技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載用リチウムイオン電池のリサイクル技術動向と産業各社の取り組み事例

ライブ配信対応セミナー

車載用リチウムイオン電池のリサイクル技術動向と産業各社の取り組み事例

東京都 開催 会場・オンライン 開催

開催日

  • 2020年10月14日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • LIBリサイクルプロセスおよびその要素技術を学びたい方
  • 使用済み車載用LIB (その他、定置用、産業用、重機用) およびLIB製造工程スクラップの排出事業者
  • LIB製造メーカー
  • LIB正極材原料製造メーカー
  • 車載電池のリユースビジネスを検討している方
  • リチウムイオン電池リユース技術開発者
  • リユースビジネスを検討している方
  • 中国の車載バッテリー市場、車載バッテリーリサイクル市場にご関心がある方

修得知識

  • 分離濃縮技術の概要と高度な分離技術の開発動向
  • リチウムイオン電池リサイクルプロセスの概要
  • LIB (車載用、定置用、産業用、重機用等) の無害化処理
  • LIBの焼却処理と有価金属の回収技術
  • 破砕選別を用いたLIB熱処理物からの資源回収技術
  • LIB利用金属のリサイクル技術動向
  • 車載LIB電池リユース課題
  • 電池評価手法の事例
  • ビジネスモデル検証
  • ライフサイクルアセスメント評価
  • 事務機器のリユース・リサイクル事例
  • 中国の車載バッテリー市場、車載バッテリーリサイクル市場
  • 中国市場の経済動向

プログラム

第1部「車載用リチウムイオン電池リサイクル技術動向と成分分離のための焙焼・破砕・選別プロセス」

(2020年10月14日 10:30〜11:40)

 車載用リチウムイオン電池の需要はますます拡大すると予想され、そのリサイクルプロセスの確立は急務である。成分分離ではベースメタルに加え、コバルトやニッケルなどのレアメタルの分離回収や、リチウム、フッ素の処理に至るまで、種々の分離濃縮技術が検討されているが、回収・運搬プロセスや処理量も考慮しながら、経済的に成り立ち得るプロセスを適切に選択する必要がある。
 本セミナーでは、解体→物理的分離→化学的分離に至る一連のプロセスを概観すると共に、講師らによる高度分離技術開発の試みについても紹介する。

  1. SDGsと資源循環
  2. 資源循環のための分離濃縮技術
    1. 分離濃縮技術の概要
    2. 単体分離と相互分離
  3. リチウムイオン電池のリサイクルプロセス
    1. リチウムイオン電池のライフサイクル
    2. 国内外におけるリサイクルプロセス検討の現状
  4. 加熱プロセス検討の紹介
    1. 加熱による正極材粒子の変化
    2. 加熱と物理選別による分離プロセス検討の紹介
  5. 電気パルスによる分離プロセス検討の紹介
    1. 電気パルス法の概要
    2. 電気パルス法による正極材分離検討の紹介
    • 質疑応答

第2部「DOWAエコシステム 株式会社 の車載用LIBリサイクルへの取組み」

(2020年10月14日 12:30〜13:40)

 DOWAエコシステム 株式会社 は、鉱山・製錬事業で培った技術を基盤に、廃棄物処理やリサイクル、土壌浄化などの幅広いサービスを提供しています。車載用LIBに関しては、使用済みLIBや、その製造工程で発生するスクラップ等の、安全・適正な処理とリサイクルに取り組んでいます。廃棄される車載用LIBパックは数百Vの電圧を有していることから、解体処理にあたっては感電や火災などの危険性が懸念されます。また、LIBの構成物である電解液には有機溶剤などの有害性がある物質も含まれます。DOWAエコシステムでは、これらのリスクをもつLIBを安全・適正に失活・無害化することを重要視した処理手法として、産業廃棄物の中間処理施設を用いた焼却処理を採用しています。
 一方で、LIBには電池筐体として鉄、アルミニウム、集電体として銅、アルミニウム、正極活物質としてコバルト、ニッケル、リチウムなどが使用されており、これら金属は資源有効利用の観点から回収が望まれています。DOWAグループでは、 焼却処理後のLIBを鉄とそれ以外の金属混合物に分け、金属混合物は溶融して人口骨材と製錬原料にリサイクルしています。これに加え、より効率的にそれぞれの金属をリサイクルするために、熱処理後LIBを破砕・選別し、鉄、アルミニウム、銅、コバルト・ニッケル混合物などに分離・回収する再資源化ラインを導入しました。
 今後、LIBの廃棄量の増加や各金属資源のリサイクル需要に応じ、再資源化ラインの能力拡大や高付加価値化についても検討していきます。

