技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

バイオ・ライフサイエンス分野における特許明細書作成のポイント

バイオ・ライフサイエンス分野における特許明細書作成のポイント

オンライン 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

概要

本セミナーでは、バイオ・ライフサイエンス分野における特許明細書について取り上げ、特許明細書作成の流れに沿って重要なポイントを解説いたします。

開催日

  • 2022年8月23日(火) 13時00分 16時00分

プログラム

  1. はじめに
  2. 特許明細書作成前
    • 研究者・開発者が考える研究内容を発明に変換する
    • 実験結果から特許権利化できる範囲を予測する
    • 比較実験結果が必要であるかを検討する
  3. 特許願書
    • 特許法では規定されていない留意点 (発明者からの叱責を避けるため)
  4. 明細書
    1. 「発明の名称」:作成方法と留意点
    2. 「技術分野」:広く記載する、それとも、狭く記載する?
    3. 「背景技術」:記載してはいけない2つの事項
    4. 「先行技術文献」:単に文献を列挙した場合のリスクや費用
    5. 「課題が解決しようとする課題及び課題を解決するための手段」:審査官からの指摘により権利範囲が狭くならないための留意点や特許権行使時に権利範囲が狭く解釈されることを避けるための留意点
    6. 「発明の効果」:発明の構成と効果が一致していることの確認
    7. 「発明を実施するための形態」:記載漏れをなくすための記載方法。薬理機序を開示するメリット・デメリット。
    8. 「実施例」:どの程度の実験方法の記載が必要なのか?統計的有意性までは確認できていない実験結果はどうすれば良いのか?良く聞くpaper exampleは実際にはどのように記載すれば良いのか?発明の効果の後出し方法は?
    9. 「産業上の利用可能性」:記載方法
    10. 「配列表」:留意点
  5. 特許請求の範囲
    1. 発明の順番を確認する
    2. 自社製品、競合他社製品 (製品出荷時、ユーザ使用時) をイメージして請求項を作成する。
    3. 物の発明よりも単純方法の発明が良い場合とは
  6. 図面
    • 作成の留意点
  7. 要約書
    • 記載の留意点
  8. その他
    • 審査では望む特許請求の範囲の権利化が困難な場合は審判で争う

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/18 パテントクリアランスの実際 オンライン
2022/8/22 日本および海外における体外診断薬特許戦略 オンライン
2022/8/24 レオロジーを特許・権利化するための基礎科学、測定技術、データ解釈 オンライン
2022/8/25 英文契約書の読み方・書き方基礎講座 オンライン
2022/8/25 核酸・ペプチド (中分子医薬品) の特許調査の基礎と実践 オンライン
2022/8/25 進歩性の意味、理解できていますか? オンライン
2022/8/25 医薬品R&Dと知財デューデリジェンス オンライン
2022/9/5 他社特許の活かし方と "強い" 特許を得る方法 オンライン
2022/9/5 特許情報・マーケティング情報の収集・分析と商品開発への活用 オンライン
2022/9/8 トラブル事例から学ぶ大学との共同研究契約のチェックポイントと留意点 オンライン
2022/9/26 医薬品ライセンス契約の実務とデューディリジェンスの考え方 オンライン
2022/9/27 核酸医薬品の特許戦略 オンライン
2022/9/28 テキストマイニング、機械学習による特許情報解析、先行技術調査の効率化 オンライン
2022/9/28 特許戦略、分かっていますか? オンライン
2022/9/29 分子設計の基礎から実用化プロセスまでの必須知識 オンライン
2022/9/30 パテントマップを用いた開発戦略・知財戦略の策定と実践方法 オンライン
2022/10/4 特許情報から見る5G技術を支えるLCPの量産化動向 オンライン
2022/10/6 AI (人工知能) の倫理問題と求められる企業対応 オンライン
2022/10/7 創薬シーズを早く活用するためのAI創薬の知財戦略 オンライン
2022/10/10 医薬品ライセンス契約の実務とデューディリジェンスの考え方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)