技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車における周辺検知、センサフュージョン技術

自動車における周辺検知、センサフュージョン技術

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、自動車における周辺検知、リアルタイムセンシングに向けたセンサ処理、 ミリ波レーダによる対象物認識、LIDARのカメラとのフュージョン技術について解説いたします。

開催日

  • 2020年4月30日(木) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 車載イメージセンサにおける前処理および特徴検知技術

(2020年4月30日 10:00〜12:00)

 IoT、AIなどを活用した自動運転を始めとする次世代都市交通システムへの期待が高まっています。そして、物理世界と情報世界の境界であるセンサおよびその処理は、これまで以上に重要となるでしょう。これは、システムに入力するデータ品質や密度が後段の特徴抽出や認識処理を始めとする多くの処理に影響を与えるからです。
 本講演では、リアルタイムセンシングをキーワードに、ハードウェアベースのセンサ処理について紹介します。

  1. センサについて
    1. センサ処理の概要
    2. センサ処理の融合
    3. センサ処理の問題点
  2. センサシステムについて
    1. 実時間センサ処理とFPGA
    2. 実装例1:TOFセンサを利用した白線検知システム
    3. 実装例2:車載無線による画像転送システム
  3. センサシステムによる今後の展望
    • 質疑応答

第2部 深層学習を用いたミリ波レーダによる走行環境認識

(2020年4月30日 12:50〜14:50)

 自動運転や運転支援システムにおいて,悪天候での走行環境認識はまだ課題が多い.悪天候および悪照明環境において最も頑健なセンサはミリ波レーダであるが,分解能が低いことと電波干渉などによるノイズの問題がある.これに対して,近年進展が著しい深層学習を用いてこれらの問題を解決する研究を行なっている.
 本講演では,ミリ波レーダを用いた走行環境認識に関する深層学習の応用例およびその可能性について実験結果を交えて解説する.
 今回は,ミリ波レーダ反射波から対象物の属性を推定する技術と静止対象物の形状を推定する技術について具体的に説明する.

  1. 背景
    1. 自動車における走行環境認識の課題
    2. ミリ波レーダの特性
  2. ミリ波レーダを用いた走行環境認識への深層学習の応用
    1. 全体概要
    2. 走行環境における物体識別
      • 認識アルゴリズム
      • 実験条件
      • 評価結果
    3. 駐車シーンにおける駐車車両形状推定
      • 認識アルゴリズム
      • 実験条件
      • 評価結果
    • 質疑応答

第3部 車載カメラとLiDARによるフュージョン技術と今後の展望

(2020年4月30日 15:00〜17:00)

 自動運転のための周辺認識技術に使われる各種センサ、及び車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン手法の概要が把握できます。カメラには距離推定や認識そのものの信頼性といった課題が多いため、アクティブセンサとのフュージョンが必要になる理由がわかります。LiDARは、カメラとは違った特性のセンサとして、なぜ自動運転に欠かせないものになりつつあるかがわかります。LiDARの今後の進化がわかります。

  1. 自動運転に必要なセンシング技術
  2. 各センシング技術の特徴
    1. 電波レーダ
    2. ステレオカメラ画像処理
    3. 単眼カメラ画像処理
    4. LiDAR
  3. カメラとLiDARのセンサフュージョン
    1. 複合型センサフュージョン
    2. 統合型センサフュージョン
    3. 融合型センサフュージョン
    4. 連合型センサフュージョン
  4. 今後のLiDAR
    • 質疑応答

講師

  • 山口 佳樹
    筑波大学 システム情報系
    准教授
  • 秋田 時彦
    豊田工業大学 スマートビークル研究センター
    特任上級研究員
  • 伊東 敏夫
    芝浦工業大学 システム理工学部 機械制御システム学科 運転支援システム研究室
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/12/7 AI技術開発・ビジネスのための特許出願・知財戦略の進め方 オンライン
2020/12/8 3次元点群処理の産業応用 オンライン
2020/12/8 AI外観検査導入のための基礎と進め方・留意点 オンライン
2020/12/9 機械学習・深層学習による画像認識の仕組み オンライン
2020/12/9 小規模データに対する機械学習、深層学習の適用 オンライン
2020/12/9 自動車用接着剤の設計と評価法 オンライン
2020/12/10 はじめてのPythonと教師あり学習・教師なし学習 オンライン
2020/12/10 エンジニアのための実験計画法 & Excel上で構築可能な人工知能を併用する非線形実験計画法入門 オンライン
2020/12/10 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 オンライン
2020/12/11 次世代カメラの画像処理 オンライン
2020/12/14 基礎から学ぶ、自動車エンジンの熱効率向上、排ガスクリーン化の原理と次世代燃焼技術 東京都 会場・オンライン
2020/12/14 劇的進化、CMOSデジタルイメージング、その最新技術動向… 機能進化、視覚そして認知機能へ オンライン
2020/12/14 逆強化学習の基礎、手法選択と応用 オンライン
2020/12/14 計測・材料開発の効率化のための機械学習 オンライン
2020/12/14 人工知能 (AI) 技術と電子状態情報を用いた化学反応予測および反応条件最適化 オンライン
2020/12/15 Azure Kinectと距離画像センサの測距原理、3Dセンサの応用 東京都 会場
2020/12/15 自動車室内の振動・騒音発生メカニズム、その対策と予測・解析技術 オンライン
2020/12/15 中国の燃料電池車 (FCV) 産業動向と日本企業の商機 オンライン
2020/12/16 車載カメラ、ディスプレイの開発・市場・規格動向と将来展望 東京都 会場
2020/12/16 スパースモデリングの基礎と応用事例解説 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書