技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

政治経済課題としての車載電池とリユース・リサイクルの展望

政治経済課題としての車載電池とリユース・リサイクルの展望

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、リチウムイオン電池、全固体電池を始めとした次世代電池について取り上げ、国内外の技術・市場動向と今後求められる対応・戦略について解説いたします。

開催日

  • 2022年6月22日(水) 13時00分 16時00分

プログラム

 車載電池は全世界市場において政治経済の大きなテーマとなっています。2010年までは日系電池の存在感が大きかったものの、以降は韓国大手財閥系の投資力とスピード感に、さらには中国中央政府の絶大な補助金制度の恩恵を受けた電池業界が急浮上して日系勢を押しやっています。日本の課題は国を挙げた産業として再興できるかを考え、実行することが早急に求められています。このような動脈系産業と併せて、電池の再利用とリサイクルビジネス、そこにつながる技術開発が重要なテーマとなっています。動脈系と静脈系ビジネスが両輪となって持続可能な事業として確立できるか、それを先導できる技術開発が日本にとってまったなしの課題となっています。

  1. 自動車の環境規制と電動化の歴史、今後の展望
  2. 自動車各社の取り組みと電池戦略
  3. 車載電池業界のサプライチェーンと事業競争力
  4. LIB部材業界のビジネス動向と克服すべき課題
  5. LIBの安全性評価と受託試験・認証事業と未解決課題
  6. 車載電池の国内外の再利用状況
  7. 車載電池の再利用に関する課題
  8. 資源循環リサイクルに向けたEU規制案
  9. 電池から電池への資源循環リサイクルの現状
  10. 次世代革新電池の研究開発状況と乗り越えるべき課題
  11. 日本の大いなる課題と解決策

講師

  • 佐藤 登
    名古屋大学 未来社会創造機構
    客員教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 43,000円 (税別) / 47,300円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/14 リチウムイオン電池材料の開発方向性と安全性・寿命解析技術 オンライン
2022/7/20 バッテリマネジメントシステム (BMS) の基礎と応用 オンライン
2022/7/21 リチウムイオン二次電池の特性評価、劣化・寿命診断 オンライン
2022/7/22 リチウムイオン蓄電池最適管理のための残量・劣化推定技術解説 オンライン
2022/7/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術の動向と課題、今後の展望 オンライン
2022/7/25 全固体電池のインピーダンス測定 オンライン
2022/7/28 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策 オンライン
2022/7/29 バッテリマネジメントとセルバランス技術 オンライン
2022/8/2 リチウム硫黄二次電池の材料開発とサイクル寿命の向上 オンライン
2022/8/5 電気化学測定の解析技術とデータ解釈のポイント オンライン
2022/8/5 硫化物系固体電解質の量産技術 オンライン
2022/8/8 製造方法から考える次世代革新電池 オンライン
2022/8/10 固体高分子電解質の基礎と応用 オンライン
2022/8/19 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウム、コバルト、ニッケル等のレアメタルと希ガスの今後の見通し オンライン
2022/8/24 鉛蓄電池の劣化メカニズムとバッテリマネジメント オンライン
2022/8/24 固体イオニクス入門 オンライン
2022/8/26 リチウムイオン二次電池/全固体電池の試作・安全性試験・解析とシミュレーション技術 オンライン
2022/8/30 全固体二次電池の研究開発動向 オンライン
2022/8/31 電気自動車市場の成長とリチウムイオン電池のリユース・リサイクルの動向 オンライン
2022/9/1 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/6/13 LiBメーカー主要7社 (CD-ROM版)
2022/6/13 LiBメーカー主要7社
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場 (書籍版 + CD版)
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望