技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動運転に向けた車載用ステレオカメラ

自動運転に向けた車載用ステレオカメラ

~ステレオ法の基本原理、優位性、実用化 / 衝突回避や自動運転への適応技術とは~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、ステレオカメラの優位性やステレオ法の原理、立体物の検出などステレオ法の基礎から解説し、衝突回避や自動運転への適用について詳解いたします。
また、地図とステレオカメラからの情報をマッチングさせる手法や実物の1/10のモデルを使って行った実験の様子、今後の展開などを解説いたします。

開催日

  • 2020年4月27日(月) 13時00分 16時30分

修得知識

  • ステレオカメラの基礎
  • ステレオカメラの実用化に必要な知識
  • ステレオカメラのみで自動運転を支援するポイント

プログラム

 両眼立体視 (ステレオ視) は生物の進化の最後にたどり着いた優れた物体認識手段である。人間はこの眼と地図だけを頼りに目的地まで自律移動する。したがって自動車も地図とステレオカメラだけで自動運転ができるはずである。
 この講演ではステレオカメラの優位性やステレオ法の原理、立体物の検出などステレオ法の基礎を述べたのち、衝突回避や自動運転への適用について述べる。地図とステレオカメラからの情報をマッチングさせる手法や実物の1/10のモデルを使って行った実験の様子、今後の展開などを述べる。時間があれば90年代に行なっていた開発の様子もご参考までにお話したい。

  1. ステレオカメラの優位性
    1. さまざまなセンサ
    2. ステレオカメラの優位性
  2. ステレオカメラによる交通認識技術とその応用
    1. ステレオカメラの原理
      • 距離 (視差) 画像の取得
      • 特異点の除去と置き換え
      • Bf値の重要性
    2. 原画像情報の併用
      • 弱パターンにおける視差の除去、グループ情報
    3. 交通環境認識
      • 白線の検出
      • 道路面の検出
      • 立体物の検出
      • 道路境界の検出
    4. リアルタイム処理
      • FPGAの活用
    5. 高密度視差画像
      • SGMの問題
  3. 実用化へのステップ
    1. 補正と校正
    2. 自動校正
    3. 輝度の補正
    4. シャッターコントロール
    5. オクルージョンへの対応
    6. 悪天候への対応
    7. 衝突回避に必要な距離精度
  4. ステレオカメラによる自動運転
    1. 衝突回避と自動運転
    2. ステレオカメラのみによる自律走行
    3. 全方位ステレオカメラ
  5. 開発を始めたころの話
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第2特別講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,800円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/12/8 AI外観検査導入のための基礎と進め方・留意点 オンライン
2020/12/9 機械学習・深層学習による画像認識の仕組み オンライン
2020/12/11 次世代カメラの画像処理 オンライン
2020/12/14 劇的進化、CMOSデジタルイメージング、その最新技術動向… 機能進化、視覚そして認知機能へ オンライン
2020/12/15 Azure Kinectと距離画像センサの測距原理、3Dセンサの応用 東京都 会場
2020/12/16 車載カメラ、ディスプレイの開発・市場・規格動向と将来展望 東京都 会場
2020/12/16 スパースモデリングの基礎と応用事例解説 オンライン
2020/12/16 車載用ステレオカメラの基礎と衝突回避、自動運転への適用と今後の課題 オンライン
2020/12/16 先端計測と機械学習を融合する計測インフォマティクスの最新動向・適用事例 オンライン
2020/12/21 自動車のCASE (電動化 / 自動運転 / コネクティッド / MaaS) と省燃費技術の最新動向 オンライン
2020/12/23 ウェアラブルセンシング技術の総合知識とデバイスへの応用、最新動向 オンライン
2020/12/23 3次元点群処理 オンライン
2021/1/13 次世代の「説明できるAI:XAI」と業務へのAI導入方法 オンライン
2021/1/14 製造DX推進に寄与する外観検査自動化 オンライン
2021/1/19 CMOSイメージセンサの基礎技術およびイメージング技術の最新動向 オンライン
2021/1/19 CNNのディープラーニングによる顔識別の高精度化と、最適な撮影システム オンライン
2021/1/27 車載用ミリ波レーダ技術の基礎と応用 オンライン
2021/1/27 外観検査の自動化技術と運用ノウハウ オンライン
2021/2/1 Pythonによる科学技術計算 オンライン
2021/2/1 パリティミラーを用いた空中映像・ 空中ディスプレイの基礎と応用開発の現状 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/10 高ダイナミックレンジ画像処理技術とMATLABシミュレーション
2010/9/24 JPEG XR画像符号化方式と性能評価