  1. DOWAの資源循環型ビジネス、LIBリサイクルにおけるDOWAの位置づけ
  2. DOWAのLIBリサイクルプロセスについて
  3. 熱処理プロセスについて
    • 熱処理の目的
    • 廃棄物焼却施設の活用
    • DOWAの熱処理施設
    • 熱処理の最適条件 (リサイクルを考慮した熱処理)
  4. 破砕選別プロセスについて
    • 破砕選別による有価物回収プロセスについて
    • 破砕機の選定について
    • プロセスの課題について
  5. 今後の技術開発について
    • 各産物の回収・付加価値向上に関する技術開発
    • 質疑応答

第3部「車載リチウムイオン電池のリマニュファクチャリングと蓄電システム開発事例​」

(2020年10月14日 13:55〜14:55)

 電動化が進む次世代自動車の割合は年々増加しており、特に国内においてはハイブリッド車 (HEV) の販売台数が圧倒的に多く、2018年には約143万台 (一社;次世代自動車振興センター資料) になっている。今後、廃車時のHEVから回収される車載電池の増加が見込まれる。また、HEVのリチウムイオン電池 (LiB) は電気自動車と比較して、劣化が小さく、回収された後も相当程度の余寿命を有する。しかし、HEVの車載電池は車へのリユースニーズが無く、車載以外の循環利用の探索が必要である。
 上記の背景から、HEV搭載のLiBを車載以外の定置用の製品にリマニュファクチャリングし、循環利用することでCO2削減を図り、新たなリユースビジネスを構築するための蓄電システム開発事例を紹介する。
(本開発事例は環境省委託事業 2018年度、2019年度省CO2型リサイクル等設備技術実証事業で実施した内容について紹介しております。)

  1. リコーグループ/リコー環境事業開発センターの取り組み
    1. リコーグループの環境経営への取り組み
    2. リコー環境事業センターの取り組み
    3. リユース・リサイクルセンター
    4. 複合機/プリンターのリユース・リサイクル技術
    5. リユース・リサイクルの流れ
  2. HEV用LiBのリマニュファクチャリング検証事業 (2018年度 実証事業)
    1. 実証事業の目的とビジネスモデル概要
    2. ビジネスモデル検証
    3. 回収物流の実証
    4. リユース蓄電池の動作検証及び蓄電池装置付きEV充電実証
    5. LCA評価、CO2削減量の試算
    6. 事業の実現可能性および今後の見通し
    7. 2年目 (2019年度) の実証予定
  3. HEV用LiBのリマニュファクチャリング検証事業 (2019年度 実証事業)
    1. ビジネスモデル検証
    2. LiBパック輸送試験
    3. LiBパック選別技術開発
    4. リユース蓄電池付EV急速充電器のフィールド機実証試験
    5. LCA/CO2削減量の試算
    6. 商用化に向けたマイルストーン
    • 質疑応答

第4部「中国における車載LiBのリサイクル&リユースの動向」

(2020年10月14日 15:10〜16:30)

