーリミテド
    • (9) 株式会社 フルヤ金属
    • (10) ホソカワミクロン 株式会社
  • 4. 燃料電池セパレータの動向と技術
  • 5. 燃料電池用セパレータ関連メーカーの動向と展望
    • (1) NOK 株式会社
    • (2) 山陽特殊製鋼 株式会社
    • (3) 昭和電工 株式会社
    • (4) 信越ポリマー 株式会社
    • (5) 新日鉄住金 株式会社
    • (6) 株式会社 精工技研
    • (7) 大同特殊鋼 株式会社
    • (8) 大日本印刷 株式会社
    • (9) 東海カーボン 株式会社
    • (10) 日清紡ホールディングス 株式会社
    • (11) 日立金属 株式会社
  • 6. 燃料電池関連部材有力メーカーの動向と展望
    • (1) オムロン 株式会社
    • (2) オリジン電気 株式会社
    • (3) 栗田工業 株式会社
    • (4) 帝 人 株式会社
    • (5) 三菱レイヨン 株式会社
  • 7. 燃料電池計測・評価装置関連メーカーの動向と展望
    • (1) 株式会社 エヌエフ回路設計ブロック
    • (2) 菊水電子工業 株式会社
    • (3) 株式会社 島津製作所
    • (4) 株式会社 チノー
    • (6) 株式会社 東陽テクニカ
    • (6) 日置電機 株式会社
    • (7) 株式会社 日立ハイテクノロジーズ
    • (8) 横河電機 株式会社
  • 8. 定置用燃料電池関連の技術開発動向
  • 参考: 燃料電池関連メーカー・企業の戦略

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 200ページ

発行年月

2016年11月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 75,600円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別) 75,600円(税込)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別) 75,600円(税込)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別) 97,200円(税込)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 90,000円(税別) 97,200円(税込)
印刷版 + プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 110,000円(税別) 118,800円(税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/12/20 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎を学ぶ養成講座 東京都
2019/1/8 自動車用遮音・吸音材料の性能予測と音質の評価 東京都
2019/1/11 自動車用樹脂窓に向けた耐摩耗性、耐擦傷性向上技術 東京都
2019/1/16 車載機器・部品の信頼性向上を実現する放熱・耐熱技術 東京都
2019/1/16 車載ミリ波センシングシステムにおけるミリ波アンテナ・電磁波技術と要求性能/課題および解決技術 東京都
2019/1/18 自動車マルチマテリアル化におけるCFRP - 金属の接合技術 東京都
2019/1/18 自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向 東京都
2019/1/21 ガソリン車のPM,PN排出規制とGPF触媒の開発事例 東京都
2019/1/21 自動車窓ガラスの樹脂窓化と耐摩耗性、耐候性の向上 東京都
2019/1/22 CFRPの最新動向と加工技術 東京都
2019/1/22 自動車産業における樹脂材料・高分子複合材料の "これから" を考える 東京都
2019/1/23 ARヘッドアップディスプレイにおけるドライバーの視覚特性とHMIへの応用 東京都
2019/1/24 トラブル未然防止のための寿命予測/信頼性試験の考え方 東京都
2019/1/25 自動車内装の感性・品質価値向上セミナー 東京都
2019/1/29 ドライバ状態のモニタリング技術と覚醒維持手法 東京都
2019/1/29 CFRTPの成形技術と含浸性向上 東京都
2019/1/29 リチウムイオン二次電池と評価の基礎 東京都
2019/1/30 拡大するバイオエコノミー市場の中の"藻類"のポテンシャル 東京都
2019/1/31 中国自動車産業の将来予測、日本企業としての対応のポイント 東京都
2019/2/1 自動運転に向けた車載用アンテナの技術動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望