技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

生産現場も喜ぶ組立知識と設計見積り力を学ぶ

生産現場の実務で役立てるための

生産現場も喜ぶ組立知識と設計見積り力を学ぶ

~加工に偏り、意外と検討しない「組立」に注目し、低コスト化を狙う~
オンライン 開催

アーカイブ配信で受講をご希望の場合、視聴期間は2024年5月23日〜29日を予定しております。
アーカイブ配信のお申し込みは2024年5月16日まで承ります。

概要

本セミナーでは、部品組立の設計見積り、現地の工賃に適した現地化設計、溶接の加工知識と設計見積り、上方組立/水平組立の知識・設計見積り、ベルトとチェーンとばねの組立知識・設計見積り、コイルばねの組立知識・設計見積りについて、豊富な経験に基づき、具体的事例を交えながら実践的に解説いたします。

開催日

  • 2024年5月16日(木) 10時00分 16時30分

受講対象者

  • 商品の企画者と設計者
  • 部品の設計者
  • 生産ラインの生産技術者
  • 生産ラインの組立て装置、組立て治工具の設計者 (生産技術者)
  • 生産ラインの検査装置、検査治工具の設計者 (生産技術者)
  • 品質管理部 (品質保証部)
  • 企業内の品質向上チーム/低コスト化チーム

修得知識

  • 部品組立の設計見積り
  • 現地の工賃に適した現地化設計を理解
  • 溶接の加工知識と設計見積り
  • 上方組立/水平組立の知識と設計見積り
  • ベルトとチェーンとばねの組立知識と設計見積り
  • コイルばねの組立知識と設計見積り

プログラム

 「モノづくり、モノづくり」と言われてから久しい年月が経ちますが、「モノづくり」とは何か?「物を作る現場」つまり、生産現場に向けての掛け声になったようです。たとえば、さらなる効率化を求めた大量生産であり、自動機械による高精度な部品生産、そして、さらなる高品質化。これらの主役が生産技術者です。
 一方、企画や設計部門の「モノづくり」に相当する頑張る掛け声の単語が相変わらずの「グローバル化」だけ。これではモノづくりの両輪を成し得ません。
 企画や設計部門のモノづくりとは、現地化、さらに詳しく言えば、「現地化設計」です。例えば、身近な自動車を例にとれば、・・・

  • その国の人々に適合した仕様でよい。
  • 信頼性は、始動一発で必ずエンジンがかかればよい。
  • 静粛性よりも低価格であること。

 現地化設計とは、企画、設計、調達、製造、検査、保全と各部門が携わってきます。また、現地の文化や慣習、そして、賃率を含む経済力を現地で把握する必要があります。
 本セミナーでは、低コスト化のための組立知識を習得しながら現地化設計の基礎を学びます。

  1. 第1章 本書を理解するための基礎知識
    1. 設計見積りの求め方
    2. 事例:百円ショップの樹脂製ブックエンドの設計見積り
    3. 事例:百円ショップの板金製ブックエンドの設計見積り
  2. 第2章 現地化戦略に必要な設計知識
    1. 現地化戦略とは何か?
    2. 生産現場のコスト知識
    3. 事例:海外生産の成功と失敗
  3. 第3章 組立の代表格:溶接の加工知識と設計見積り
    1. スポット溶接の設計見積り方法
    2. アーク溶接の設計見積り方法
    3. どちらが安いの?スポット溶接とアーク溶接
  4. 第4章 事例で学ぶ!上方組立/水平組立の知識と設計見積り
    1. 上方組立と水平組立の設計見積り方法
    2. 事例:文具の穴開けパンチ機から学ぶ組立知識
    3. 部品の上方組立は設計の基本
    4. 部品の水平組立はコストアップ
  5. 第5章 事例で学ぶ!締結の組立知識と設計見積り
    1. EリングとCリングの設計知識
    2. EリングとCリングのコスト (原価) の相違
  6. 第6章 ベルトとチェーンとばねの組立知識と設計見積り
    1. ベルトとチェーンの設計知識
    2. ベルトとチェーンの形状の相違
  7. 第7章 コイルばねの組立知識と設計見積り
    1. 事例:ステンレス製圧縮ばねの設計見積り
    2. コイルばねの装着に関する設計見積り方法
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)

複数名同時申込割引について

複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。

  • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
  • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
  • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

テキスト送付に係る配送料

ライブ配信・アーカイブ配信受講の場合、別途テキストの送付先1件につき、配送料 1,100円(税別) / 1,210円(税込) を頂戴します。

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

  • 「Zoom」を使ったライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • セミナー資料は、郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年5月23日〜29日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は別途、送付いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/22 機械設計の基礎知識と応用技術 オンライン
2024/5/24 トヨタ流 検図 必要な図面のみを検図する具体的ポイント 東京都 会場・オンライン
2024/5/31 加工方法の性質を考慮した意義ある図面の書き方と活用法 オンライン
2024/5/31 Creo Parametric 3DA オンライン
2024/6/4 エンジニアのための明日から実践できる原価計算とコストダウン オンライン
2024/6/13 加工知識と設計見積り力で即戦力を実現するノウハウ オンライン
2024/6/14 加工方法の性質を考慮した意義ある図面の書き方と活用法 オンライン
2024/6/18 基礎から学ぶ「機械設計」 オンライン
2024/6/21 品質とコストを両立させる「超低コスト化設計」の進め方 オンライン
2024/6/28 Creo Parametric 3DA オンライン
2024/7/1 基礎から学ぶ「機械設計」 オンライン
2024/7/17 圧倒的な速さを実現する機械設計の企画書・設計書・構想設計の書き方、使い方 オンライン
2024/7/23 たった1日でわかるデジタル技術による技能・技術伝承 オンライン
2024/7/25 ディープニューラルネットワークモデル/MTシステムの基礎と学習データ最小化 オンライン
2024/7/26 AIやxRを活用した機械設計製図の最新動向と将来展望 オンライン
2024/7/26 Creo Parametric 3DA オンライン
2024/7/31 実用的な機械設計法と産業機械設計における留意点 東京都 会場・オンライン
2024/8/6 メカトロニクスの5つのコア要素技術と技術動向 会場・オンライン
2024/8/7 AIやxRを活用した機械設計製図の最新動向と将来展望 オンライン
2024/8/19 Creo Parametric 3DA オンライン