 中国における新エネルギー車 (NEV) の販売台数は2019年の補助金削減以降、ペースが落ちています。直近で中国工业和信息化部が発表した2020年6月のNEV販売台数も前年比で大きく減らしています。新型コロナウイルス (COVID – 19) の再燃リスクも完全には排除できず、経済の成長率にもマイナスの影響を与えることが想定されます。車載用リチウムイオン電池はコバルトフリーバッテリーやミリオン・マイルバッテリーがトレンドとして浮上してきていますが、リサイクルに対する取り組みも新エネルギー車産業の持続可能な開発および低炭素社会の構築のため、強化しなければならないテーマです。2019年11月7日に、工业和信息化部は、「新能源汽车动力蓄电池回收服务网点建设和运营指南」を出し、リサイクルスキームの構築を急ごうとしています。
 本講演では中国の車載バッテリーのおける最新のリサイクル、リユース動向について発表いたします。

  1. 中国におけるEVトレンド
    1. 中国EV市場アップデート
    2. 中国LiBサプライヤーアップデート
    3. 新型コロナウイルス (COVID-19) のインパクト
    4. テスラ社が中国EV市場に与えるインパクト
  2. 中国における車載LiBリサイクル、リユース動向
    1. 車載LiBリサイクル、リユースに関わる法規制
    2. 各社の取り組み
    3. ユーザーの意識
    4. リサイクル、リユーススキーム分析
    5. ボトルネック分析
  3. 市場規模分析
    1. 中国EV市場
    2. 中国車載LiB市場
    3. 中国車載LiBリサイクル、リユース市場
    4. 競争環境分析
      • LiBリサイクル
      • リユース市場
    5. CATL社戦略分析
  4. 結論
    1. 中国車載LiBリサイクル、リユース市場とSDGs
    2. スマートシティーの一要素としての中国EV
    • 質疑応答

講師

  • 所 千晴
    早稲田大学 理工学術院
    教授
  • 本間 善弘
    DOWAエコシステム株式会社 環境技術研究所
    副所長
  • 原田 忠克
    株式会社リコー 環境・エネルギー事業センター 循環型ソリューション開発室
    室長
  • 沖本 真也
    沖為工作室合同会社
    CEO

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第2講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 52,250円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

会場受講 / ライブ配信対応セミナー

会場受講 または オンラインセミナーのいずれかをご選択いただけます。
お申し込みの際、受講方法の欄にて、会場受講またはオンライン受講をご指定ください。

オンラインセミナーをご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。

  • 当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマートフォン・タブレットなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催当日、マイページにログインいただき、ご視聴ください。
  • 開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  • セミナー資料は印刷物を開催日までに発送予定でございます。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 52,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

オンライン受講割引

  • オンライン受講の場合、1名様 30,400円(税別) / 33,440円(税込) で受講いただだけます。
  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 申込みフォームの受講方法から「オンライン」をご選択ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/12/7 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策 オンライン
2020/12/8 パワーデバイス パワーデバイスの基礎から活用技術まで オンライン
2020/12/9 リチウムイオン電池のBMS設計と高精度残量計 オンライン
2020/12/10 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 オンライン
2020/12/16 車載カメラ、ディスプレイの開発・市場・規格動向と将来展望 東京都 会場
2020/12/17 リチウムイオン二次電池特性の測定・評価・推定法 オンライン
2020/12/18 次世代自動車における熱マネジメント技術 オンライン
2020/12/18 基礎からわかる全固体二次電池 オンライン
2020/12/21 自動車のCASE (電動化 / 自動運転 / コネクティッド / MaaS) と省燃費技術の最新動向 オンライン
2020/12/22 リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 オンライン
2020/12/23 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術とビジネスチャンス オンライン
2021/1/13 車載電池システムの安全性設計と市場、規制動向 オンライン
2021/1/18 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 オンライン
2021/1/18 バッテリマネジメント、及びセルバランス技術の基礎と応用 オンライン
2021/1/21 リチウムイオン電池の安全性評価と各国試験規格入門 オンライン
2021/1/28 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術 オンライン
2021/1/28 急速無線給電と電気自動車での実用化 オンライン
2021/2/15 リチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定アルゴリズム解説 オンライン
2021/2/16 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 オンライン
2021/2/24 リチウムイオン電池の劣化診断技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/12/1 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール 2021
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/29 リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017